RSS|archives|admin

ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚

2016.05.28 Sat
tenbin.jpg
「ニル・アドミラリの天秤」の感想です

実はこの作品はタイトルロゴに一目ぼれして予約購入ました!
イラストも色合いも柔らかで凄い好みでしたー

予約して大分経った後に
ライターさんが「プリンセス・アーサー」「戦場の円舞曲」と同じと知って
ちょっと身構えましたw

イラストレーターの方もディアラバの方だとは知らなかったです。
というか、塗りのタッチが違うと印象も大分違うんですねーw(゜0゜ )w

皆さん本当にお詳しいですね!
私の悪い癖は購入を確定した作品はあまり調べないので
まったく乙女ゲーは誰が関わってるとか あまり分からないです・・・

一般ゲーだったら なんとなく入ってくるんですけどもねw
tenbin1.jpg
一目ぼれで予約したものの、
通常版ですー。

実は今回の作品 感想がとても書きづらいです。
クリアしたはずなのに。読み飛ばしも無かったはずなのに、
どういう作品だったか記憶にあまり残ってません。

詰まらない訳では無いのですが、
特に面白いとも思わない。なんか無味無臭なモヤモヤとしてスッキリしません。


【システム】
ノベル系の乙女ゲー。
特にこちらは特筆する事も無いです。

ただ、面倒なトロフィーありです。
「短編小説」集めで 弟ヒタキに解放条件が
隠しルートの「汚れたシャツ」(題名うろ覚え)の選択肢を選ぶと解放されます。

あと一つなのに埋まらなくてグルグルグルグルしてました。

攻略制限ありです。
メインヒーローである隼人は5人攻略した後で無いと解放されません。
隠しルートも存在しますが、ほぼ隼人ルートだったのが残念です。


【シナリオ】
大正時代が舞台設定という事なのですが、
あくまで「大正風味」であり 細かい設定や作りこみなどありません。

個人的には「蝶の毒」みたいに
「お姫さん」という言葉を「おひいさん」って呼んで欲しかった!

あの当時ああいう呼び方をしてたのか分からないのですが、
独特な雰囲気を醸し出してて好きでした。

当時の時代背景に全然詳しくはありませんが、
細かい所も拘って作り込んで欲しかったです。

折角レトロで落ち着いた色合いの作品なのに
ちょっともったいないなーって思いました。

大まかなシナリオに関しては
もうちょっと 整合性を大事にして欲しかったです。

それは「カラス」の存在と「ヒタキに影響を与えてしまった黒幕」
攻略制限を作ったわりには カラスについて革新的な事に触れる訳でも無く。
隠しキャラをクリアした後はカラスの存在意義とは??ってなりました。
クリアしてもスッキリしないというか、
物語に一貫性が無いと感じてしまいました。

フォロワーさんもおっしゃってたのですが、
ニルアドは官能的、艶やかさ、色っぽさというよりは
「エロい」という言葉が適切です。

オトメイトにとって今作は挑戦であり、
プレイヤーさんの反応によって
こういう直接的な表現の作品が増えるのかもしれませんね。

ニルアドの恋愛シーンで感じた事は
「シチュエーションCD」っぽいです。
即席ラーメンっぽいというか。

シチュCDはシチュCDでとても楽しいんですよ
ラブラブチュッチュして 短時間で甘い台詞とかシーンが凝縮されてて
手っ取り早く堪能出来ます。
シチュCD好き(ただし、好きな声優さんに限る)!いやっほーい!(*´ω`*)

ただ、
乙女ゲーでは もうちょっと丁寧に書いて欲しいというのが本音。
特に 色っぽい展開とか がっつき過ぎるとチープに感じてしまい
萌えるより冷めてしまいます・・・。

シナリオ展開も大きな山場も無く緊張感がありません。
ヒロインのツグミは 実家でも職場のフクロウでもチヤホヤされ
ずっと優しい人達に囲まれてるので
彼女の奮闘だとか葛藤だとか成長があまり描かれておりません。



ネタバレも含むので畳みます。

Category:ニル・アドミラリの天秤 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |