RSS|archives|admin

TOKYOヤマノテBOYS for V 【HONEY MILK DISC】

2017.09.09 Sat
tokyoyamanoteboys_v.jpg
「TOKYOヤマノテBOYS for V 」
【HONEY MILK DISC】の感想ですー

TYBは名前だけなら前から存じ上げておりました。
元は
「HONEY MILK DISC」
「SUPER MINT DISC」
「DARK CHERRY DISC」などに
分割されて発売されてた作品で
ナンバリングされてる訳でも無いので
どれから始めて良いか分からず
VITA移植でまとめて発売されると聞いて 予約購入しました。

TYBの公式ページを見たら
「Rejetの原点とも言える作品」と書かれてて
Rejet作品に詳しくない私にとって新たな発見でしたw


「HONEY MILK DISC」単体での感想です。
yamanoteboys_honeymilk.jpg

【システム】
地の文がほぼ無く 会話形式の乙女ゲーです。
私の1キャラルートの初見プレイが2時間位でした。

ヒロインの名前は自分入力型でデフォ呼びはありません
ですが、「プリンセス」「お姫様」「ベリーちゃん」など
それぞれ 攻略対象に呼ばれます。

恋愛エンド、ノーマルエンドの後に
真相ルートが解放される形式です。

私はPC版、PSP版はプレイしてないのですが、
こちらのVITA版の動作が遅い気がしました。
特に選択肢スキップをすると 
フリーズしたんじゃないかと思う位に画面が長く暗転したり、
既読スキップの速度が安定しなかったりと
VITAのノベルゲーの中ではあまり 快適とは言えませんでした。

作品の色合いは鮮やかで爽やかで夏にプレイするのにピッタリです♪


【シナリオ】
キャラクターやシナリオがぶっ飛んでてとても癖が強く
ゲームというよりはドラマCDなどで成立する設定だなって感じました。

ドラマCDやシチュCDが十八番のRejetさんらしい作品なのかも。

キャラクター達はまともなキャラが一人も居ないですw
性格や設定がとても極端でギャグ漫画のノリで楽しむ物だと思います。

コンセプトは7日間の告白大会という事で結構 淡泊です。
「SUPER MINT DISC」と「DARK CHERRY DISC」はまだ
遊んでいないので 今後の展開はどうなるか分からないのですが、
シナリオ重視の作品ではありません。

ですが、東京をフィーチャーしてる作品なので
馴染みのある場所だとか、行った事のある場所が
フィーチャーされると 楽しいですし、
行った事無い所だと 今度行ってみたいなって思いました♪

真相ルートの超展開には正直びっくりしましたw


※ネタバレを含むので畳みます※


Category:TOKYOヤマノテBOYS for V MAIN DISC | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |