RSS|archives|admin

神凪ノ杜 五月雨綴り

2019.11.09 Sat
kannnaginomori_vita.jpg
「神凪ノ杜 五月雨綴り」(VITA)の感想です。

元々はPCゲーでVITA移植の際に
「神凪ノ杜 妖狐奇譚」
「神凪ノ杜 龍神奇譚」
2本のゲームを一本に纏めての販売です。

実はプレイする前まではあまり期待はして無かったんですが、
こういう静かな雰囲気の作品は久しくプレイして無かったので、
楽しかったです!


【システム】
ノベル系の乙女ゲー。

システム回りがちょっと不親切です。
スキップや動作がちょっと遅いのと、
選択肢の「はい」「いいえ」などを選ぶときの色が薄いので、
どちらを選んでるかパッと見分かりづらい。
そして、VITA TV未対応なのが残念です。

共通を含めても一人当たり
2時間~3時間で攻略可能。

地の文あり。
ヒロインのデフォ呼びあり。ボイスは無し。
オマケシナリオで攻略対象のボイスが
無いものもあるのがちょっと残念です。

作品はしっとりと静かな雰囲気で
雨や紫陽花のデザインを基調としてます。
メニュー画面も「ぴちょん」「ばしゃん」など
水の音を使ってるのも凝ってて好きです。

今作と近しい作品は乙女ゲーだと「あやかしごはん」。
作品の雰囲気はパズルアクションゲーの「rain」。

地の文も丁寧で読んでて楽しいです。
シナリオ自体は良くあるタイプの内容ですが、
キャラクターのやり取りやしっとり、ほのぼのとした雰囲気が
全く飽きさせませんでした。

何気ない日常のやり取りで攻略対象と
少しづつ距離を縮めて行く描写が上手いと思いました。




※ネタバレを含むので畳みます。※

Category:神凪ノ杜 五月雨綴り | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |