RSS|archives|admin

Caligula -カリギュラ-

2017.05.20 Sat
caligula01.jpg
「Caligula -カリギュラ-」の感想ですー

こちらの作品のシナリオライターさんが
旧ペルソナ1と2罪罰を手掛けた里見直さんが関わってるとの事なので
手を出してみました!

開発と発売元が中小企業さんなので
多分資金や開発期間に色々制限があったんでしょうね
粗削りでシステム回りは不親切ではあるものの、
新規IPで頑張ってると思いました。


【システム】
コマンド入力型のRPGです。
影牢みたいにキャラクターの行動が事前に分かるタイプで
敵の攻撃をキャンセルしたり味方とのコンボを繋げたりと
ハマれば戦闘は面白いと思いますが、
シナリオを進めたい時は正直 煩わしいです。

戦闘部分で大分 振るいにかけられるかと思いますが、
システム回りがとても不親切です。

caligula02.jpg
「因果系譜」なのですが、
トラウマ解決や親密度上げのシステム回りを
遊びやすくするだけで 大分印象が変わると思うので
非常に惜しい要素です。

私はこういうお使いを埋めるのが好きなのですが、
NPCのトラウマを解決するのにも運要素が強いので
挫折してしまいました。

「首謀者の謎」とか因果系譜に気になる単語が沢山散りばめられてて
作品のコンセプトとして とても面白いと思ったので
次回作があれば 改善して是非とも 受け継いで欲しいです。

caligula03.jpg
因果系譜にも関係してるのですが、
SNSを使って親密度を上げる作業があるのですが、
会話にならない会話が繰り広げられるので
NPCを呼び出す要素のみで良かったんじゃないかな?

戦闘メンバーのキャラクターエピソードは
NPCのトラウマ解決とは違い読み進めるだけなので
簡単に解決出来るのが良かったです。

プレイヤーさんによっては 味気ないと感じるかもしれませんが、
システム回りが不親切な作品で
シナリオをメインに追ってる身としては とても有難い要素です

ちなみに私は
ラスボスクリアレベルは32。
プレイ時間は28時間位でした。


【シナリオ】
リアルと電脳世界をテーマとした
ありがちなテーマではありますが、
味方キャラの毒気が 旧ペルソナっぽくて私は
シナリオに対して良いスパイスになってました♪

個人的にはもっと この毒気を突き抜けて欲しかったなって気がしますが、
新規IPでそこまで冒険出来なかったのかもですね。

年齢も境遇も全然違う者同士が
薄っぺらく「仲間だ絆だ」と仲良しこよしをする話しでは無く
キャラクター同士の距離感が好感が持てました。

琴乃さんの「絆とか安易に信じる年齢じゃないけど」みたいな台詞は
印象深くて結構好きです。

シナリオ自体はアッサリ風味なので
期待し過ぎると肩透かしは食らうかもしれませんが、
私みたいに旧ペルソナ風味に惹かれた方は手を出してみても良いかもしれません。


【不満】
システム回りがとにかく不親切です。
WIREというSNS機能も無駄ですし、NPC500人に知り合うのも運なので
よほど この作品に愛が無い限り
やり込み要素をコンプするのは難しいかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
良い所と悪い所が極端な作品です。

万人受けする作品だと表現出来ない要素もあるので
個人的にはこういうニッチな作品が増えてくれるのは嬉しいです。

次回作はもう少しシステム回りを改善して
遊びやすくして欲しいです。

ペルソナ1やペルソナ2罪罰も興味があるのですが、
中々手が出しづらいので
雰囲気そのままに遊びやすくリメイクして欲しいです。

Category:Caligula -カリギュラ- | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択

2017.05.13 Sat
gravitydaze2_ps4last.jpg
「GRAVITY DAZE 2
重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択」
の感想です。

毎度の事ながらサブタイはコピペしました。

前作GRAVITY DAZEの感想はこちら
前回は開発帰還や予算が足りなかったのか「打ち切りエンド」感がありましたが、
今作の2は完結編という事で綺麗に終わってます。

私はこの作品の世界観が好きなので
終わってしまうのは寂しいですが、
綺麗に終わってくれた事が何より嬉しいです。

出来れば「この続き」は作って欲しく無いです。
シリーズ続いたとしても別の世界にして欲しい。


【システム】
重力アクションゲーです。
私はシナリオクリアのみで21時間位かかりました。

前作と同じくカメラワークが最悪なので、
馴れてないと酔います。
馴れてても方向感覚がぐちゃぐちゃになります。

特に狭いエリアに入る時のカメラワークが酷く
時間制限内に抜けなきゃいけないステージでも障害になります。
gravitydaze2_ps4last5.jpg
今作一番イライラしたステージ。
通路が狭まって来るのですが、
ひっかかる、カメラぐちゃぐちゃ、
時間切れ判定、ゲームオーバー。

カメラの焦点が定まってない、
真っすぐ飛べない作品なのだから
開発チームもちゃんと その部分を考慮して作って欲しかった。

敵が画面外に回り込むのもイライラしました。
今作は敵がプレイヤー画面の後ろへ回るので
中々敵に攻撃が当たりません。

ネヴィ戦より人との戦闘が多くなったので
戦闘パートの難易度が上がりました。

他にもアクション部分はあまり宜しくないです。

色々グチグチ言ってますが、
それでも私はこちらの作品に愛着があるのは
あのスチームパンク、ファンタジーが融合した独特な世界観が好きだからです。


メインミッションのアクション部分でイライラした時とか
ゲーム内を散歩したりして癒されてます♪
gravitydaze2_ps4last2.jpg
プレシャスジェムを集めながら
街並みを眺めたり、

gravitydaze2_ps4last4.jpg
散策したり、

gravitydaze2_ps4last3.jpg
それぞれの街の雰囲気が変わるので
変化を楽しむの良いですよ♪

前作より 街並みが細かく作り込まれてるのもビックリしました。
「あそこ行ってみよう」と何気なく散策してると
家具やら建物の裏側も拘ってて
街一つ作るのも大変だったと思います。

ジオラマとかプラモとか眺めるのが好きな人は散歩ゲーとして
楽しめるかと思います♪


【シナリオ】
ちゃんと完結してます。
終わり方が昔懐かしのRPGを彷彿とさせて
懐かしい気持ちになりました。


【アニメBD】
初回限定版を購入したので、
特典としてアニメBDが付いてきました♪

おまけのアニメなのでそこまで予算は充てられなかったのかもですが、
作画が良かったり悪かったりと安定はしてません。
キトゥンちゃんやクロウは可愛いです(*'ω'*)

1と2の間のお話しが収録されてて
ゲームクリア後に拝聴したので
どうして キトゥンやシド―がバンガ集落に迷い込んだのか、
クロウとはぐれたのかが分かったので 良かったです♪


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
色々アクションに難はありですが、
キャラクター、世界観が気に入ってシナリオも気になったら
買いだと思います。

温かみのある色合いなので
ジブリとか好きな方も上手くハマれる作品だと思います。


今作はちゃんと完結してるので、
前作と合わせてプレイして欲しいです♪



※ネタバレを含むので畳みます※

Category:GRAVITY DAZE2 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

オトメイトパーティー♪2016 BD

2017.05.06 Sat
otopa2016BDbox.jpg
「オトメイトパーティー♪2016」のBlu-rayの感想ですー

今回もアニメイト限定版購入したので
レプリカ台本、バックステージパス風のパスケース、
ノートブックが特典として付いてきました♪

オトパ2015のアニメイト限定版ではなぜか
パスケースネックストラップが付いてきてて
何の為にあったのか分かりませんでしたが、
今回はちゃんとパスケースになってましたw

オトパ2015の記事に書いてありますが、
本当にあれただのだったんです。

オトパ2016は私が参加する初めての声優さんのイベントだったので
思い入れがあります♪
その時の記事はこちら

参加した事あるイベントの映像化も不思議な感覚で
あの時楽しかった記憶が蘇って嬉しいです♪


【映像】
今回の編集さんとカメラマンさんグッジョブですよ!
声優さんの映像多め、客席の映像少な目で編集して下さって
作品を演じる役者さんの表情が良く見えるのがとても良かったです♪

前回のオトパ2016はアフタートークはカットされてたのですが、
今回はちゃんと収録されてました!
本当に本当に良かった(*´ω`人)

バラエティーコーナーでビデオレターの
岸尾だいすけさんが森久保さんのモノマネをした時の
皆さんの様子を写した映像もちゃんと見れて嬉しかったw

次回も是非この方向でお願い致します!!


【CZ朗読劇】
レプリカ台本を見ながら拝見しましたが、
やっぱり 今回アドリブ多くてCZ好きとしては嬉しかった♪
役者さん達が笑いを堪えてる映像も素敵でしたw

アフタートークで鳥海さんが
「小学生と壊れた世界とそのまま大人になった彼ら」の事を
実質何役もやってる気分とおっしゃってて
以前も同じ様な事もおっしゃってましたが、
あれだけ乙女ゲーに沢山出演されてる方が
CZの事をちゃんと覚えてて下さってるのが嬉しいです。

前野さんのCZ愛はいつも素晴らしいですね!
是非石田さんを説得して頂きたいw

須藤さんを目立たせようとする皆さんの気遣いも素敵でした♪
須藤さんご本人はとても緊張してる様に見えましたがw

普段あまりアドリブは苦手だから入れないという杉山さんが、
朗読中に入れてくれたのは嬉しかった♪
アフタートークも普段より 頑張ってくださってるみたいで新鮮(*゜▽゜*)


【ボックストーク】
特典映像のボックストーク。
今回は少なく感じましたー。

オーディオコメンタリーで
司会のタイムキープが大事とおっしゃってたので
楽屋ではあまり余裕が無かったのかな??

自主的にボックスに入ってトークをしなきゃいけないので
やっぱり 控えめな方はあまり映りませんねー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イベントの感想は
オトパ2016に参加した記事にあらかた書いてしまってるので
今回は控えめなBD感想ですが、
思い入れの強いイベントBDとなりました(*´▽`)

所持してるオトパDVD/BDのお気に入り順位は
2012=2014=2016>2015>2013>2011
です♪

2015は朗読後のトークがカットされてるのが一番残念。
オトパ2016の映像は素晴らしいので是非♪

Category:オトメイトパーティーDVD・BD | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

A KING'S TALE: FINAL FANTASY XV

2017.04.29 Sat
A KINGS TALE_ FINAL FANTASY XV01
「A KING'S TALE: FINAL FANTASY XV」の感想です。

こちらは元々日本ではコンビニの予約特典、
北米ではGAMESTOPの予約特典だったみたいですが、
今現在(記事を書いてるのは2017年3月) 北米PSNで無料配布中です。

こちらの特典目当てでお店などで予約した方は
色々思う所があるかと思いますが、私は手に入らなかったので
遊べた事が嬉しいです♪

FF15本編の記事はこちら


【システム】
レトロ風の横スクロール アクションRPG。

私は北米のPSNでDLしたのですが、
普通に日本語対応してました。
自動で言語が変更されてたので、
ゲーム機本体の言語設定に反映してるみたいです。
A KINGS TALE_ FINAL FANTASY XV02

クリアするだけなら1時間ちょっと位です。
イージーとノーマルの難易度が用意されてます。

私はイージーでプレイしました。
死んでもすぐにチェックポイントで再開出来るので
ストーリークリア自体は難しくありません。

ですが、敵が硬いのとサボテンダ―など
トリッキーな動きをするのも居て
結構 歯ごたえは感じました。

私は骸骨の敵が個人的に苦手でした・・・

私の職場の同僚もプレイたみたいで
本人はノーマルをプレイして簡単だと感じたので
ゲームの腕次第で感じ方が変わるかもです。

トロフィーあり。


【シナリオ】
本編で語られなかった
レギス王の若かりし頃の旅の一部を焦点に当てたストーリー。

ノクティスにベッドタイムストーリーを聞かせてる演出で
とても微笑ましいです。

とは言っても物語本編に影響しない程度のお話しなので
こちらの作品を必ず遊ばないと楽しめないという事では無いので
本当にオマケです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人的にはレトロゲーのデザインや雰囲気は好きでも
実際に遊ぶほど惹かれる物では無かったので
店舗特典としては見送りましたが、北米PSNで無料配布されて
いざ 遊んでみたら 特典とは思えないほどの作り込みだったので
結構ビックリしました。

わざわざ店舗予約した方には複雑な気持ちになってるかと思いますが、
作り手としては多くの人にプレイして欲しいという思いもあったのかもしれませんね。

Category:A KING'S TALE: FINAL FANTASY XV | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

花咲くまにまに

2017.04.22 Sat
hanasakumanimanivita1.jpg
「花咲くまにまに」(VITA)の感想です。

こちらは「車輪の国、向日葵の少女」と同じく
PSストアの5pbセールで購入しました!

前から気になってはいたのですが、
パラメータ上げ系の乙女ゲーと聞いてたので
ずっと足踏みをしておりました。



【システム】
ノベル系の乙女ゲーと
パラメータ上げ要素あり。

地の文ありなので 読んでて楽しかったです。
所々 気になる文章がありましたが、許容範囲でした。

ヒロインのデフォ呼び無し。
割りと新しい作品なのにコレは珍しいですねー。
花魁の源氏名はちゃんと 読んでくれます。



【不満】
オプションで「タッチ」機能をオンにするのですが、
設定がセーブされず ゲームを起動する度に
設定しなおさなきゃいけないのが 不便でした。

ルートによって「・・・・っ」という表現が多いです。

上記にも書きましたが文章がちょっとおかしい所もあり。
白玖さんルートで

大尽「白玖に相談事があって来たんだが」
白玖「つまり相談事という事ですね」

という様な不自然な会話の流れあり。

うん、だから相談事だって言ってるじゃん?(´・ω・`)







※以下ネタバレありなので畳みます※


Category:花咲くまにまに | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |