RSS|archives|admin

BEYOND: Two Souls

2016.12.10 Sat
beyondps3_01.jpg
「BEYOND: Two Souls」の感想です。
PS+のフリープレイとして配信されてたので
ダウンロードしました♪

実はこちらの作品の内容はすでに
ゲーム配信を視聴して 把握しておりました。
面白そうではあったのですが、エンディング回収が面倒そうだなーと思って
なかなか手が出辛かったです。

なので、フリープレイで遊べて良かったです♪

QuanticDream(クアンティック・ドリーム)の次回作
「デトロイト」は購入予定なので
とても楽しみです!
早く予約させてほしいなー(´・ω・`)

Beyondtroph.jpg

トロコンしました!

不思議な事にPS4の画質に馴れてしまうと
PS3時代のグラフィックの粗が見えてしまうのが悲しいですね。
PS3でも十分綺麗なのですが、馴れって怖い。





【システム】
QTE系のアドベンチャーゲームです。
選択しないのも選択の一つで
そのまま 物語が進みます。

プレイヤーが映画やドラマの登場人物に
手助けをしてあげてる様な感覚です。


アクション要素はありますが、
「カジュアルモード」があるので 本当に指示通りに
操作していけば大丈夫なので 苦手な方も進められます。

ただ、
ゲーム性は皆無です。
ゲームをしてるというより させられてる、
映像を見てる、という割合の方が大きいので

ゲームに物語は不要だという方には向いてない作品です。


一周目のプレイ時間は大体8時間位でした。
周期プレイを推薦してるのに
スキップ機能が無い&エンディング内容はほぼ一緒なので
二周目を進めるのが苦痛でした。

もちろんトロフィーは必須では無いのですが、
歯抜けトロフィーが気になってしまう人は
ちょっとモヤモヤするかもです。

フリーズが良く起こります。
PS3の処理能力の限界なのか、
カクついたり、フリーズする事がよくありました。


【シナリオ】
主人公ジョディの人生を振り返るシナリオ。
幼少期から思春期など さまざまな時期の彼女を見守る事になります。

彼女の成長とともにシナリオ進行して行く訳では無く
あえてバラバラの時系列で進めて行くのが面白く感じました。

細かいなーって思ったのは
ジョディの髪型やメイクがそれぞれの 時代によって変化する所。

ローティーン時代の刺しゅう入りのジーンズとかw
反抗期のパンキッシュな恰好だったり
地味なロングだったり、ベリーショートになったり。
個人的にはジョディはポニーテールが似合うと思う(*´ω`*)
実際の女優さんをモデリングされてるんですよね、たしか。


基本的にジョディが酷い目にあってるシーンばかりで
涙を流してるシーンや悲しそうな顔をしてるシーンがほとんどなので
そういう暗い気持ちにさせられるゲームが苦手な方はご注意。


登場人物の中でコールさんが一番好きです!
あの物語の中で純粋にジョディを家族として見てたのは
彼だけで とても良い人でした♪
ライアンさんもイケメンでした(*゜▽゜*)


【不満】
苦労してエンディング回収しても
結局 巨大インフラワールドが
開いたのを閉じようとする所で終わるので
マルチエンドの意味があまり無いです。

一つのエンディング位ジョディが幸せに暮らして
終わる展開があっても良かったんじゃないかな?


上記にも書いてますが、
スキップ機能が無いので二周目が苦痛です。

これは個人的な好みというか耐性だと思いますが、
子供の金切り声が苦手
ジョディ幼少期に発する彼女の悲鳴は耳障りでした・・・。

実はゲーム配信を見ててこの 悲鳴が嫌で
ゲーム購入を控えてた理由の一つでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スキップ問題だったりとか、
エンディングの結末に代わり映えが無いのが残念でしたが、
インタラクティブなアドベンチャーは楽しかったですヽ(*´ω`*)ノ

特にライアンとのお家デートの準備は楽しかったです♪
ビヨンドのほとんどは 霊体との闘いだったり
CIAやSWATから逃げたりとかするイベントが多かったので
もっと 日常的なシーンをプレイしたかったなー


次回作は色々な部分を改善して欲しいですね!
デトロイト楽しみにしてます♪

Category:BEYOND: Two Souls | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |