RSS|archives|admin

幻想水滸伝 紡がれし百年の時

2012.03.06 Tue
clear.jpg

幻想水滸伝の最新作、クリアしました。108星もちゃんと集めました。
基本的に自分は不満点が多くても、「楽しめた」物を書くのですが・・・。
今回は例外ですね。純粋に幻想水滸伝が好きだからこその批評です。

まず、自分はクリアもしてないのに(もしくは、プレイもしてないのに)ゲームの悪い評価(と良い評価)を付けるのは どうかと思うのです。アマゾンのゲームレビューとか最新作だと酷いですよね。ちゃんとプレイしてからの批判なら分かりますけど、明らかにプレイしてない人のレビューとか ただの荒らしですよ。

【システム】
RPGです。今回は108人の仲間を集めるのでは無く、108の「技」を集めなきゃいけません。もちろん本拠地も存在し、仲間も何人か加わります。

フィールドマップは無いです。町も、本拠地も歩き回れません。
ダンジョンはちゃんと移動出来ます。

今回も、「すり抜けの札」と「瞬きの鏡」が無いので不便です。108星を集めるのに同じ所をグルグル歩き回るので本当に面倒臭い。

【シナリオ】
前回と同じく100万世界の物語です。
DSの「ティアクライス」はパラレルワールド物でしたね。
今回のPSP版はタイムトラベル物。基本的に「100年前」と「200年前」の移動のみ。

幻水1~5までの世界観とは別物です。当然 レックナートやジーン、ビッキーとか出てきません。
お馴染みの「紋章」すら出て来ません。

次回、幻水作るとして、また「100万世界」の世界観で作るつもりなんでしょうか??面白くないので辞めて頂きたい。

【キャラクター】
魅力が無いです。
主人公側も、敵側も何故ソレゾレの仲間がその人に付いて行こうと思ったのかが分からない。

あと、キャラを立たせる為なのか、「やっつけ仕事」感が半端無いです。
キャラクターが極端過ぎな上に薄いから ほとんど覚えてないです。

【不満】
幻想水滸伝って名前が付いてますけど、本当に別物。外伝的な位置づけなのか、それともコレからずっとこのシリーズを続けて行くのか・・・・。

手抜き。ダンジョンとか歩いてると何故か引っかかるんですよね。それでキャラが立ち止まるんですけど、その時一瞬主観モードになるんです。 引っかかる度に主観モードがチラチラ写るので目がおかしくなりそうでした。

108人の仲間から108の技。108って出れば何でも幻水だと思ってるんですかね?キャラが薄いこと薄いこと・・・

④町や本拠地の移動不可。 紙芝居です。あと、今まで 仲間を集める度に大きくなっていく本拠地を観て回るのが楽しみの一つだったのですが、ソレも無し。本拠地もさほど大きくなる事も無し。目安箱も無し。

PSPなのにボケボケ。アニメーションは問題無かったのですが、CGモデリングではボケボケで「コレ本当にPSP??」と目を疑いました。

シナリオが面白くない。 「コレが世界の真実だ!」とか「ラスボスの思惑」とか出てきましたけど、正直「だから何?」という反応しか出来ませんでした。無理矢理 100万世界の事をこじつけた様にしか見えませんし。

ラストの展開が「ティアクライス」と同じ。 ラスボス戦の所です。ネタバレになるので控えさせて頂きます。けど、萎えました。

キャラに魅力が無い。上にも書きましたが、キャラ立ちをさせるために極端なキャラ設定にしてあるのですが、薄い。

具体例を出しますが、過去に毒の矢を作るのが生きがいのオッサンが居るのですが、会話が成り立たない上にラリってるんじゃないかって思うくらい 毒の矢に執着してるキャラが居ます。なんなんすか? いくら何でも、手抜き過ぎでしょう。 声優の無駄遣い・・・。

おなじみの一騎打ち、戦争もありません。

⑩ティアクライスは「幻想水滸伝」というタイトルさえ無ければ楽しめたかも・・と思えましたが、今作は違います。システムの不親切さとキャラクターの薄さ、シナリオのつまらなさで別のRPGだとしても面白くないです。

-----------------------------------------------------------
買う前から不安で、その上また好きになれなかった100万世界の物語。
全然期待してなかったのですが、本当にプレイしても評価は変わらず・・・。

幻想水滸伝4で失望して、幻水5が面白く持ち直してくれた上で ティアクライスでガッカリ。今回の最新作はどん底です。

今度本気で作って欲しいです。据え置きで「幻想水滸伝6」を!!
謎がまだ残ってるじゃないですか!!シンダル族とか、ハルモニアとか、ビッキーとジーンの謎とか。27の真の紋章とか!

Category:幻想水滸伝 紡がれし百年の時 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |