RSS|archives|admin

大正×対称アリス all in one 「epilogue」

2016.10.15 Sat
taiariep04.jpg
大正×対称アリス all in one 「epilogue」の感想です!

EpIの感想記事はこちら
EpIIの感想記事はこちら
EpIIIの感想記事はこちら
前回 この世界の謎が明かされ
今作は風呂敷を畳む回。

物語全体を見て ノベルゲーでは面白いけど
やっぱり乙女ゲーとして 受け入れられない部分も沢山あり
最後まで 合う合わないが激しく分かれる作品だなと感じました。

一人の攻略対象、特定のカップル萌えの方には
割と辛い シナリオ展開だと思います。

このシリーズはキャラ萌えとシナリオを切り離して
楽しむ事が出来たので、
私にとっての第二の華アワセにならなくて良かったなと思いました。

何度か別の作品の記事でも書いているのですが、
必要以上にキャラクターに愛着持ってしまうと
真相ルートの為に 他のキャラやルートを踏み台にしてしまう
作品はどんなに内容が面白くても 好きになれないのです。

対アリは キャラクターに魅力は感じますし、好きなのですが、
丁度良い距離を保てたから シナリオに集中出来ました。


【システム】
前回と同じ。
ルートは一つのみ。

Ep1~Ep3までのシナリオを集約させた作品です。
各Epの後日談も交えているので
一つのエピソードに思い入れのある方には
辛いかもです。

グランドエンド、
グッドエンド、
バッドエンドが存在。

バッドエンドはともかく
グランドエンドとグッドエンドの内容に大差無いのが残念。

クリア後に現実世界の百合花視点が見れるエピソードが解放されます。
百合花の行動の真意が知れるのは面白かったのですが、
結局彼女の行動が原因で アリステア、
グレーテルや魔法使いを傷つけてしまった事には変わりは無いので
共感は出来なかったかな。

乙女ゲーのヒロインなのに
百合花が黒幕、ラスボス臭がするんですよね。
全部 彼女の思惑通りに事が運ばれてるので
最後まで 彼女に対して怖いという印象は拭えませんでした。





※ネタバレを含みますので畳みます※

Category:大正×対称アリス all in one | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

大正×対称アリス all in one 「Episode III」

2016.09.17 Sat
taiariep03.jpg
「大正×対称アリス all in one ~Episode III~」の感想ですー

EpIの感想記事はこちら
EpIIの感想記事はこちら
前回の内容は面白かったのですが、
読むのが辛くなってしまって
「このまま こういう部類の話しが続くのかな」と身構えてたのですが、
EpIIIはそんな事も無くほっと胸を撫で下ろしております。

EpIIIという事で真相ルート。
色々 過去のルートで疑問に思ってた事がほぼ回収されたのが
読んでいて気持ち良かったです(*゜ω゜*)

ただ、やっぱり このシナリオ展開は乙女ゲーより
ノベルゲーというジャンルで出した方がしっくり来る気がします。


【システム】
過去のEpと同じく
ノベルゲー。

今回から攻略制限ありです。
白雪ルート終えてから魔法使いルートが解放されます。

正直 乙女ゲーやギャルゲーで真相ルートなどで
攻略制限があるのは 好きじゃないのですが、
この作品は恋愛内容自体に興味がある訳でも
萌える訳でも無いので シナリオを純粋に楽しむ為に必要な制限だと感じました。






※ネタバレも含むので畳みます※

Category:大正×対称アリス all in one | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

大正×対称アリス all in one 「Episode II」

2016.09.10 Sat
taiariep02.jpg
「大正×対称アリス all in one ~Episode II~」の感想ですー


EpIの感想記事はこちら
EpIの時は最初から最後まで楽しんでいたのですが、
1とは雰囲気が打って変って全体的に病んでます。

前回以上に好き嫌いが絶対に分かれるシナリオ展開。

ノベルゲーとしては非常に興味深い展開で面白いけど、
乙女ゲーとしては楽しくは無かったです。


【システム】
Ep1と変わらず。
共通ルートから即個別ルートへ分岐。

Ep1ではガツガツと肉食系女子全開だったヒロインですが、
今回のEp2では受け身で キスされただけで
オロオロと狼狽えてしまう位 ピュアな女の子になってて戸惑いました。

シリアス成分多めなので
ヒロインのノリが私には不気味に感じてしまいました。

ルートごとにキャラとの関係が変化してるので
「かまいたちの夜」方式なのでしょうか?

「死神と少女」でも思ったのですが、
乙女ゲーというよりノベルゲーだと思いました。

恋愛過程は丁寧では無く
Ep2をクリアした段階のほぼ全ての攻略対象に一目ぼれ、
もしくは最初から ヒロインは攻略対象に恋愛感情を持っているので
乙女ゲーの醍醐味である徐々に互いに惹かれていく
描写がありません。

シナリオは面白いけど
「ヒロインがそこまでする理由はあるの?」と疑問に思う事も多々あるので
それは真相ルートで明かされるのかどうか
注目してみたいと思います。






※ネタバレも含むので畳みます※

Category:大正×対称アリス all in one | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

大正×対称アリス all in one 「Episode I」

2016.08.27 Sat
taiariepi01.jpg
「大正×対称アリス all in one ~Episode I~」の感想でございます。

せっかくVITA移植で「all in one」となって発売されたのに
エピソードごとにレビュー記事を書こうと思っております。

わざわざPCで分割で販売されたのですから
意味があるのだろうと新鮮な 気持ちで感想を綴りたいと思いました
・・・まぁ、記事数を稼ぐ為であるのも否めませんが。

taiarivita.jpg
画像 暗っいですねー
こちらの対アリはずっと気になってたのですが、
いずれ VITAへ移植されるだろうと 予測しずっと待ってました!

あの「死神と少女」と同じライターさんだそうです。
死神と少女はシリアスな印象だったのですが、
対アリのEpIは ギャグよりな作品で
「あれ?こういうテイストのライターさんだったっけ?」と
ちょっと 戸惑ってしまいましたw


【システム】
ノベルゲー。地の文ありです。
イベントスチルは少な目です。

EpIでは 攻略対象が2人でした。
共通ルートも無く即 個別ルートへ移行。

プレイ時間は計って無かったのですが、
1ルートは長くは無いのでサクっと終わる事が出来ます。

ヒロインや地の文がとても独特なので
合う合わないが分かれる作品だと思います。
私は最初は戸惑いましたが、元々田中ロミオさんみたいな独特な
言い回しも 平気(むしろ大好物なので) 気になりませんでした。

ヒロインのノリは「人類は衰退しました」の
「私ちゃん」と 似てると思いました。

乙女ゲーで良く 抱く抱かないだの、
肉体関係などはオブラートに包んだ表現をするのですが、
今作は 直球ストレートに せっくすと使う場面があります。
というかEpIの中で二回位使われてるので
こういう表現や言葉が嫌いな方も 注意が必要かもです。

まだEpIしかプレイしてないので他のEpの事は
分かりませんが、ギャグ成分が多めな作品なので
声出して笑っちゃいましたw

こんなに乙女ゲーで笑ったのは 「カエル畑DEつかまえて」以来ですw

ただ、このギャグ成分多めなのは
後のEpで鬱イベント続く為の伏線なんじゃないのか
若干ビクビクしておりますが、
私は 今のところ 対アリ楽しんでおります٩(*´ω`*)۶



※ちょっとネタバレ含むので畳みます※


Category:大正×対称アリス all in one | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |