RSS|archives|admin

WILL: 素晴らしき世界

2019.04.24 Wed
will_subarashikisekai.jpg
「WILL: 素晴らしき世界」(PS4)の感想です。

11月のBlackFridayで10%クーポンがあったので、
今作と「マレニア国の冒険酒場」と一緒にPSストアで購入しました!

インディーゲーだとは知ってたんですが、
手に取るまで中国の会社さんが作ってるとは知りませんでした。

VA-11 Hall-A(ヴェネズエラ)」、
「Doki Doki Literature Club!(アメリカ)」などの様な
日本のADVやアニメにインスパイアされた作品が評価を受けてるので、
ニッチなジャンルなのでなかなか会社としては難しいのかもしれませんが、
本家の日本も海外展開を恐れずに頑張って欲しいですね。


【システム】
ザッピングをしながら 進めていくタイプのアドベンチャーゲーム。
文章を組み替えて ピンチやらトラブルを打開していく
ちょっと変わったタイプのシステムです。

登場人物全員が全員絡む訳では無いのですが、
「街」や「428」を彷彿とさせるセッティングでした。

惜しいと思ったのは中国語から日本語への訳の問題なのか、
中国語の文章構成が原因なのか分から無いのですが、
状況が分かりにくい所が多々ありました。
(私も人の事が言えませんが)

特に第三者を表現してる文章とか時々
「これは誰について語ってるんだろう?」と頭を捻る事が結構あり、
文章を何度か読み直す事も少なく無いです。

他に不満を上げるとしたら文章表示が遅い所とかでしょうかね・・・
プレイ時間の多くの割合はコレが原因だと思います。

時限トロフィーもあり、
私は知らずにとり逃してしまいました・・・。
トロコンはちょっと面倒くさいです。


【シナリオ】
他のキャラ同士のシナリオが絡むのは楽しいんですが、
上記にも書いた通り 変な日本語が邪魔をして
(私だけかもしれませんが)あまり入り込めませんでした。

時系列が分かりにくいのもあったり、
突拍子の無い展開になったり、粗は目立ちます。

手紙の文章を並び替えたり交換したりして
ふざけた展開にしたり、更に窮地に追い込んだりと
パターンが変わるのを見るのが楽しかったので、
アドベンチャーとしては良く出来てると思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メインシナリオの内容は正直あまり引き込まれる事は無かったですが、
文章を並び替えて変わる展開を見るのが楽しかったです。
あと、インディーゲーという事で応援したい気持ちも込めてます!

本当に日本もあぐら書いてる場合じゃないです。
各国からアニメ系のアドベンチャーが出てきてるので頑張って欲しい。

Category:WILL: 素晴らしき世界 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |