RSS|archives|admin

死神と少女

2019.10.19 Sat
shinigamitoshyojo.jpg
「死神と少女」(VITA)の感想です。

もう移植は無いと思ってたんですが、
まさかの発売ですよ。

TAKUYOさんのソフトは出荷が少ないと思うので
いずれSWEET CLOWNみたいに値段が高騰しそうですね。

PSP版が出た時も感想記事を書いたんですが、
当時と感想が変わったかもしれません。
(昔の記事を掘り起こすのが面倒で読んでませんが)


【システム】
今作の死神と少女のライターさんは
大正×対称アリスと同じ方という事は存じ上げてます。
どちらかの作品をプレイした事がある方は分かると思いますが、
かなり癖の強い作品となってます。

恋愛に比重を置いてないので乙女ゲーというよりはノベルゲーです。

対アリと同じ様に精神を抉るような事や皮肉れた展開もあるので、
対アリが好きならばお勧めの作品です。

ただ、対アリよりはギャグや突拍子の無い展開は少なく
常にシリアスな展開が続きます。
ドタバタコメディはありませんが、
主人公達のほのぼのとしたやり取りが楽しいです。

あと、この作品の影響で本を読みたくなります。
本のページをめくったり、閉じたりする環境音が心地いいですね(*´ω`*)

ヒロインのデフォ呼びあり、声もあり。





※ネタバレを含むので畳みます※


Category:死神と少女 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

死神と少女

2012.01.21 Sat

死神と少女死神と少女
(2011/07/28)
Sony PSP

商品詳細を見る

「死神と少女」の感想です

レビューで「乙女ゲーよりノベルゲー」って言われてたので
恋愛とか攻略対象とか考えずにプレイしました。
面白かったです。普通にノベルゲーとして発売しても良かったのでは??
男性も普通にプレイ出来ると思います。

「Il Dio della Morte e La Fanciulla」という曲が作品とマッチしてて好きです

このゲーム、メニュー画面も凝っててとても丁寧に作られてます。
本好きな主人公という事で 本のページをめくる音だったり
(ニーアもそういう仕様になってて好きでした)
スタート画面のちびキャラも可愛いですしデザインも好きです。

【システム】
ノベルゲー。
一応乙女ゲーですので、男性との恋愛はありますが、
恋愛目的でプレイするゲームではありません。

ストーリーを追うごとに「言葉」を集めるのですが、
その言葉を使って周期プレイする事無く好きな章からスタートして
目当てのキャラのストーリーをプレイする事が出来ます。

あとはその言葉を使って初見プレイでは知り得なかった事実が分かったりします。

【シナリオ】
一人攻略するごとに、謎が解明されるタイプのシナリオです。
謎が解明されても明確には説明してくれないので、
脳内補完が結構ひつような所があるかも??

【キャラクター】
オススメの攻略順を検索してて「死神と少女」のスタッフブログに辿り着いたので
スタッフブログさんの通りに攻略しましたw

①日生光
②桐島七葵
③遠野十夜
④蒼

主人公もボイス付き(もちろんオン/オフ設定出来ます)何より嬉しかったのは
主人公のデフォルト名「紗夜」って呼んでくれる事です!

恋愛要素は無いと言っても良いかも知れない・・・
乙女ゲーとしてプレイはしてなかったので
物語の先が知りたかったから本当にノベルゲーとしてプレイ。

【不満】
自分のPSPだけなのか、時々 音楽が途切れる事がある。
初見プレイの時 何のホラーなのかと思った。
PSPにインストールしてプレイしてた訳では無いからなのかも??

これは不満では無いけど、乙女ゲーで無くとも普通にノベルゲーで良かった所

ーーーーーーーーーーーーーーーー
作品の雰囲気はとても綺麗で大好きです。
乙女ゲーを期待をして購入してしまった人には不満かも?

Category:死神と少女 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |