RSS|archives|admin

CROSS†CHANNEL VITA版

2014.07.25 Fri
cchannelvita.jpg
「Cross†Channel」のVITA版の感想です

こちらはPS2版の簡素なレビューです

何度か別の記事でも書いてるのですが、
こちらのクロスチャンネルはプレイした時凄い衝撃を受けた作品です。
そして、ノベルゲーの中でもお気に入りの作品の一つでもあります。

そしてこの作品を切っ掛けに
ライターさんの田中ロミオさんのファンになりました。

ラノベの「人類は衰退しました」もシリーズで買ってましたし、
個人的には「AURA」や「灼熱の小早川さん」は合いませんでしたが、
田中ロミオさんが執筆されてると聞くと何でも読んでみたいんですよね。

最果てのイマ」もそうですし、
I/O」も執筆はされませんでしたが、企画原案をされたという事でプレイしました。
作品はまぁ・・・・うん・・・・
こちらの作品はロミオさんに書いて欲しかったです・・・。

大人向けの作品ですが「ユメミルクスリ」もプレイしてみたい・・・。
いつか必ず。

クロスチャンネルを読んだ時は
「久遠の絆(PS2)」と「EVER17(PS2)」をプレイした直後でした。
名作と言われるこの二作ですが、クロスチャンネルをプレイした時は
私の中で、もうこの二作を吹き飛ばしてしまいました。

※もちろん個人の意見です※

PS2版しかプレイしてませんでした。
PSP版も持ってたのですが、プレイする勇気が無かったので
購入して一度も手を付けず・・・。

PS3版が最初欲しかったのですが(トロフィー欲しさで)、VITAがその間に発売され
トロフィーもつくし、携帯機はノベルゲーに向いてるという事で
VITA版を購入!


【システム】
ノベルゲーです。

何度か書いてますが、
田中ロミオさんの文章は癖があります。
多分 合う人合わない人は出てくると思います。

私もこちらの作品の冒頭は 読みにくくて読みにくくて
2週間位 冒頭を読んだ所で放置してしまったんですよね。

ロミオ節と言われる
皮肉や何気無いギャグ台詞と思われた物が物語の布石だったり
慣れてないと頭がグチャグチャしてしまいます。

いつもロミオさんの作品を読んでると思う事は
英語のボキャブラリーのチョイスが素晴らしい・・・。
よくこういう言い回しが出来るなぁと、感嘆の息が・・・

文章や地の文を読むのが凄い楽しい(´ω`*)

色んなノベルゲーを読んでますが、
物語が面白いと思わせる作品は何作もありますが、
「文章を読むのが楽しい」と思わせる作品は本当に一握り。

もちろん 文体も合う合わない人ソレゾレですので
感じ方は違うかと思います。

好きな文章で、色んな作品を触れてみて感じた事なのですが、
田中ロミオさんの作品って恋愛シーンがあまり萌え無い
※個人的な意見です※
何故でしょうかね?(・ω・`?

恋愛シーン突入してもトキめかないし、萌え無い
特に 応援したいカップルも無いんです。

そして
こちらの作品は下ネタが比較的多いのですが、
PS2版をプレイした時 意味が分からなかった事が
今では分かってしまう・・・
あの時純粋だったんだなぁ(遠い目)

そして 自分の汚れ具合が分かってしまう悲しみ(´д`)


【シナリオ】
※ネタバレが含まれる場合があります※

ループ物です。
登場人物はほぼ社会不適合者です
そういう者達が登校する学校が舞台です。

物語を読む進めていくとキャラクターの秘められた
症状とか過去が判明していきます。

もうシナリオ展開を知ってるので
今回読んだ時は怖くは無かったのですが、
初見で読んだ時は本当に怖かったです。
PS2の電源を入れるのも怖い位でした。

特に祠に入れてる日記が
数冊からびっちり入る位までに増えてた描写とか
背中が冷っとしました。

「トモダチの塔」シナリオが追加されてました。
これはPS2版をクリアした後に存在を知ってて
没になったとか色々噂は聞いてたので読めて良かったです。

※トモダチの塔は文字通りトモダチで出来た塔※

本編中でも「家族の塔」が出てくるので
グロい展開なのは予測済み。

他にも色々加筆してるのかな?ってシーンもちらほら。
確かPS2版で規制されて差し替えられた台詞があったのですが、
戻ってるみたいですね。

冬子の「あたまのおかしい女」の台詞がPS2ではマイルドになってて
今回のVITA版では元のPC版の台詞に戻ってました。

あと霧とトイレのシーンもPS2版では無かった(規制された?)気がするのですが
収録されてました。

PS2版をプレイしたのは大分前なので 記憶が曖昧ですが・・・




【キャラクター】
太一
今作の主人公。
セクハラ大王。
そして一番不安定であり、とても歪です。

もっと上手い説明が出来れば良いのですが、
孤立してる、一人で生きている人を美しいと感じる 歪んだ美的感覚があります。

ニュアンスは違いますが、
ツンデレのツンが好きで、デレになったら冷める感じ。
そして太一が綺麗だと思った物が綺麗じゃなくなると
破壊衝動が生まれたりするので
読み手としては凄いハラハラ・・・。

穏やかに会話してても何時ひっくり返るか分からないので
初見の時はずっと緊張しっぱなしでした・・・。

冬子の死体を見て「孤高に一人で死んだ」事を美しいと感じ、
でもループしてる世界だからまた元通りに戻り、
その冬子の死も繰り返してる事を考えて
繰り返される事で美しくなくなると感じてしまう太一の感覚が怖かったです。

それでも必死に普通の人間になろうと頑張ってる太一は好きになれました。


霧はピリピリしてて正義を振りかざそうとしてる時は好きじゃなかったのですが、
豊の真相を知った後の彼女は可愛くて好きでした♪

彼女を送り返す時のやりとりで
「ばかなひと」って太一に積極的になってる彼女は普通に
可愛くて結構好きなシーンだったりします


冬子
ツンデレなのですが、デレが酷い。
確かに引くほどにデレると駄目になる。

苗字の桐原(きりはら)を反転して
ハラキリと茶化されて呼ばれてる事が
本当に自傷行為で腹を切った知った時は衝撃的でした・・・。


美希
太一とのやり取りが好きなキャラでした。
ループ世界で自分がリセットされてしまう恐怖感は共感出来ますし、
自己愛は防衛本能みたいな物なので 違和感はあまりありませんでした。

友達や好きな人を利用して盾にする感覚はともかくとして・・・。

ループが繰り返される中で
凶暴化した太一に追いかけられたり、仲間が死んだりと
極限状態の一週間を何度も体験しても
自我を保ってる美希は強いキャラなんだなぁと。

見里と友貴
正直他のキャラの印象が強いので
この兄弟の抱える問題が霞んでしまう。

本当なら みみ先輩がした事は異常なのでしょうが、
太一の過去とかヒロイン達の行動が重すぎて
どうしても普通に感じてしまう。

太一が友貴の事を「インモラル」と冗談っぽく言ってたのですが、
物語終盤で 実は姉を女性として意識してたって事が分かって
「道を踏み外す事が無かった」とか「今はちゃんと彼女が居る」とか
書いてありましたが、

外傷で群青学園に入ったとはいえ、
友貴も友貴で彼の群青色があったのかなーと。


曜子
あまり好きになれない子でした・・・。
特に太一を拘束監禁してる時の彼女は・・・。

その前の彼女にはそこまで嫌悪感は湧かなかったのですよ。
太一だけしか見えてない、太一のお願いは断れないと
不器用な子なのかな?と思ったら

物語後半の強制的に太一を操ろうとしてる
愛情の押し付けをする彼女は好きになれません。

桜庭
完璧なギャグ要因w
彼が出てくる事で息抜きになるので好きでしたw

たしか、PC版の声優さんとCS版の声優さんが違うらしいですね。

CS版は山崎たくみさん
私の中ではクロスチャンネルのイメージが強いw
そして MGS3の若かりし頃のオセロット!!w
それからFate/Zeroのケイネスとか

Fate/Zeroのラジオで凄い面白い方なんだなぁとw

ラバはクロスチャンネルの中でもお気に入りのキャラですよ♪




【不満】
追加シナリオであるFORGOTTEN STORY
霧のシナリオはイマイチかなーと。

太一を殺す事を計画してる霧の奮闘気みたいな感じなのですが、
ギャグシナリオで、ただただクドいだけでした。

トロフィーについてなのですが、
「Fate/StayNight」、「プリンセスアーサー」、
「真かまいたちの夜」でもそうなのですが、
面倒くさいトロフィー作らなくていいから・・・

選択肢100%のトロフィーとか・・・Orz
みみ先輩の「迫る・ボケる」で取り逃してました。
2種類あるんですね・・・。

「グリザイアの果実」のトロフィーが一番良かったです。
読み進めて行くだけで取得。
トロフィーを気にせず物語に没頭出来る、
回収するイライラも無いですし・・・。

クロスチャンネル自体古い作品なので仕方ないのかもしれませんが、
追加スチル、立ち絵に違和感しか無いです・・・。

追加CGも無ければ良かったなーと思う部分が多くて
元のスチルの雰囲気を壊してる気がします・・・。

太一の立ち絵が酷いと思いました・・・
特に目とか昆虫みたいで・・・・(;´Д`)

PS2(PC版も?)で使われてたOPが無くなってて悲しかったです。
このシンプルなピアノの曲がこの作品を良く現してます。

↓こちら


あと、田中ロミオさんの作品を多数手に取って思う事があるのですが、
女性=腐女子という認識はあんまり好きじゃないです。

私みたいにBL苦手な人も居るので
必ずイコールと描写されるのは気分が良い物では無いです。

マイケルの事をギャグに使うのも気分が良い物じゃないです。
MJは小さい頃から好きなアーティストですのでね・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本当に好きな作品です。
もちろん 上記に書きましたとおり、文章に癖がありますので
合う人合わない人はあると思うのですが、
この作品を初めて読んだ時の衝撃は今でも忘れられません。

「また来週」って台詞も良いですよね。

Cross†Channelは私に影響を与えた大好きな作品です。

丁度夏ですし、
この作品を手に取ってみては如何でしょう?ヽ(*´∀`)ノ

Category:CROSS†CHANNEL | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

CROSS†CHANNEL 〜To all people〜

2012.01.17 Tue
レビューサイトなどで「パッケージ詐欺」と書かれてたので購入w
PS2版をプレイしました。PSP版も持っていますが、
PS2版をプレイしてから何年も経ってるのに未だにトラウマでプレイ出来ずに居ます。
でも、名作です。

自分が凄い矛盾した事を言っていますが、
PS2の電源を入れるのが怖いくらいでしたが、本当に面白い。
ホラーではありませんし、イキナリ「わっ」と驚かせる要素とかありません。
最後は切ない、けどもう一度あの物語を読むという勇気が沸かないです。

ゲームの冒頭では読むのが本当に苦痛で
だただた、とある高校生の日常を読まされていて退屈だったのですが、
読み進めていくうちに意味がある事を知り、
2周目あの何も知らなかった時、退屈だと感じた序章の印象と180度違う事にビックリ。

このゲームで田中ロミオさんの文体が好きになり、田中ロミオさんのラノベ「人類は衰退しました」も読んでます。

PS2版を購入した時、同時に「久遠の絆」と「EVER17」を購入しプレイしたのですが、
CrossChannelが一番衝撃的でした。

【システム】
アドベンチャー。選択肢で分岐あり。

一応「ギャルゲー」なのでしょうけど、恋愛パートは期待しない方が良いですよ?
あくまで恋愛はオマケ。

音楽が基本的にシンプル。「CrossChannel」と聞かれて浮かぶ物はピアノです。
オープニングのピアノの曲や登場人物の日常を描いてる時の落ち着いた曲もピアノ。
BGMが本当にマッチしてます。

【シナリオ】
今だと珍しくも無いですが。ループ物。
考察サイトとかを巡らないと分かりにくい部分もあったりします。

ホラーでは無いですが、
自分は読み進めるのが怖いと思える位にトラウマになりました。
面白いのに怖い、でもこのままPS2の電源を切ったら眠れないかもしれない・・・。

そんな葛藤と戦いながらのプレイだったので、ソフトはあるのですが、PSP版は未だにプレイしてません。
心の準備が出来たら必ずプレイしようかと思ってます。

【キャラクター】
主人公の太一のボイスがあれば良かったのに!

最初 セクハラ大王の主人公が好きにはなれなかったのですが、
ストーリーを追うごとに 良さが分かってきて好きになれました。

【不満】
多分 シナリオの設定や演出上 無理だったのかもしれませんが、
「かまいたちの夜」みたいな分岐ツリーがあれば有難かったかも・・・・。

--------------------
面白いです。
いつかPSP版とPS2版の違いを書けるようにしたいですね。
もしPS3版出たら買うかも・・・。

Category:CROSS†CHANNEL | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |