RSS|archives|admin

RULE OF ROSE

2013.07.20 Sat

RULE of ROSERULE of ROSE
(2006/01/19)
PlayStation2

商品詳細を見る


「RULE OF ROSE」の感想です♪

本当に今更PS2??という感じですが、
PS3版でリマスターが出るのをずっと 待ってたのです。
でも中々 発売する気配も無いので、
他のPS2のソフトが安くなっていく一方で 未だに7000円代で売られてます・・・。
中古ですら お高い・・・。

発売された当時
パッケージに惹かれてたのですが、
サバイバルホラー系は苦手なのと、当時まだゲームをポンポン購入出来なかったので
購入してませんでした。

ニコ動の実況などでシナリオを把握したりしましたが
やっぱり 自分でプレイしたい!
パッケージが良い!という事で 本当に本当に今更ですが、
購入する事に・・・・。

もし、今後PS3版が発売されても購入してしまうかもしれません。

ネタバレありですので、ご注意下さい。
考察ではありません。ただの感想や疑問を書いてます。

「A Love Suicide ~The Theme of Rule of Rose~ 」という曲好きです。

【システム】
アクション(?)サバイバルホラーです。

襲ってくる敵を倒したり、ボス戦とかあるアレです。

バイオとか苦手なので、
コチラの「ルール オブ ローズ」も自分が出来るか心配だったのですが、
すでに 動画を見てたので 何とかプレイ出来ました。

でも、主人公のジェニファーはひ弱ですので、
動きが鈍い・・・。

ソレも演出の内なのですが、
強制戦闘とか 億劫で本当にダルいです。

ボス戦とか何度もゲームオーバーに。

ワンコのブラウンと常に一心同体で行動するシステムが好きでした♪
ブラウンがアイテムの匂いを頼りに 色んな所へ導いてくれます
終始 頼りなく、成すがままにされるジェニファーはプレイヤーも心細くなってしまうから
このワンコの存在は本当に心強い♪

マップが私にはちょっと 分かりづらいので、
迷う事も多々ありました・・・。

メニュー画面や音が凄く凝ってて良いですね♪
黒板やチョークをイメージしてて
世界観にマッチしてます。


【シナリオ】
残酷で、少し淫靡な雰囲気のゲームです。
物語の語り部も童話ちっくで 淡々と語られます。

子供同士の醜い争い、虐め、集団での優劣。
そして 成長期に入って性が目覚め始めたのを描写する為なのか
所々 性的な演出もあったりします。
ソレは お色気要素では無く 不気味さや嫌悪感を演出する物でした。

格エピソードもボスも童話をイメージした物が多いです
嘔吐する人魚姫とか・・・孤児院
年長のクララが院長先生ホフマンとの子供が出来てしまったという比喩だったり。

ホフマン先生がクララだけでなく、他の孤児にも手を出そうとしてたとか、
物語後半でジェニファーが「クララが時々大人の様な表情をしてた」という描写には
嫌悪感が沸きました。

子供達がジェニファー苛めてた描写はとても
生々しい。気持ち悪くて、トラウマにもなります。

一見 集団行動で 仲のよさそうな子供達でも
お互いがお互いに陰口やら嫌がらせをして
その結果や矛先をジェニファーに向ける所も リアルです・・・。
「あー現実にこういうのあるね。」って思わせるのもトラウマです。

そして 友情と愛情の区別もつけない
年齢の少女達のお話しが物語の軸です。

ジェニファーの事が好きなあまり、
犬のブラウンに嫉妬し 他の孤児を使ってジェニファーを苛め始め
さらにジェニファーに気を引かせる為に自分も兎を飼い始めて 
社交界の貢物にしてしまう 歪んだ少女が黒幕なのですが。

ヤンデレで百合なだけで無く
大人の男を使って 犬として調教するという上級者っぷりが凄いねホント・・・(´Д`;)

OP映像でも、
孤児の描いた絵でも出てくる「魚」がどういう意味、比喩なのかが
分からなかったです。

空を飛ぶ魚、意味深ですよね。

ダイアナの包帯ってどういう意味があるんでしょう??

最後のブラウンを縛るシーンも後味が悪い。
この物語では登場人物 全員がなんらかしらに縛られてるんです
最後の最後でジェニファーが親友のブラウンを縛る描写
ずっとソレを見てきたプレイヤーにとって 辛い物でした。

気分が悪くなる描写、トラウマになりそうな描写が多く
不快感を煽る事の方がほとんどなのに。
心に深く残る作品です。とても残酷で美しいです。

クリアした後も余韻に浸ってしまいます。

ーーーーーーーーーー
音楽も良いのに何故かサントラは
海外で特典CDとしてしか 出てないみたいです・・・。

本当 PS3で出して欲しいです・・・。
サバイバルホラーは苦手ですし、
妖精さんには会いたくないですが、
この作品なら もう一度遊んでみたいと思ってます。

ゲーム性やシステムにはイライラしますが、
やはり 雰囲気やシナリオ、音楽が良いです。

一応 ホラーですが、
ホラー要素はあまりありません。

上記では 凄いけなしてるような書き方をしてますが、
褒めてますw

湧き上がる嫌悪感や不快感
怪しい雰囲気、どの要素も この歪んだ世界観を引き立ててます。

この作品に興味を持った方は是非 手に取ってみて下さい♪
歪んだ物語を堪能して下さい。

Category:RULE OF ROSE | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |