RSS|archives|admin

殺し屋とストロベリー

2019.01.26 Sat
koroshiyatostrawberry.jpg
「殺し屋とストロベリー」の感想です

久々のブロッコリー作品。
神々の悪戯 InFinite」が結構お気に入りだったので、
こちらも期待を込めて予約してたんですが、
評価が著しく良くないので、プレイする気力無くなってしまい、
プレイするのに随分時間がかかってしまいました。

簡潔に纏めると
シナリオはイマイチだけど、キャラ同士の掛け合いが楽しい」作品。
神あそはキャラ同士の掛け合いよりも恋愛描写が丁寧で萌えました。
殺ストは逆で、恋愛よりもキャラのじゃれ合いが楽しい。

個人的には第二の「しらつゆの怪」。
あの作品もシナリオは本当に褒めるべき所が全く無いのですが、
キャラのゆるい会話が大好きでした。


【システム】
ノベル系の乙女ゲー。
地の文は無し、ほぼヒロインのモノローグか、キャラの台詞です。
地の文が無いので、時々キャラクターの台詞が
説明臭かったり、回りくどかったりする事が多々あります。

直ぐに個別ルートへ移行するのと、
次の選択肢へスキップ機能も付いてるのでプレイ環境は割と快適。

各ルートは大体4時間ほど。
と、いっても シナリオ展開はほぼ他のキャラと同じなので
若干金太郎飴。

上記にも書いた様に キャラ同士の会話がメイン。
そういうのが興味の無い方には今作は避けた方が無難です。


【シナリオ】
一応「裏社会」がテーマの作品なのですが、
丘サーファー並みに設定に説得力が無いです(笑)

ヒロインが施設で人体実験を経験し、感情も無くなり、
声も無くなるほど酷い体験をしたって設定とかも
全て過去形、ヒロインのモノローグで済まされてるのも残念。

もうちょっと 施設に居た頃を詳しく描写してくれれば
お話しにも深みが出たんじゃないかな・・・

もしくは地の文があればちょっと違ったのかな?

正直シナリオ重視の作品ではありません。
お話しのメインはほぼ喫茶店で進んで行きますし、
キャラクター達がのんびりと会話してるのを
楽しむ作品だと思って頂ければ宜しいかと。

何度も言いますが、私はキャラ同士の会話がとても楽しかったです。
それだけでシナリオのお粗末さには目を瞑れました。
実はこの作品を購入して後悔してません。
それ位 会話が楽しい! というか私の好みに合いました。






※ネタバレを含むので畳みます※



Category:殺し屋とストロベリー | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |