RSS|archives|admin

朧村正 DLC第四弾 元禄怪奇譚 『角隠し地獄女』

2016.11.05 Sat
oboromuramasa_tsunokakushi01.jpg
朧村正 DLC第四弾 元禄怪奇譚 『角隠し地獄女』の感想です。

こちらの鬼娘編に
杉山紀彰さんがご出演されてるのでとても楽しみでした!(*´ω`人)


本編の朧村正の感想記事はこちら
第一弾 『化け猫』の記事はこちら
第二弾 『一揆』の記事はこちら
第三弾 『白蛇』の記事はこちら
いよいよ朧村正 追加シナリオ最後です。
長かった・・・本当に長かった。
本編をプレイし始めたのが今年の4月で鬼娘が終了したのが9月。
DLCは一ヶ月に一回のペースでプレイしてきたとはいえ
朧とは長い付き合いでした。


oboromuramasa_tsunokakushi03.jpg
一応ここまではプレイしました。
「死狂」「○時間以内攻略」は私の技術的に無理なのと
(キャンセル攻撃が出来ない・・・(´・ω・`))
「魔窟」とか 何度も同じ敵を討伐するのが苦痛で
コレ以上は無理だろうな・・・・

朧は楽しいのは楽しいのですが、
全ボス討伐や魔窟が苦行以外の何者でも無いので
非常に惜しい作品だなと思いました。
oboromuramasa_tsunokakushi07.jpg
個人的に毎回キツイな、って思ったのは「鵺」です。
「大鬼」も面倒なんですが、鵺はもっと面倒。

雑魚で一番嫌だなって思ったのは
赤鬼、青鬼、そして名前忘れましたが、
牛と馬の鬼・・・・_(: 3 」∠)_

oboromuramasa_tsunokakushi02.jpg
鬼娘 羅邪鬼を操作するのですが、
DLCのキャラの中では一番火力があり
多少癖がありますが、ボス討伐に苦労する事はありませんでした。





※ネタバレ含むので畳みます※



Category:朧村正 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

朧村正 DLC第三弾 元禄怪奇譚 『七夜祟妖魔忍伝』

2016.09.24 Sat
oboroorochi01.jpg
朧村正 DLC第三弾 元禄怪奇譚 『七夜祟妖魔忍伝』の感想です。

本編の朧村正の感想記事はこちら
第一弾 『化け猫』の記事はこちら
第二弾 『一揆』の記事はこちら
今回は白蛇を攻略しました!

この白蛇編は旅行中(主に飛行機の中)でプレイしました!
あまり外でゲームはしないので、
ドキドキしながらプレイ、しかも飛行機のエンジン音とかで
音声があまり聞こえなかったのが残念(。>Д<)



【システム】
前回の一揆編と比べて めちゃくちゃ楽でした!(*´ω`*)
嵐丸の技は癖があり、敵によって苦戦する事はありますが、
技が派手で使ってて楽しかったです♪

クリア時間は「化け猫」「一揆」よりは早くクリア出来ました。
化け猫より便利なファストトラベルあり、
一揆より使い易いキャラだからだったと思います。

今回のDLCでもお馴染みの全ボス討伐がエンド2条件なのも
疲れました・・・。

この全ボス討伐条件で
続けてクリアする気力が沸かないです・・・。




※ネタバレ含むので畳みます※



Category:朧村正 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

朧村正 DLC第二弾 元禄怪奇譚 『大根義民一揆』

2016.08.20 Sat
oboro_ikki01.jpg
朧村正 DLC第二弾 元禄怪奇譚 『大根義民一揆』の感想です。


本編の朧村正の感想記事はこちら
第一弾 『化け猫』の記事はこちら
今回は一揆編を攻略しました。

【システム】
今回は攻略に苦労しました。
キャラクターの設定が貧乏な百姓なので、
お金が貯まらない。
oboro_ikki02.jpg
回復アイテムゴリ押しが出来ないのが辛かったです。
今までの主人公と違い普通の人間なので
回避など思うように動かせず
「おっとっと」とバランス崩したり ズサーとこけたりするので
操作してても 爽快感はありませんでした。

2章の力士のボスが難敵で
スキルや力を手に入れる為に
マップを行ったり来たりしながら レベル上げしました。
私はレベル17でようやく倒せる事が出来ました。

ある程度レベルを上げれば初期ほど苦戦する事は無いのですが
それでも今までの主人公よりは 苦戦しました。


oboro_ikki03.jpg
キャラクターも完璧に見た目がモブキャラw
朧の主人公の中で異色な存在だと思います。


クリア時間は化け猫とほぼ同じ。

ただ、一揆クリア後の「全ボス」討伐で
ステージに入ったらボスの鳥居にワープ出来る様になったのは有難いです!

本編ではワープ無し、
化け猫からはボスを討伐すると 帰りにワープが出来る様になり、
一揆からは ボス直前&帰還もワープ可。

本編とか化け猫にも実装して欲しかった!(。>Д<)


正直 全ボス討伐は楽しくないです・・・。




※若干ネタバレあります※


Category:朧村正 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

朧村正 DLC第一弾 元禄怪奇譚『化猫-津奈缶猫魔稿-』

2016.07.30 Sat
genrokukaikidan01.jpg
朧村正 DLC第一弾 元禄怪奇譚『化猫-津奈缶猫魔稿-』の感想です。

本編の朧村正の感想記事はこちら
過去記事にも書きましたが、
朧村正のベスト版はDLCが全部収録されているので
プレイしてみました。

oboro_bakeneko01.jpg
トロフィーも追加されてます!

【システム】
本編と同じく2D横スクロールRPG。
今回の武器は刀では無く化け猫がの変化によって
攻撃バリエーションが増えました!

oboro_bakeneko02.jpg
攻撃力は低いけど
可愛さで言ったら「三毛」モードが一番ですね!
うにゃうにゃ言ってて可愛いです(*´ω`*)

oboro_bakeneko03.jpg
今回のマップはこんな感じ。
百姫、鬼助の全ボスを倒さないと化け猫編のエンド2が見れないので
一発で討伐したかどうか分かるのが親切でとても良かったです。

出来れば本編もアップデートでこの機能を追加して欲しかった。

初見で化け猫編エンド1のクリア時間は3時間ほど。
エンド2のクリア時間は11時間ほどでした。
プレイ時間の大半はボス討伐、
移動時間やら雑魚討伐やら色々です。

ボリュームある様に見えますが、
正直水増し感があります。


※若干ネタバレあります※




【シナリオ】
DLCという事で本編シナリオと関係ないのかと思ったら、
ガッツリ絡んでました!

エンド1:
陣九朗の病の元凶が化け猫の呪いでした、というオチ。
本当にちょぴっとしか登場しなかったのですが、
本編と関係ない 独立したシナリオだと思ってたので
かなりビックリしましたし、変なテンションになりましたw

猫又のしっぽを切り落とされ化け猫の妖力が無くなってしまったけど
ほっかむりを被って 村のネコと一緒に 宴を開催しながら
楽しんでる姿は 普通に可愛かったです♪

エンド2
百姫編と鬼助編のボスを全部討伐という苦行を終えた後に
解放されるエンディング。

本編とは全く関係無い独立したIFのお話し。
和尚の頓智(化け比べ)で 豆に変化してみろと言われ
そのまま 化け猫が豆餅にされて和尚に食べられてしまう終わり方。

えー(゜Д゜)
あの何時間ものの苦行を耐え抜いた後に見るエンディングじゃない!

むしろ、エンド1と2を逆にするべきだったのでは?

どのタイトルか忘れたのですが、
日本の昔話で見た事あるので オマージュでしょうか。


【不満】
ヴァニラウェアさんの作品は好きなのですが、
「ボスを別キャラで討伐」を強いられる事が多いので
同じ事を繰り返すのが嫌いな私には苦痛でした。

他の追加シナリオも同じようにまた
ボス巡りをしなきゃいけないのかと思うと憂鬱です。
短いながらもシナリオは面白いのに
勿体ない。

追加シナリオなんだから最初から 全マップへ行けるようにして欲しかった。
いちいちマップ埋めとかも面倒でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
取得出来てないトロフィーも沢山ありますしが、
DLC第二弾に移行しようかと思ってます。

上記にも書きましたが、
エンド条件が面倒なので 腰が重くなってしまってますが、
まったり遊ぼうかと思ってます。

ポチポチゲーが無性に遊びたくなる時があるので
その時に魔窟巡りをしてみようかなって思ってまーす♪

Category:朧村正 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

朧村正 VITA版

2016.06.18 Sat
oboromuramasaVITA00.jpg
「朧村正(VITA)」の感想ですー♪

実はこちらの作品購入した直後にPS+のフリープレイに来ちゃいまして・・・w
まぁ、お気に入りの作品はフリプに来ても購入し直したりするので
まぁ、いいか(*´ω`*)


oboromuramasaVITA.jpg
私は追加シナリオDLC入りのベスト版を購入!
本編のやり込み要素の事を考えたら結構なボリュームです。

※今回の記事は本編の感想のみです。DLCの感想はプレイしてから後日。※

さて、朧村正を購入した切っ掛けは
最近プレイした「オーディンスフィア・レイヴスラシル」の影響です。
当初この作品はWiiで発売されてたそうなのですが、
ごめんなさい。全く知りませんでした・・・。

VITA版が出た頃に評判はとても良かったのは覚えてるのですけども、
ドラゴンズクラウン」をプレイした影響で中々 購入に踏み込めませんでした。
ドラクラは楽しいゲームなのですが、シナリオが無いに等しい作品なので
同じ開発会社の作品は皆シナリオが無い物なのかと 勘違いしてました。

オーディンスフィアをプレイして、
フォロワーさんから「朧村正もシナリオ良いよ!」ってお勧めされ
今に至ります!

購入して良かったです♪


【システム】
2D横スクロールRPG
もうヴァニラウェアさんの十八番ですね。

オデンやドラクラの西洋な雰囲気とは真逆な
和風な雰囲気で こちらも素敵です♪
oboromuramasaVITA01.jpg
マップはこんな感じ。
2Dのステージでもプレイヤーを飽きさせないように
色々細かい演出設定があったりと拘りを感じます。

2人の主人公それぞれ別のシナリオが用意され
通常エンド
エンド2
真エンド

合計6種類のエンディングが用意されていて
やり込み要素もあるので ボリュームはタップリです。
私はやりこみ無しの2人の真エンドを見るのに大体25時間位かかりました。

トロコンはアクションの腕に自信がある方じゃないと難しいかもです。
ダメージキャンセル試してみようかと思ったのですが、
なかなかコツが掴めず私には無理でした・・・。

oboromuramasaVITA02.jpg
108本の刀を集めるという設定上
レベルが上がれば すぐに別の刀に替えてしまうので
武器に愛着が沸く事も無い上に作るだけ作って 使わないのがほとんどでした。

刀をとっかえひっかえ使うというシステムなので
パリンパリン折れます。

オデンやドラクラみたいにポチポチと
爽快感のあるアクション性は無く
折れた刀の復活時間 いかにダメージを受けないか、
もしくは折れない様にどう立ち回っていくかとスリルがあるタイプです。

私はどっちかって言うと
爽快感を求めてしまうので戦闘はオデンの方が好きでした。


ただ、2人主人公なので
クリア後のやり込み要素を抜かせばステージボスが被る事が無いので
「またコレと戦うの!?」て事にはならなかったのは嬉しいです♪
オデンはシナリオは好きなんですが、何度も別キャラで同じボスと戦うのは
ちょっとキツかったです。

oboromuramasaVITA03.jpg
ヴァニラウェアお馴染みのお食事♪

料理の表現が凄いんです!

夜中お腹空いてる時にプレイしてたら
飯テロですよ (*`ω´)9

お餅のぷるるんとした質感とか
一口一口食べる度にぷるんぷるんと!!!

とても美味しそうでした・・・。

ただ、残念なのはお食事の必要性があまり感じられない所でした。
オデンみたいに経験値とかだったら 嬉しかったのになー。


【不満】
上記にも チラホラと書いてありますが、
私が今回最も不便だなって思ったのがマップです。

「目的地」と表記されるのですが、
道が入り組んでると一昔前のカーナビみたいに
融通が利かないので ミスリードにもなってしまうし 割とイライラしました。

やり込み要素も
何が済んでるかとか 分かり辛いのもマイナス要素でした。

あと戦闘はやっぱり爽快感欲しかったかな。



※キャラクターについてはネタバレも含めるので畳みます※

Category:朧村正 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |