RSS|archives|admin

吉原彼岸花

2015.12.12 Sat
yoshihiganbana.jpg
「吉原彼岸花」の感想です!

※大人向けの作品ですので苦手な方はご注意ください※

目当ての声優さんという訳でも
特にお気に入りのライターさんが関わってるという訳でも無いのですが、

サンプルの文章を読んで地の文がしっかりとしてたので、
発売前から気になってて予約してました!

・・・・なんですが、予約したというのに
実際遊んだのはずいぶん後なので予約した意味は??って感じです・・・

「遊郭」「花魁」「吉原」をテーマにした乙女系作品多いですねー


【システム】
ノベル型乙女ゲー。

地の文あり。
似たような表現とか見られる所は多々ありましたが、
丁寧に描写されてて 読んでて楽しかったです♪

やっぱり読み物系は地の文しっかりしてると
読んでる実感が持てて好きです。

台詞のみの乙女ゲーだと物足りなさを感じてしまい、
くどくどと同じ話題を (読者に分からせる為に)繰り返してると
読み手として退屈に感じてしまって 強制スキップしちゃうんですよねー・・・(´・ω・`)

攻略制限あり。
真相ルート(?)あり。

大人向けの作品なので 当然ベッドシーンはあるのですが、
シーンは長めというか スチルが多数あります。
今まで遊んだ大人向け乙女ゲーだと 平均で1シーンにつき2スチルだったのですが、
「吉原彼岸花」は1シーンにつき 平均3~4スチル位ありました。

文章も割と艶めかしく表現してるので苦手な方は要注意です。

イラストも綺麗で ヒロインとかの肉感的に書かれてて色っぽかったです。
少女漫画みたいに 手足が棒みたいに細いと
ベッドシーンが蜘蛛やカマキリみたいに見えちゃうんですよね・・・
※星の王女 光のつばさで まさにそう見えました※
やっぱりムチムチした女性の方が健康的で好きです

共通ルートは短め。
初回を終えるとほぼスキップ出来るのですぐに個別ルートへ行けます。
キャラを攻略するごとにそのキャラのシーンが共通ルートに追加されていきます。


【シナリオ】
タイトルやイメージイラストを見ても明るい内容では無い事は想像出来ます。

ヒロインも花魁という事で
他の乙女ゲーのヒロインみたいな純真無垢では無い所が新鮮。

読んでいて雰囲気がなんとなく「蝶の毒 華の鎖」に似てます。

ただ、
「彼岸花」ってタイトルのエンディングがなんとなく蛇足に思えてしまいました。
一応 真相ルートらしいのですが
そこで明かされる真相は別ルートでも予測出来る事ですし、
ヒロインが吉原で働く経緯の真相とかは 惣一郎のベストエンドで知る事が出来ます。

蝶毒みたいに気持ちよく終わらずモヤモヤとした気持ちになります。

※ネタバレやら長くなるので畳みます※



Category:吉原彼岸花*R18 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |