RSS|archives|admin

Undertale (VITA/PS4版)

2017.10.21 Sat
undertale_vita01.jpg
「Undertale」(VITA/PS4版)の感想です。

E3で発表されてから
初めて存在を知った作品で、
実況動画界隈や、インディーズゲームを沢山プレイされてる
ゲーマーさんの間では有名な作品みたいですね。

人気故に 空気を読まない作品ファンが出来てしまって
作品は悪くないのにそのファンが過剰に作品を持ち上げてるせいで 
作品自体煙たがられてしまう現象が起きているのだとか。

Youtubeで海外の考察・解説動画を
色々見て回ってたらその様な話しに触れてる動画がありました。

人気コンテンツには結構ありがちな問題ですね。

私はパケ版を買う予定で北米アマゾンでの予約を待ってたのですが、
待てども待てども予約開始されず PSストアでDL配信が始まってしまって
あれ??おかしいな?って思って調べたら
公式グッズを委託してる通販サイトで予約を受け付けてたみたいです・・・
ちゃんと調べれば良かった_(: 3 」∠)_

9月の配達分の予約は終わってしまったので、
12月出荷分を予約しました。
DL版も購入したので 完全にコレクション目的です。
ちなみにパケは北米版を購入しました。
undertale_collectors_edition02.jpg
---(12月14日2017年追記)-------
パケ版届きました♪
-----------------------------



DLのVITAを購入したのですが、
クロスバイが適用されてるみたいで自動的にPS4版も付いてきました!

undertale_Vita02.jpg
トロコン済み。
一周目をクリアする前にトロコン出来ます。

「誰も死ななくていい優しいRPG」を謳ってるのに
G(虐殺)ルートが用意されてたり(難易度高い)するので
トロフィーのコンプの為にプレイヤーを強制させ無い為の
製作者側の配慮なんじゃないかなって思ってます。


【システム】
レトロ感たっぷりのドット絵RPG。

製作者はMotherシリーズに影響を受けて作ったみたいなのですが、
未プレイなので、その作品へのリスペクトは汲み取れなかった。
ですがmoonなどのラブデリックの作品を彷彿とさせました。


ゲーム内のイベントが斜め上で
色々ツッコミ所が多いですw



例えば、重要そうなアイテムを拾おうとしたら
undertale_Vita03.jpg
もちものにイヌがおおすぎて これいじょう もてない」って
表示されたので 「なんのこっちゃ(´・ω・`)?」と思ってアイテム欄 開いたら



undertale_Vita04.jpg
アイテム欄の中に何故か「うざいイヌ」が入ってて
くだらな過ぎて笑ってしまったw



この自由さはインディーズゲーならでは。
主人公の行動によって キャラの台詞や展開が影響されてたり
とても細かく作られてて 一つ一つのイベントがとても楽しかった!

N(中立)ルートのクリア時間は大体6時間ほど。
1周目でプレイした内容も2周目に影響されたりしたりするメタ的なギミックもあり。
undertale_Vita05.jpg
戦闘は弾幕ゲーで 難易度が高く感じる事も多々あり、
Gルートはちょっと私の腕では クリア出来ませんでした・・・。
動画サイトで色んなエンディング網羅しました。ごめんなさい・・。
アンダインで詰みました。サンズ戦を見たのですが多分あれ無理です。

同じルートでも違った展開が見れたり、
会話パターンや隠し要素も豊富で
何周プレイしても飽きさせないギミックは流石です。


この作品には様々な考察や捉え方(考えが180度も違う)をされてる方が居て
記事や動画を見たりするのは楽しいです。


【不満】
Undertaleの作品自体は良作なのですが、
戦闘が個人的に面倒くさかったです。

基本 弾幕除けゲーです。

Pルートでは モンスターを一切殺さない
Gルートでは モンスターを全員殺す

Pルートでは逃がす為に 特定の行動をしないと逃がせない、
Gルートではモンスターが居なくなるまでひたすらエンカウント。
かなり作業感がありました。

Gルートへの突入はプレイヤーの明確な意思が無いと入れ無いので
好んでモンスター達を虐殺して回らないといけない、
よってその世界を壊した責任はプレイヤーである、というメタ的な演出なので、
戦闘は必要な要素なのですが、面倒くさい事には変わりないよね(´・ω・`)



【シナリオ】
主人公が地下世界に迷い込んでしまい 地上(家)へ帰る事が目的です。
シナリオ構図はとてもシンプルですが、モンスターとの触れ合いや
主人公の行動や手にする物の中に メッセージやヒントが隠されてます。

思わせぶりだったり、曖昧な表現があったりして
主人公の目的がシンプルだからこそ考察のしがいがある作品となってます。

常識にとらわれないスタイルの作品なので
プレイしてそのままの意味を捉えてプレイするも良し
色々深読みして哲学に走るのも良し。

Gルートをやった後にPルートへたどり着いても
後味の悪い演出が入り、たとえリセットをしても
罪が消える事が無いと揶揄してる所は結構好きな演出です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作品はとても良く出来ていてファンベースが強いのも頷けました。
私もプレイしてて 会話パターンやギミックの細かさは感動してしまった。

癖が強い作品でもあるので、
海外のカートゥーンのノリが合わない方には キツイかもしれないです。


作品自体 高くは無いので、
Gルートをクリア出来てない自分が言うのもなんですが、
出来れば多くの方に手に取って頂きたいです。





※ネタバレを含むので畳みます※

Category:Undertale | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |