RSS|archives|admin

下天の華

2017.11.11 Sat
getennohana_vita.jpg
「下天の華」VITA版の感想ですー
乙女ゲー老舗ブランドのネオロマ作品。
私は初めてプレイします♪

こちらの作品は今まで気になってたのですが、
手を出せずに居たのですが、
色々 乙女ゲーを買いあさってる内に
良い機会だからと コチラもポチってしまいました。


getennohana_vita2.jpg
VITA版なので 続編の「下天の華 夢灯り」入り。
今回は「下天の華」のみの感想となります。


【システム】
乙女ゲー。
ノベル系ではありますが、通い+ステータス+フラグ管理などあり。

通いの攻略対象の好感度上げもランダムだったりするので
攻略サイト見ながらでも うっかりフラグを立て忘れたりとかして
エンディング回収などに何回も周回するハメになりました・・・。

本編は楽しいのに、ゲーム管理に気を取られてしまうのがネック。
「読むだけの乙女ゲーが嫌い」な方には良いのかもしれませんが、
物語に集中したい私には ちょっと正直このシステムはシンドイ。

私はやっぱり ノベル系の乙女ゲーが合ってます。

getennohana_vita3.jpg
全エンディング回収をした時の私のセーブデータはこんな感じ。
それなのに「回想録」「用語集」「スチル」が埋まって無くて
その後色々頑張って 何度か周回したり攻略サイトを巡ったのですが、
何時間もプレイしてる内に不毛に感じてしまったので、
下天の華はトロコンを断念しました。

既読スキップは早いですし、システム回りはサクサクで
ユーザーに親切に作られてるのですが、
バックログで シーンバックが出来ないのが不便でした。

ノベルゲー(乙女ゲー、ギャルゲーに限らず)では大体出来るのに
こちらの作品で 実装されてないのに違和感。
それがあったらシステムは完璧でした。

攻略制限あり。
初回プレイの攻略時間は4時間位。
ですが、上記に書いたエンディング回収やフラグ回収で何度か
同じルートを巡ったので1キャラの全エンドを見れた時間はもっと掛かってます。

コーエーさんが販売元という事で
背景や、スチル演出が凝ってます。

地の文は一応ありますが、
ほぼヒロインのモノローグだったり、キャラの台詞でした。

ヒロインのデフォ呼びありです。

ネオロマ系を初めてプレイしてみての印象は
「お上品な乙女ゲー」だな、と思いました。
キススチルがほぼ無いですし、
恋愛描写も控えめですが、艶やかで
近年の乙女ゲーでは珍しいタイプの作品です。

老舗ブランドという事で昔ながらのスタイルを貫き通してる印象で
ずっと当時からのファンを引っ張っていってるだけあるな、と思いました。






※ネタバレを含むので畳みます※

Category:下天の華 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |