RSS|archives|admin

華アワセ -唐紅/うつつ編-

2015.11.28 Sat
hanawassanbanme.jpg
「華アワセ -唐紅/うつつ編-」の感想です
画像のキャラソンも杉山さん目的で毎回買ってました。

前作と前々作では割と考察しつつ
キャラクターの恋愛模様を見て萌えてと
非常に楽しませて頂いたのですが、

今作の「唐紅/うつつ編」は悲しい想いをしました。
物語自体は面白かったです。
ただ、楽しく無かったです。

前々作 「華アワセ-蛟編-」の感想はこちら
前作 「華アワセ-姫空木編-」の感想はこちら


私が楽しく無かったと感じたのは
「唐紅/うつつ編」とタイトルにあるにも関わらず、
メインである唐紅とうつつは いろはの前座扱い。

というか 踏み台扱いの様な印象を受けて私は気分が悪くなりました。

「いろは編」の発売が決定してるのであれば
いろはは その時まで取っておいて欲しかったです。

シナリオライターさん、もしくはスタッフさんの好みなんでしょうか?
確かにシナリオ自体のコンセプトや見せ方は面白かったけど
だったら(何度も言いますが)「唐紅/うつつ編」って付けて欲しく無かったです。
キャラクター贔屓みたいなのを感じたのでいっきに冷めてしまいました・・・

しかも今作を予約したのも2012年で、
あんだけ待ってコレ?という色々な感情が積み重なってます。


【システム】
前作同様、ノベル型乙女ゲー+作業あり。

もう何度も何度も思う事なのですが、
花札バトルが苦痛です。

もう連戦の時なんて水増し?って思ってしまうほどに
うんざりしてました。

前作より敵に攻撃が通りにくくなった気がします、
だから余計ストレスに。

もうバトルについては不満しか無いので言う事無いです。

周期プレイは前作より親切になりました!
別エンド分岐もすぐにたどり着けるので
そこは素晴らしいと思いました。


ネタバレやら、愚痴やら暴言やらあるので畳みます。

Category:華アワセ ―唐紅/うつつ編― | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |