RSS|archives|admin

シルバー事件

2018.06.23 Sat
silvercase_PS4.jpg
「シルバー事件」(PS4)の感想です!

こちらの作品、実は初代PSアーカイブ版を持ってるのですが、
手を付ける事無くそのまま リマスター版が出てしまいましたw
アーカイブス作品はお得だと思うのですが、トロフィーが付かないので
なかなかプレイする機会が無いんですよねー・・・

トロフィー云々でゲームをプレイするしないを基準にするのは良くない傾向ですが、
私は元々コレクター気質な所があって、トロフィーのつかないゲームは
モチベーションが保てなくなってしまいました・・・。

須田さんの作品は「LOLLIPOP CHAINSAW」をフリプで体験。
「NO MORE HEROES」は序盤で挫折。
特にディレクターさんに思い入れがある訳では無いのですが、
今回のリマスター版は予約購入しました!


【システム】
アドベンチャーゲーム。
今でこそ このスタイルのアドベンチャーやノベルゲーは珍しくは無いのでしょうが、
当時はかなり斬新だったのではないでしょうか?

エピソードごとに色合いやキャラクターの絵のタッチが変わったりと、
かなりお洒落な作りとなってます。

世界観が独特で、ミステリアスで不気味。
初期の女神転生とペルソナ1、2罪罰の様なねっとりとした雰囲気があります。

スタイルは全然違いますが、
アニメの「物語シリーズ」で奇妙で奇抜な演出、手法で
その世界感にひっぱられる感覚と似てる気がしました。

「Transmitter(トランズミッター)」と
「Placebo(プラシーボ)」編合わせて10時間以内でクリアしました。

トランズミッター編では3Dダンジョン要素ありのアドベンチャー
プラシーボはほぼノベルゲーです。

3Dダンジョン要素も最初かなり面倒くさいですが、後半になるつれに
ほぼ無くなって読み物系になっていったのが 個人的に良かったです。
最初から最後まで3Dダンジョンのポイント&クリック系のアドベンチャーだったら
大分しんどかっただろうと思います。


【シナリオ】
意味不明のままで終わりました。
冒頭で与えられた情報と後半の情報と食い違ったり、
真相を知れたと思ったら 余計に訳が分からない展開になって
この作品の制作陣に おちょくられてる様な感覚に陥りました。

謎が謎のまま終わり、プレイヤーに委ねてる所があるので、
「はっきりとした答えが知りたい」プレイヤーさんにはお勧め出来ないです。

私も答えがあやふやな作品は敬遠するタイプなのですが、
作品のデザイン、演出方法、キャラクターの魅力に引き込まれて
この尻切れトンボの様な終わり方もアリなんじゃないかって思えてしまった。

作品の癖がかなり強いので、合う合わない人はかなり分かれると思います。





※ネタバレを含むので畳みます※

Category:シルバー事件 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |