RSS|archives|admin

鏡界の白雪

2016.06.25 Sat
kiyokainoshirayuki.jpg
「鏡界の白雪」の感想です。

絵も癖がありますし、
作品のコンセプトに惹かれた訳でも無く
完全に声優さん目当てでの購入です。

多分この絵で購入を控えてしまってる方もいらっしゃるかと思います。
「プレイして絵が気にならなくなった」とか
「世界観に合ってる」と割とハマった方には好評みたいなのですが、
ごめんなさい。私には最後まで馴染みませんでした。

こちらの作品を予約して購入されてる方は
元々良い印象を抱いてる方が多いのでは無いかなー?
と予想してます。


私には印象が上がったり下がったりまた上がったりと複雑でした。


【システム】
ノベルゲー。

共通ルートは短め。
1時間位で個別ルートへ行けます。
個別ルートも 割と短め(初回3~4時間位)で割りとコンパクトです。

クリア後にチャプターからジャンプが出来、
好感度や罪罰などの高い低い設定から再開出来るので
バッドエンドやアナザーエンドの回収は快適です!

ノベルゲーってシナリオ回収の時間が地味に掛かるので
こういう親切設計な部分は好感が持てます!

効果音も鏡が割れる音が設定されてて細かくて
開発側の気配りを感じます。

攻略制限ありです。

オマケの八白ラジオが大好きです!(*´∇`*)
本編に色々思う所もあり、
色々モヤモヤしてて こちらの作品を知り合いとかに
お譲りしようかなって思ってたのですが、
オマケのラジオで手元に残そうと思いました。

なので、私にとっては
鏡界は 本編<オマケです。

本編では絡まなかったキャラ同士の会話が
面白い!楽しい!声出して笑いました♪


【シナリオ】
こういう絵柄の作品だからこそ
シナリオで勝負してるのかな?と思いきや
キャラゲー、雰囲気ゲーです。

フルコンしても所々気になった所が解決する訳でも無く、
謎が謎のままの部分も多いです。

そもそも初回からプレイして何故「罪罰」システムが
入ってるのか分からないまま進むので
深い事は考えず雰囲気を楽しむタイプの乙女ゲーです。

作品のコンセプトは心の奥に潜む「狂気」だったりするのですが、
狂気というほど狂気では無いのが拍子抜けでした。

DODシリーズ、ニーアもしくは
Dies Iraeなどにも出て来るレベルの狂気を期待してました。

乙女ゲーという媒体を考えたら そういう突き抜けた狂気をテーマにしたら
引いてしまうと思うのでしょうが、
もうちょっと冒険して欲しかったかな。

最初の3~4人までは普通に楽しめてたのですが、
似たような展開やパターンが多く途中で飽きてしまいました。

いつもは目当てのキャラは最後に取っておくのですが、
早々に目当てキャラを攻略すれば良かったと、初めて後悔しました。

恋愛描写の地の文も
もうちょっと細かければ私はハマれたかもしれない。




ちょっと長くなるので畳みます。

Category:鏡界の白雪 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |