RSS|archives|admin

時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-

2019.09.14 Sat
Clockwork_LeyLine_Vita01.jpg
「時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-」(VITA)の感想です!

実はこちらは一年以上前に購入してたんですが、
時間が取れなくてずっとそのままになってました。
なんでもっと早くプレイしなかったんだろうと後悔。

久我くんの憂緒ちゃんのイチャイチャがもっと見たくて
実はPC版も購入しちゃいました!
下手な乙女ゲーよりも萌えます!

複数のシナリオライターさんが参加されてるみたいで、
その内の一人が西ノ宮勇希さんという方で
「MISSING PARTS」を担当された方なのだとか。

私は「MISSING PARTS」をプレイした事があるのですが、
アドベンチャー部分が邪魔をして 
シナリオに100%集中出来なかった事が記憶にあります。

他にも「雨格子の館」を執筆されてるらしくて、
気になったのでPSストアでPSP版をDLしました。

他のライターさんの作品も手を出してみたいですね。

【システム】
「時計仕掛けのレイライン -黄昏時の境界線-」
「時計仕掛けのレイライン -残影の夜が明ける時-」
「時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-」
三部作が一本にまとまって収録され、
更に追加シナリオ「陽炎に彷徨う魔女」も収録されてます。

元々は男性の大人向けギャルゲー。

1作大体 10時間~15時間。
アニメを見てる様な感覚でした。
変に複雑化したシナリオは無く、分かりやすくシンプルです。
ラノベっぽい。

シンプルといっても詰まらない分けじゃなくて、
ミステリー要素もあり、話しが二転三転するのが本当に面白い。
シナリオも最終章で全ての伏線が回収されていくので
読んでいて気持ちが良い。


主人公がイケメンだし、ヒロインはかわいいし、
久々にキャラの恋愛が楽しいギャルゲーに出会いました!

ギャルゲーは恋愛よりもシナリオに興味がある事が多いので
私にとっては思わぬボーナス(*´ω`*)

残念ながら主人公にはボイス無し。
イケメン主人公なんだから声つけても良かったのに!

女の子はメインヒロイン、サブヒロインという構成。
サブヒロインはあくまで サブで、
「鹿ケ谷 憂緒」がメインヒロインで優遇されてます。
正直サブヒロインの個別エンドは取ってつけた様な印象をいけるので
他のヒロインに惹かれてる方には 寂しい想いをするかもです。

私は久我くんと憂緒ちゃんのカップリングが好きなので、
とても美味しかったです0(*`ω´*)0

実際サブヒロインのシナリオに分岐しても、
何時好きになったのか、全く分からないので、
とにかく色んなヒロインとイチャイチャしてるシナリオが楽しみたい人向け。






※ネタばれを含むので畳みます※






Category:時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女- | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |