RSS|archives|admin

ファタモルガーナの館

2014.03.15 Sat

ファタモルガーナの館ファタモルガーナの館
(2013/01/25)
Windows

商品詳細を見る

「ファタモルガーナの館」の感想です

実はコチラの作品を知る切欠になったのは
ニコ動の某有名 訛り実況者さまが
PLAYISMで公式 単発実況をされた事でした。

作品の雰囲気とか物語が気になってたのですが、
CS化されるだろうな、と思って待っててたのですが、
それでもずっと先の事だろうと思って パケ版ですが、購入しました。

こちらは一般同人ゲーです。
私は同人には縁が無く、同人誌も購入した事も無い上に
あまり興味が無いので
※コミケも参加した事無い上にコチラもあまり興味無いです※

若干 抵抗はありました。

同じく同人ゲーの「うみねこのなく頃に」も気になってても
ずっとCS化を待ってた位ですしw
PS3化された時は滅茶苦茶嬉しかったですw

元々PCゲーはあまり好きでは無いんですよね
家庭用ゲーム機みたいにスイッチをパチンと入れるだけで
スタート出来る手軽さが無く、
長時間PCの前に座ってなきゃいけないのが辛いです。

もちろん、良PCゲーは沢山あり
必要に迫られた場合は購入・プレイはあります。
(R18の乙女ゲーとか、声優さん目当てだとか)


こちらの「ファタモルガーナの館」もPS3か、
VITAにそのまま 移植、CS化して欲しいですね。


【システム】
ノベルゲーです。

全年齢対象ですよ!
なんか「PCノベル=成人向け」と勝手に印象付けてらっしゃる方も居るのでw

なんとなくプレイしてる時に
「ニーア レプリカント」っぽいなーって思いました。
選択肢画面の雰囲気やら 音楽とか。

製作者のインタビューを読ませて頂いた所、
やはり「ニーア」を意識されたそうで
やっぱり!!( ゚∀゚)とニーア好きな私は嬉しかったですw

ニーア レプリカント(特典なし)ニーア レプリカント(特典なし)
(2010/04/22)
PlayStation 3

商品詳細を見る

「ドラッグオンドラグーン」も意識されたそうで、
インタビューを読んでDOD3の音ゲーがクリア出来てないトラウマがw

「ファタモルガーナの館」の音楽が好きな方は
ニーアの曲も好きになれると思いますので、視聴とか
色々聴いてみて下さい♪
ニーアの中では「イニシエノウタ」と「魔王」がお気に入りです。

あと、若干デザインが「ルールオブローズ」にも似てる気がします。

RULE of ROSERULE of ROSE
(2006/01/19)
PlayStation2

商品詳細を見る


公式のQ&Aで攻略法とか書かれてるので
攻略はそちらを参考にしました

演出とかのこだわりが凄くて作品として
全体的に綺麗だなと感じました。

ジャンルは何なんでしょうね?
初回プレイの印象はミステリーか、ホラーなのかと思ったら
読み進めて行くうちに印象がどんどん変わっていくので
他の方にお勧めする時にどういうジャンルか上手く伝えられないのがもどかしいw


【シナリオ&キャラクター】
読み進めて行くうちに 引っ掛かった事、疑問に思った事が
回収されていくのは 読んでいて気持ちが良かったです。

あと、色々 何度も騙されましたw

パッケージでも分かるとおり、
いわゆる「萌え」系や「アニメ」系の絵では無く、
作品の雰囲気に凄く合ってて好きでした。


下記にネタバレ感想を書いてます。


【不満】
製作者サイドはあえて こういうアプローチをしたらしいのですが、
時代や絵に合わない会話の中での現代語は
ちょっと 受け付けられませんでした。

「スルー」「イケメン」など。

あと、キャラ感想でも言ってると思いますが、
エメがのうのうと幸せに生きてるというのが 納得いきませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初めて同人ゲーに手を出しましたが、
本当に素晴らしい作品だと思いました♪

読んだ後の虚無感というか余韻というか
読み手が腑抜けになってしまう感覚は良いですねw

読み物ででそういう 読み手が抜け殻になってしまう位の
印象を植え付けてくれる物に中々 めぐり合えて無かったので
私は満足です!

こういう強烈なメッセージを含んだ作品を読んだ後
考察サイトを巡るのが好きだったりするのですが、
今回の「ファタモルガーナの館」はそれが無くて凄く残念です・・・。

そして、是非CS化して欲しいですねー
VITAとか手軽にプレイしたい・・・・

なんか、FDとか望まれてるっぽく
公式サイドも乗り気みたいなのですが、
本編がここまで 綺麗にまとまってるので

FDとか続編は無くとも良いんじゃないかな?と思ってます。
それくらい完成度の高い作品です。


ぜひ、未プレイの方は手にとって頂きたい作品ですね。



※以下ネタバレ※











Category:ファタモルガーナの館 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |