RSS|archives|admin

夏空のモノローグ

2012.01.18 Wed
「夏空のモノローグ」の感想です

「Air」や「Clannad」プレイしてて
何か良い乙女ゲーないかなぁ・・・と色々調べていくうちに

この「夏空のモノローグ」と「ClockZero」に行き着き
両方同時に購入しました。
んで、こちらを先にプレイしました。

こちらは「全然違う!!」って突っ込まれそうですが、
Cross Channelの雰囲気を思い出しました
舞台が夏だからなのか・・・、ループ物だからなのか・・・、学園物だからなのか・・・

キャラクターの日常を見てるだけで切なくなってしまう、
そういう雰囲気を持っているゲームです。

【システム】
ノベルゲー。
もちろん選択肢とかイベントとか色々あります。
すべてのキャラを攻略後に真相エンドが用意されてます。

結構新鮮だったのが「デジャヴ」。
普通 別のキャラのルートへ行くと前のルートの事を、
キャラクターがなんとなく前の出来事を覚えてるシステムが面白かったです。

恋愛がメインの乙女ゲーではありません。
純粋にストーリーを楽しむタイプです。

【シナリオ】
ループ物。
主人公がごく最近までの記憶以外は記憶喪失で複雑な家庭事情とか色々。

「明日が来なければ良いのに」と願った主人公の影響で本当に実現してしまい ループがスタート。

でも、キャラクターそれぞれがそんなに気にせずに過ごしてるので
他のループ物みたいなドキドキハラハラした展開は無いです。
逆にのんびりと過ごしてるキャラを観てると ほっこりして来ます。

ソレゾレのルートは切ないですし、丁寧に書かれてて好みでは無いキャラのルートでもシナリオを楽しめました。

【キャラクター】
学園物なので
先生から先輩、同級生、後輩 色々なキャラがいます。
真相ルートの攻略対象キャラも居ます。
甘さは控えめ

自分の攻略順は
①木野瀬一輝
②加賀 陽
③篠原涼太
④沢野井宗介
⑤浅浪 皓
⑥綿森 楓(真相ルート)

自分は木野瀬ルートが切なくて、主人公と相性が良いなぁと感じました。
主人公が少し大人しめで、悩むタイプだったりするので、
そういうキャラが苦手な人も居るかもしれませんね。

何度も言いますが、自分は基本的に自己投影するタイプでは無いので気になりませんでした。


【不満】
多少ネタバレになります。注意して下さい。


真相ルート・・・だからなのは分かるのですが、すべてが分かった時に
今までのルートが無かった事になってるのは寂しいです。

ヒロインと他のキャラが築き上げた交流が
リセットされてしまったのは、あまりにも・・・・。
(攻略対象はヒロインとの交流で前に進めたキャラとか居ます)
最終的には全員が前に進む事が出来る様になってるだろうなという脳内補完が必要です。

-------------------------
シナリオメインの乙女ゲー
シリアスで、笑いもあり。本当にほっこりした気分にさせられます。

(追記・・・・12月17日)
PSP版が発売されるようですね♪


Category:夏空のモノローグ | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |