RSS|archives|admin

十三支演義 偃月三国伝2

2015.10.24 Sat

jyuuzavita2.jpg
「十三支演義 偃月三国伝2」の感想です。
VITA版は1&2が一本のソフトにまとめて入ってるので
お得です。

私は乙女ゲーのFD、続編という物にはあまり手を出してないので
続編とかあまりピンと来てなかったのですが、
個人的には1作目の方が楽しめました。

というか、1作目のクオリティーを維持出来ないのであれば
最初から続編とか作らない方が良かったと思ってます。

もちろん絵、音楽、声 良かったのですが、
肝心のシナリオ、設定と プレイしてて 悲しい気持ちになりました。


【システム】
前作と同じくノベル型乙女ゲー
jyuuzavita2_2.jpg
2から初回プレイ終わって冒頭からプレイをしなおすと
キャラクターの個別ルートへ行けるので便利でした。

1で苦戦した「桃園」システムは
今作はそこまでシナリオを集めるのに苦労はしませんでした。


【シナリオ】
劉備ルートの続き、
ヒロイン関羽が誰とも結ばれてないという設定でスタート。

ヒロインが誰とも結ばれてない設定なので
1で既に解決したキャラクターの問題が未解決になってたりして
正直 くどいなぁと感じる部分が多々ありました。

それだったらFDで個別ルートの続きだったら楽しめたかと思います。

1とは 毛色が若干違います。
個人的に2は合わなかったです。

残虐行為の好きなキャラや病んでるキャラが多くなりました。

正直 CGに大分助けられてると思います。
CGは美麗なので凄く惜しい(。 >Д<)



【キャラクター】
1と比べてキャラクターが残念になってしまった感じがします。
ですが、おまけの広報部の関定と蘇双のやり取りが面白かったw
声出して笑ってしまいましたw
特に関定!w


jyuza_v_tw1.png
ヒロイン関羽、今作で彼女の事好きなれませんでした。
1の時の彼女も武人でありながら 戦の認識が甘いというか
猫族特有の平和ボケ気質なのは 思う所がありましたが
今作の彼女はただただ恋愛しか頭に入ってなくて残念でした。
ルートによって嫌いになってしまう事も。

私の攻略順は
①劉備
②張飛
③張遼
④趙雲
⑤夏侯惇
⑥曹操
⑦諸葛亮
⑧周瑜

jyuza_v_tw2.png
劉備

なんかクドいルートでした。
1の時に子供の姿へ戻ってしまい
「いつか」本当の姿に戻れると良いね、みたいな終わり方だったので
大人の姿へ戻れたのは良かったと思います。

ただ、クドかったです。
邪悪モードの劉備が出てくる→関羽が叱咤→もう邪悪モード出ない様にする
の繰り返し。

結局最後の最後で「呪われた自分も受け入れる」って1で受け入れたんじゃ無かったの!?

他のルートでも
ちょくちょく邪悪モードが出てくるので、なんか解決してない気持ちになって
モヤモヤ。

jyuza_v_tw3.png
張飛
1の終わり方の方が好きでした。
というか、1の中で一番好きなエンディングだったので
個人的には物足りないというか

でもヒロインを「姉貴」から「関羽」って呼ぶ所は良かったです。
1では割と最後まで「姉貴」呼びでしたからねー

でも、やっぱり1の方が好き。

jyuza_v_tw7.png
張遼

終わり方は好きだけども、関羽が嫌いなルート。

自分の好きな人の存在を消させない為に
他の何万何千という命を犠牲にする思考に付いていけ無かった。

シナリオにイライラしてたのですが、
妖怪を浄化させる為に千年も関羽が眠りについて
張遼が傍で見守ってる終わり方は好きでした。

関羽目覚めても周りには知らない人ばかりという
孤独も味わってしまうと思うので
ハッピーでも若干悲恋っぽい。


jyuza_v_tw4.png
趙雲
1のもどかしい恋愛から
2では割りと初期から相思相愛な感じでしたー

ぬくぬくと一緒に寝てるシーンは
恋人というより猫と寝てるみたいな感じで
ほのぼのw


jyuza_v_tw6.png
夏侯惇
2の中では割と恋愛シーンは楽しめました。

女性慣れしてないから
ちょっとした事で 焦ったりする 夏侯惇可愛かったですw
照れてる顔を見せて欲しいって迫るシーンは好きw

ただ、やっぱり1のルートの方が好みでした。


jyuza_v_tw5.png
曹操
1では他のルートでは覇王のオーラがありつつも
部下の面倒を良く見る良い武将だったのに
2では他のルートでも病みっぱなしで、ただただ混血の血に執着する危ない人になってしまって 凄く残念です。

専用ルートでも
病んだり、ヒロインと真に絆を深めて治ったと思ったら
何かのスイッチが入ったみたいに 振り出しに戻って病んだり
2の曹操さんは萌える要素がありませんでした。

ルートの展開もヒロインは病んだ曹操を止める為に多くの犠牲を出したから
曹操の隣に居られないという トンデモ発想で彼の元を離れ
3年間偽名を使ってひっそりとどこかの村へ住み、
3年間の間に村人と築いた絆が描写されてたのに 猫族だとバレた瞬間 差別と手の平返し、そこへ曹操がお出迎え、の急展開についていけませんでした。

え?離れ離れになる描写必要?相手が精神 病んでる人なのに?
村人との差別描写必要でしょうか、とってつけた様なシーンで白けました。

1の病んだ曹操もイマイチ私にはハマれ無かったので
あの病んだ曹操がヒロインの支えによって 立ち直ったシナリオが見たかった。

もう悲しすぎて 1の別ルートの曹操さん網羅しました・・・。


jyuza_v_tw8.png
諸葛亮
初期の頃に甘い考えを持つ猫族への叱咤とか好みw



jyuza_v_tw9.png
周瑜
スコティッシュフォールドみたいな耳の猫族。
お色気要員。

金目の血の呪いの病なのか、
一族が少ない近親交配のせいなのか、
短命の猫族という設定。

結ばれた後も短命ゆえに 何時まで生きられるか分からないという
悲恋要素を含んでます。

ちょうりょうと同じで終わり方は好きなんですが、
ヒロインの行動に付いていけなったです。
病が移っても構わないから 周瑜を支えるという考えは分かるのですが、
血を含んで自らその病を移す行動はちょっと理解出来ませんでした。

これから家族を作っていこうと思ってる人が
自分の子供を周瑜の幼少期と同じく孤独体験をしても良いと思ってるんでしょうか
子を残すのであれば せめて自分だけでも長生きして育てようと思うのでは?

【不満】
個人的に1の方が良かった
シナリオもキャラクターも全て。

1は凄く楽しめたので
2を読み進めていくうちに 段々と悲しくなってしまって
コンプした後1のルートを複数プレイし直しました・・・(/´△`\)

本当にスチルは綺麗なのに勿体無い!勿体無い!
もちろん 好みの問題だと思います
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
散々 記事内で書いてしまってるので割合。

VITA移植版は1&2が1本で遊べるので
お得ではありますが、
ゲームで楽しめたのはその半分だけでした。

私の好みが合わなかっただけかもしれませんし、
1は良作だと思うので
気になる方はプレイしてみて下さい。

Category:十三支演義 偃月三国伝2 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |