RSS|archives|admin

ピオフィオーレの晩鐘

2018.12.15 Sat
piofiore_vita.jpg
「ピオフィオーレの晩鐘」の感想です。

シャレードマニアクスと同時に予約してました。
シャレマニと同じく「なんとなく」という理由での購入。
保守的な作品を生み出す事が多いオトメイトという事で、
今作もそこまで期待はしてなかったんですが、
今年プレイしたオトメイト作品の中で大当たりです。
限定版を買い直そうかと検討するほどです。

残念なのはパッケージデザインかな・・・
無印のCollar×Maliceみたいなカッコイイ系のデザインだったらもっと目を引くのに、
ピオフィのパッケージではジェネリックな乙女ゲーに見えて残念。


【システム】
ノベル系の乙女ゲー。

Bad、Good、Bestエンドそれぞれちゃんと別の展開が用意されてるので
キャラのルートへ入ってエンディングの結果だけ違う、という
従来のオトメイト作品とは違います。

物語冒頭ですぐに個別ルートにも入るので長く楽しむ事が出来ます。
システム音やエキストラのおまけのデザインとかも凝ってて、
かなり力を入れて制作されたんだなって伺えます。

シャレマニもかなり力入れて作られたんでしょうが、
私はヒロインが合わなかったので、あまり作品に入り込めなかった。
あとシャレマニに限らず、オトメイトさんの作品は保守的というか、
悪く言えば「生ぬるい」展開が多い中 ピオフィはかなり挑戦的です。

血なま臭いのとか、性犯罪などが苦手な方はご注意を。


不満を上げるとしたら、「Meanwhile Story(一方その頃)」で
新しいザッピングが出てきても既読スキップとかで過ぎてしまう事。
更に個人的な事ですが、これがVITA TVで遊びにくい事、でしょうか。


あと、ピオフィをプレイしてると飯テロに遭いますw





※ネタバレを含むので畳みます※

Category:ピオフィオーレの晩鐘 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |