RSS|archives|admin

時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-

2019.09.14 Sat
Clockwork_LeyLine_Vita01.jpg
「時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-」(VITA)の感想です!

実はこちらは一年以上前に購入してたんですが、
時間が取れなくてずっとそのままになってました。
なんでもっと早くプレイしなかったんだろうと後悔。

久我くんの憂緒ちゃんのイチャイチャがもっと見たくて
実はPC版も購入しちゃいました!
下手な乙女ゲーよりも萌えます!

複数のシナリオライターさんが参加されてるみたいで、
その内の一人が西ノ宮勇希さんという方で
「MISSING PARTS」を担当された方なのだとか。

私は「MISSING PARTS」をプレイした事があるのですが、
アドベンチャー部分が邪魔をして 
シナリオに100%集中出来なかった事が記憶にあります。

他にも「雨格子の館」を執筆されてるらしくて、
気になったのでPSストアでPSP版をDLしました。

他のライターさんの作品も手を出してみたいですね。

【システム】
「時計仕掛けのレイライン -黄昏時の境界線-」
「時計仕掛けのレイライン -残影の夜が明ける時-」
「時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-」
三部作が一本にまとまって収録され、
更に追加シナリオ「陽炎に彷徨う魔女」も収録されてます。

元々は男性の大人向けギャルゲー。

1作大体 10時間~15時間。
アニメを見てる様な感覚でした。
変に複雑化したシナリオは無く、分かりやすくシンプルです。
ラノベっぽい。

シンプルといっても詰まらない分けじゃなくて、
ミステリー要素もあり、話しが二転三転するのが本当に面白い。
シナリオも最終章で全ての伏線が回収されていくので
読んでいて気持ちが良い。


主人公がイケメンだし、ヒロインはかわいいし、
久々にキャラの恋愛が楽しいギャルゲーに出会いました!

ギャルゲーは恋愛よりもシナリオに興味がある事が多いので
私にとっては思わぬボーナス(*´ω`*)

残念ながら主人公にはボイス無し。
イケメン主人公なんだから声つけても良かったのに!

女の子はメインヒロイン、サブヒロインという構成。
サブヒロインはあくまで サブで、
「鹿ケ谷 憂緒」がメインヒロインで優遇されてます。
正直サブヒロインの個別エンドは取ってつけた様な印象をいけるので
他のヒロインに惹かれてる方には 寂しい想いをするかもです。

私は久我くんと憂緒ちゃんのカップリングが好きなので、
とても美味しかったです0(*`ω´*)0

実際サブヒロインのシナリオに分岐しても、
何時好きになったのか、全く分からないので、
とにかく色んなヒロインとイチャイチャしてるシナリオが楽しみたい人向け。






※ネタばれを含むので畳みます※






Category:時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女- | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ワンド オブ フォーチュン R2 FD

2019.08.31 Sat
wandoffortuneIIFD.jpg
「ワンド オブ フォーチュン R2 FD」(VITA)の感想です!

ワンドRの感想記事はこちら
ワンドR2の感想記事はこちら

ワンドシリーズようやく制覇出来ました!
このシリーズは制作スタッフさんの愛を感じられて、とても好感が持てます(*´ω`*)


【システム】
FDという事で、作業部分が大幅にカットされてるのは良かった。
ノベルゲー系の乙女ゲーとなってます。

FDなので、そこまでボリュームはありません。

用意されてるシナリオは
・ あなたとの物語2-R2の3年後からの後日談、
・ 大舞踏会-無印版(R2とは違う世界線)の後日談
・ ちいさなあの子の大冒険-オマケスチル回収用のミニシナリオ
です。

素晴らしいな、と思ったのはちゃんと無印版のその後の後日談も収録されてる所でした。
Rのシナリオ展開が好きなファンの方にも配慮されてる所が好感が持てます。

R2の話も好きですが、
Rのアルバロのシナリオと、ノエルのオーソドックスな告白が好きだったので、嬉しい!

R2の後日談で成長した皆のシナリオも楽しかった!(*´ω`*)

ちいさなあの子の大冒険」はランダムなので、
回収がつらい・・・。
RとR2に比べたら全然楽なんですが、
ワンドは何でこういうランダム要素入れるの好きなんだろう?(´・ω・`)

どっちも初回プレイは1時間弱でクリア出来ました。
FDなので、ファンの方向けの内容となってます。



※ネタバレを含むので畳みます※


Category:ワンド オブ フォーチュン R2 FD | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

FINAL FANTASY XV EPISODE ARDYN

2019.08.21 Wed
FINAL_FANTASY_XV_Ardyn.jpg
「FINAL FANTASY XV EPISODE ARDYN」の感想です!

FF15本編の感想はこちら
シーズンパスの感想はこちら

世間から色々言われてますが、
私はFF15は大好きな作品なので、
エピソードアーデンも当然楽しみに待ってました。
他のDLCが無くなったのが非常に残念です。

大好きなFF15ですが、ポケットエディションだけはどうも受け入れられなかったです。
ポケットエディションを作るお金にDLCとか元々の本編につぎ込んで欲しかった。

※FF15本編や他のDLCのネタバレを含む可能性があります※


【エピソード アーデン】
自分を削ってまで人々を救ってたアーデン、
シガイを吸収し過ぎて人間では無くなってしまい、
弟や近しい人達に裏切らて 闇に堕ちるまでの過程が描かれてます。

バハムートにアーデンの「真の使命」を告げられたシーンを聞いた時は
この世界の神々の無慈悲さに色んな意味で憤りを感じました。

ノクティスは「真の王として闇を払う為に死ぬ事」
アーデンは「真の王に倒される為に闇を広める事」が神に与えられた使命だなんて。
この二人はバハムートの都合で犠牲にさせられて
なんて理不尽・・・。なんて酷い・・・。

ノクティスもアーデンもただの被害者ですね・・。

実はFF15のこういうシビアさが好きです。

「エピソード イグニス」や小説FF15という例外はありますが、
失った物が奇跡を起こして復活したりしない所とか
人間が神々に勝てない現実を突きつけられる所が好きです。

もし、ゲーム本編でイグニスの視力が奇跡を起こして治ったり、
ルーナが生き返ったり、バハムートを倒す様な展開だったら
FF15の事は好きになれなかったと思います。

ノクティスと仲間たちが最後のキャンプで
真の王としての使命は果たすけど、死にたくない辛いと
気持ちを吐露したシーンは今でも胸に突き刺さります。


FINAL_FANTASY_XV_Ardyn2.jpg
個人的に嬉しかったサプライズは
若かりし頃のヴァーサタイルの声が杉山紀彰さん!!!(*'ω'*)

プレイするまで知らなかった!
お声を聞いた時飛び上がるほど嬉しかったです。
FF15に杉山さんが関わって下さったなんて・・・!

結構台詞もあって もっと聞いていたかったw

ヴァーサタイルやっぱりプロンプトに似てますねー。
イケメン!(*´ω`*)
なんというか、この頃彼は研究馬鹿って感じの印象を受けましたw

FF15_dawnofthefuture.jpg
小説 FINAL FANTASY XV -The Dawn Of The Future-
FF15と違ったハッピーエンドを描いた作品。
執筆者さんは映島巡さん。
ニーアレプリカントの設定資料集で結構エグいSSを書いてらっしゃったので、
ちょっと期待はしてたんですが、FFなのでやっぱり無いデスヨネー(´・ω・`)
描写は丁寧で、読みやすいですし、執筆スタイルは好みです。

ルーナも生き返るし、
ノクトも犠牲にならず、アーデンも救われ、
クリスタルも神々の居なくなり、魔法の無い世界になって
結婚式のシーンで終わります。

IFの世界の話しだから本編とは違った展開で楽しく読んでたんですが、
これをゲーム本編でやられてたら私は多分白けてたと思います。

この小説の展開をゲームの真エンドにして欲しいという声があるかもしれませんが、
私はやっぱり同意出来ないです・・・。
本編の終わり方のままの方が好み。

「エピソード イグニス」と同じく
もう一つの可能性の物語として 楽しい作品でした。
元々あの悲劇的なエンディングを知ってるからこそ
IFのハッピーエンドが光ってると思いました。

ゲーム本編で見る事が出来なかった
ルーナというキャラクターに触れられるのが嬉しかった。

それを考えたらDODとかニーアみたいなマルチエンド展開でも良かったかもですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
FF15のチャプターが閉じてしまって寂しいですが、
次のFFや、FF7のリメイクも楽しみです。

FF7のリメイクでエアリスを復活するルートとか
そんな蛇足な事しないで欲しいな・・・
KHIIIの野村さんを見てると不安になります。

が、今は信じて楽しみに待ちます!

Category:FINAL FANTASY15-DLC | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ABZU

2019.08.17 Sat
ABZU_PS4.jpg
「ABZU」(PS4)をプレイしました!

こちらの作品は発売からずいぶん経ってしましましたが、
風ノ旅ビト」を手掛けたスタッフさん達が立ち上げたスタジオの作品という事で、
発表当時からずっと気になってました。

何時もなら気になるソフトはすぐに購入に飛びつくのに、
今回は何故そうしなかったかというと、
私は水中が苦手で、水族館でも、テーマパークの偽物の水中シーンでも
恐怖を感じてしまうので、躊躇してました。

今年のE3時期にPSストアが色々セールやらキャンペーンをやってたので、
購入し、(怖いから)攻略見ながらプレイ。

ABZU_PS4_02.jpg
攻略見ながらプレイしたので、無事トロコン出来ました!


【システム】
雰囲気ゲーです。
総プレイ時間は大体2時間位です。

操作自体はシンプルで、
主人公が危ない目にあったとしても死ぬ事が無いので、
基本的に映像や音楽を楽しむタイプの作品。

操作はシンプルですが、癖があります。
思った様に泳げなかったりするので馴れが必要です。
攻略動画とか見てると皆さんスイスイ泳いでて、
私は最後まで操作になれる事が無かったです。

「風ノ旅ビト」みたいなオンラインマッチングは無いです。
ゲームの流れは水中版の「風ノ旅ビト」や「Flowery」という感じ。
キャラクターの台詞とか一切無く、物語もシンプル。

ABZU_PS4_03.jpg
上記にも書きましたが、私は水中が苦手です。
ですが、海面や海面近くの水中、
明るい場所は平気なので、作品冒頭は割と平気でした。

物語が進むにつれ深海や暗いシーンが出て来るので、
プレイしてる最中は恐怖に戦いてましたが、
私みたいな水中が怖い人で無ければ
アーティスティックな雰囲気が楽しめると思います。

コレクション・収集要素もあり。
どこを泳いでるか分からなくなるので、トロフィーが欲しい方は
攻略を見た方が効率は良いです。

ただ、初見の場合は物語に身を任せて楽しんだ方が良いので
二周目で収集、という流れがお勧めかも。
(私は海中が苦手なので一発目から攻略見てしまいました)

クリア後にチャプターセレクトが出て来るので、
好きなシーンから始められるのは嬉しい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
海中が苦手でも 綺麗だな、と思うシーンは沢山あり、
もう一度体験したいシーンもあります。

「風ノ旅ビト」や「Flowery」などの作品が好きな方は
間違いなく楽しめる作品です。

ABZUを手掛けたスタジオさんの新作があるみたいなので、
機会があればいずれプレイしたいと思ってます♪

Category:ABZU | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

2019.08.14 Wed
monsterofthedeep.jpg
「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」PS VRの感想です。
タイトルが上手く取れなかったので、PS4のメニュー画面を取りました。

FF15の釣りゲー、ノクティス達も当然登場するので、
ファン向けの作品です。


【システム】
PSVRの釣りゲー。
ストーリーモードのクリア時間は3時間~4時間ほど。

去年から始めて、一年ぐらい経ってからやっとクリアしました。
ゲーム自体は悪くは無いんですが、
私は実は水中とかが苦手で、
タイトル画面が滅茶苦茶怖くてなかなかプレイする気になれませんでした。

ちなみに、ゲーム本編に水中に入るシーンは無いのですが、
ゲーム始める度にあの怖い思いをしないといけないかと思うと億劫で・・・。

私自身 泳げない訳じゃないんですが、水族館とかが苦手です。
暗い水中の展示スペースとかもう、無理。


他にも、ビジュアル的に苦手なのは、
釣りポイントに行く途中でシガイやモンスターが普通に居るのが怖い((((;゚Д゚)))))))
釣りゲーなので襲っては来ないんですが、なんか怖い!!

ゲーム自体は難易度は低いです。
ただ、他のVRでも感じた事なんですが、
遊んでるとだんだんポジションが変わって来て
思う様な操作が出来なくなるのがストレスになるので、
今後のVR作品の課題ですかね。

monsterofthedeep2.jpg
上記にも書きましたが、FF15のファン向けの作品。
ノクティス達にこんなに近くに接近する事が出来ます。
イケメンですねぇ(*´ω`*)

ストーリー以外にも討伐、フリーモードが用意されてるので、
作品自体は長く遊べます。

私は上記の個人的な理由で長くは遊べそうに無いです。
水中が怖くない人、シガイやモンスターが目の前に居てもなんとも無い人には
普通に楽しい釣りゲーです。

ーーーーーーーーーーーーーー
やっとクリア出来ました。
コレをクリアしないと他のVR作品には手を出せなかったので、
恐怖に震えながらなんとか遊べました!


Category:MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |