RSS|archives|admin

レンドフルール

2016.08.13 Sat
Reindes02.jpg
「レンドフルール」の感想です。

実はこちらの作品のプレイ切っ掛けは
今年2016年 オトパの出演作品の一つだったからです。

元々こちらの作品の評価は賛否両論だという事は
存じ上げておりました。

√Letter ルートレター」をプレイした後だったので、
乙女ゲーで癒して欲しくて プレイしました。

Reindes01.jpg
同じ制作(?)の「ワンドオブフォーチュン」も気になってたのですが、
作業ゲーだと聞いて なかなか手が出しづらくて・・・
いつかプレイしてみたいと思ってます。


【システム】
ノベル系の乙女ゲー+アドベンチャーの様な
尋問パート的な要素あり。

この尋問パート「ラヴィール」システムがかなり面倒です。
オトメイトの作品って なんかしら
ゲーム性を入れてくるんですが、周回プレイにはとても面倒。

尋問パートも、選択肢分岐もほぼ変わらないのだから
「ラヴィール」は要らないと思いました。

作品の8割はバッドエンドと言っても過言では無いです。
「愛情エンド」「忠誠エンド」と二種類あるのですが、
正規エンドでもバッドエンドにしか見えないものもあり、
メリーバッドが好きな人向けかもです。

とにかくバッドエンドの分岐が細かく
エンドリスト回収は作業です。

前半や共通ルートではコメディ色も強く
和やかな雰囲気から一変して
暗いイベントが続くので 苦手な方はご注意を。

攻略制限ありです。

プレイした感覚ではまるで少女漫画みたいだなっと思いました。
イラストも細やかでとても綺麗です。

個人的には 近藤隆さんの演技が聞けて良かったです。
あの迫真の演技を聞けただけでも、レンドを遊んだ価値がありました!


※ネタバレも含むので畳みました※


Category:レンドフルール | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |