RSS|archives|admin

祝姫 -祀-

2017.12.09 Sat
iwaihimematsuri_vita.jpg
「祝姫 -祀-」VITA版の感想です。

「ひぐらしのなく頃に」「うみねこのなく頃に」などでお馴染みの
竜騎士07さんが執筆された作品。

私は竜騎士07さんの作品は「うみねこ」のアニメから入り、
その後に「ひぐらし」のアニメを拝聴して、PS3版のうみねこをプレイ。
後は「Rewrite」のルチアルートに馴染みがある位です。

一応ジャンルはホラーとなっておりますが、
スプラッタ描写が多いので、個人的には「怖い」というよりも「痛い」という印象が強い。

実はこちらの祝姫、苦手な描写のオンパレードだったので
トロフィーだけを取ってプレイを断念して 
ブログにも感想を書かない予定だったのですが、
こういうジャンルの作品(映画とか特に)途中放棄したら
余計気持ちが悪くなってしまうから再チャレンジしました。

【システム】
ノベルゲーです。
選択肢は無く、一本道です。
竜騎士さんの作品では選択肢を使った作品ってあまり無い印象です。

トロフィーもただ読み進めていけばトロコン出来るので、
物語に集中出来るのも個人的には良かったです。

祝姫の総プレイ時間は14時間位だと思います。

ひぐらし、うみねこでは
エピソードの半分位は主人公や仲間の日常に焦点を当てて
後半に猟奇的な事が起る、というパターンですが、
祝姫では最初からテンポ良く話しが進んで行くので中だるみがあまりありません。

竜騎士さんの執筆スタイルが大分変わりましたね。
うみねこ時代でもスプラッタや
近親相姦(直接的な表現は無い)などありましたが、
祝姫でのエログロ描写がかなり エグいです。
苦手な人は特に注意。私もプレイを一時断念してしまったのもコレが理由。

うみねこやRewriteのルチアルートをプレイした印象では
竜騎士さんは少年漫画レベルのエロ描写はあってもここまで
生々しく、明確に描く事は無かったと思うのでかなりビックリ。

グロ描写を耐えながらですが、ちゃんと完走出来たのも、
シナリオにグイグイ引っ張られてたからです。
Rewriteでは正直 竜騎士さんのシナリオは浮いてると感じましたが、
祝姫は面白く読ませて頂きました。



※ネタバレを含むので畳みます※

Category:祝姫 -祀- | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |