RSS|archives|admin

DYNAMIC CHORD feat.KYOHSO

2017.10.14 Sat
DYNAMIC CHORD KYOHSO
「DYNAMIC CHORD feat.KYOHSO」(VITA)の感想です。

こちらはステラワースの
お楽しみ袋(記事はこちら)の中に入ってたゲームの一つでした!
多分お楽しみ袋に 入って無かったら手に取ってない作品だと思うので
良い切っ掛けになったと思ってます♪


【システム】
ノベル形式の乙女ゲー
初見1ルート、アペンドシナリオ含めてクリア時間は5時間位でした。

地の文ありで、
ヒロインのデフォルト名呼びはありません。
ちゃんと「このは」って呼んで欲しかったな。

私はこの作品に詳しくは無かったのですが、
バンド別に作品を別売りにしてるみたいです。
今回私が遊んだのは「KYOHSO」というバンドメンバーとのお話し。

手にするまでパッケージ絵が違うだけで
中身が同じ作品だと思ってた
ので、こういう 切り売り系の作品は 
消費者にとって混乱を招くだけだと思うのですが、
どうなんでしょう・・・・

目当ての声優さんが出演してたり、
乙女ゲー情報を常に 追ってる人で無いと分かりにくいと思いました。

切り売りタイプの作品ですが、
TOKYOヤマノテBOYS」や「シノバズセブン」みたいに
1キャラルートクリア2時間みたいに短くは無く、
ボリュームも従来の乙女ゲーと同じくらいの長さなので
切り売りでも あまり気になりませんでした。


【シナリオ】
バンドが所属する事務所で勤務する新人マネージャーがヒロイン。

今まで担当してたバンドから
事務所の看板タレント達のマネージャーへ移る事になり
馴れない仕事に 色々とミスをしたり、次ミスしない様に気を付けても
また更にミスをしてしまって 落ち込んだりと
リアルとリンクしてしまって 彼女の悩みとか葛藤に共感してしまいました。

彼女を含めキャラの言動に頭を抱えたくなる事あったり、
描写不足な部分もありますが、
地の文は丁寧で 恋愛シーンは楽しめました♪

なんとなく読み進めてて
漫画の「NANA」を彷彿とさせました。
バンドマンやミュージシャンのスキャンダルといえば、
ドラッグは切っても切れない問題ですが、
流石に乙女ゲーでは取り上げられなかったみたいですねw



※ネタバレを含むので畳みます※


Category:DYNAMIC CHORD feat.KYOHSO | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |