RSS|archives|admin

龍が如く6 命の詩。

2017.01.28 Sat
「龍が如く6」の感想です。

桐生一馬の最終章らしく。
シリーズ制作陣はコレが(現段階では)桐生の最後の作品だそうです。

ソレを聞いて寂しさを感じつつも
今作をとても楽しみにしておりました。

が、作品内容にどんどんプレイする意欲が無くなっていきました。
※結構 辛口です※

tugiplaysururyu.jpg
本当は6の前にプレイする予定だった「龍が如く 極」
今思えば コレを先にプレイしなくて良かった。

「極」めちゃくちゃ面白いです!!!
6で沈んだ気持ちを浄化させてくれました♪

ryuomoideseries.jpg
「龍が如く 見参」、「龍が如くOTE」、
「クロヒョウ」シリーズ以外は全部プレイしてきました。

「龍が如く1&2 HD」はPS+のフリープレイで遊びました。

シリーズの中で4が一番好きで
他の作品もシナリオ内容に疑問や不満があっても
魅力的なキャラだったり、サブストーリーだったり、
ミニゲームとかが用意されてたりして
整合性が取れて無くても笑って許せるレベルでした。

今作はシリーズファンを裏切る様な出来です。
キャラクターに愛着ある方にはお勧め出来ません。

FF15ではキャラクターに愛着がある方は楽しめると記事に書きましたが、
龍が如く6はキャラクターに愛着がある人ほど 辛い作品になります。


【システム】
シナリオのみのクリア時間は13時間ほどでした。

龍が如くシリーズの特徴は メインがシリアスで
サブはギャグ路線からハートフルストーリーと幅広く
メインからのギャップを楽しむ物だと思ってます。

コレが本当に良い息抜きなるんですよ!
riyuugagotoku6.jpg
今作ももちろん サブストーリーははっちゃけてるのもあるのですが、
全体的にボリュームダウンした様な気がします。

以前はキャバつくだったり、桐生本人がホストになったりと
ミニゲームもメインと称しても良い位のクオリティーだったり
とにかく「寄り道が楽しい」作品でした。

riyuugagotoku6_2.jpg
例えば楽しみにしてた 「ネコカフェ」情報が出た時はてっきり
キャバつくみたいに 猫をプロデュースして
売れっ子ネコを育てるミニゲー
を想像してたのですが、
猫はただ「集めるだけ」、全部集めても 「眺めるだけ」
ええ?神室町一のネコカフェ経営をするんじゃないの!?とかなりガッカリしました。

普段だったらサブストーリーはコンプ出来る物はするのですが、
今作はシナリオの出来も影響して
あまりこの世界に浸っていたくないと思って 挫折してしまいました。


【不満】
・遥
・シナリオ
・戦闘アクションが不便
・神室町の縮小
・歴代キャラクターの扱い


アクション部分が不便
今までのシリーズに比べ爽快感が減りました。
スキル解放していけば もちろん強くなっていくのですが
桐生の動きがとてもぎこちないです。

更に戦闘後のお金の入手も確率も減ったので金欠になりました。
龍が如くをプレイしてて お金に困った事は無かったので
回復アイテムが買えない事とか、コンビニアイテムの回復量の激変など
システム的に不便に感じる事が多々ありました。

従来のシリーズですと、
ダンジョンに余るほどの回復アイテムを拾う事が出来るのですが、
今回は供給が少なく、直ぐに枯渇してしまいます。

0と極では戦闘スタイルを変更出来る新しい仕様になってるのに
6で従来の戦闘に戻した理由は何故なのでしょうかね?
従来の戦闘でも 過去作の1~5の方が爽快感はありました。


神室町の縮小
チャンピオン街や賽の河原など 以前行けた所も行けない
カジノで毎回 黒い石、赤い石を使ってお金稼ぎをしてたのに今回それが出来ない。

riyuugagotoku6_3.jpg
画像サイズが小さいので見えにくいかもしれませんが、
黒塗り部分は 行けない場所です。

riyuugagotoku6_4.jpg
工事中という設定で 通れません・・・。

コインロッカーの変わりに金庫の鍵が用意されてますが、
コインロッカーの鍵が無いだけで 龍が如くらしさが無くなりました。
たとえ ゴミしか入って無くても コインロッカーを開けるのが
楽しみだったのに 本当に残念でならないです。

サブストーリーもフルボイスになったせいか、
シリーズお馴染みの吹き出しの「パタパタ音」が無くなったのは凄く寂しいです。


歴代キャラクターの扱い
最終章のはずなのに 桐生の隣に立ってるのは歴代キャラクターではありません。
芸能人がモデリングされた 新キャラばかりがスポットライトに当たり
最後の最後まで彼らばかりが 目立ちます。

龍が如くで 芸能人が見たい訳では無いです。

私が求めてたのは
真島の兄さん、冴島さん、花屋さん、伊達さん、秋山さん達の活躍です。

本編では秋山さんと伊達さんはちょろっとしか出てきません。
真島の兄さんや冴島さんはほとんどモブキャラです。
花屋さん、一輝、小牧さんは一切出てきません。

最終章なのであれば 生存キャラのオールスターファンサービスをしてもらっても
良かったのではないか?むしろ ファンはそれを求めてたのでは無いか?




※ネタバレを含むので畳みます※

Category:龍が如く6 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |