RSS|archives|admin

灰鷹のサイケデリカ

2016.11.26 Sat
haitaka01.jpg
「灰鷹のサイケデリカ」の感想ですー
前作の黒蝶が楽しめたので、シリーズ続編の
灰鷹も購入いたしました♪

普段はあまりFDとか乙女ゲーの続編などは購入しないのですが、
やっぱり前作の文章内容がオトメイト作品の中でレベルが高く
とても楽しく読めてシリーズの応援がしたかったので
予約致しました♪

前作 黒蝶のサイケデリカの感想記事はこちら

前作はクローズドサークルミステリーなのに対し
今作は RPG風ファンタジーの様な世界観です。

色々粗はありましたが、
楽しかったですヽ(*´ω`*)ノ


【システム】
ノベルゲーです。
恋愛要素はほぼ無いと思った方が良いです。
私はサイケデリカシリーズには恋愛はあまり恋愛を
期待してなく、シナリオ目当てだったので
乙女ゲーを求めてる方には向かない作品かもです。

私は久々に読んでて楽しい作品に出会えてとても楽しかったです♪

前作には簡単なシューティング要素はありましたが、
今作は廃止、代わりにNPCとの会話で街の記憶(ポイント)を集める事になります。

正直インタビューは面倒でしたが、シューティングをプレイするよりは
個人的にはマシだと思いました。

今作は共通ルートがとても長いです
本来なら個別ルートで起こるべき恋愛絡みのイベントも共通で起こるので
割りとハラハラさせられました。

攻略対象だと思ってたキャラが実は攻略対象では無かったという
まさかの展開!

これは制作側のミスリード??

シナリオ展開を重視する為か
正規ルート以外のエンディングはメリーバッドです。
キャラに思い入れが強い方や特定のキャラが好きな場合は
プレイヤー側が報われないと思うので注意が必要かもです。


黒蝶のサイケデリカと比べ
若干ボリュームは増した様な気がします。
前作はその気になれば一日でクリア出来る位ですが、
今作は2日~3日位かかります。

前作同様フローチャート形式なので
攻略も楽ですし、トロフィーも面倒なのが無いので
シナリオに集中する事が出来ます。


一応 前作未プレイでも 楽しめるかと思いますが、
100%楽しむには 黒蝶をプレイした方が良いです。
OP映像でも匂わせてますし、
そこが 個人的にマイナスポイントです。

シナリオ構成も黒蝶の方が全体的に締まってる印象。
遊んでて凄く楽しかったのですが、
チラホラと 頭を傾げたくなる箇所が存在します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本当に上記にも書きましたが、
久々に読んでて楽しい作品に巡り合ったと思ってます(*´ω`人)
最近のオトメイトさんの力を入れて制作された作品、
展開が約束された作品は 面白いと感じはしても あまり楽しくは無かったので
灰鷹はワーキャー言いながらプレイしました♪

もちろん乙女ゲーとしては成立していないシナリオ展開なので
乙女ゲーを求めてる方にはお勧め出来ません。

最近 楽しかった乙女ゲーは乙女ゲーとして機能してない作品ばかりな気がします。



※ネタバレを含むので畳みます※

Category:灰鷹のサイケデリカ | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

CHAOS;CHILD

2016.11.19 Sat
chaoschild02.jpg
「CHAOS;CHILD」の感想です。

前作のCHAOS;HEAD NOAHの雑記記事はこちら

実は前作のカオヘは主人公共々キャラクターが合わなくて
途中で投げてしまったのですが、

カオチャはTwitterで仲良くさせて頂いてる方が
楽しそうにプレイされてたのと、
アニメ化やFDが発売されるとの情報を受けて
興味を持ったので プレイしてみようと思い手を出してみました!
chaoschild01.jpg
ノベルゲーやアドベンチャーは携帯機が合ってると思ってるので
VITA版を購入♪


カオチャは個人的にはカオヘと比べて
取っつきやすく 途中で投げる事無く クリアする事が出来ました!

プレイする前から実はTRUEのオチは知ってました。
カオチャLCC発売決定記事などで ネタバレコメントなどを
目にしてしまったので、最後のどんでん返しの衝撃が
無くなってしまったのは残念です。


【システム】
ノベルゲー。
前作と同じく 初回ルートは強制共通エンド。

あえてこういう順番で攻略させていくスタイルは面白いですね。
初回エンドでこの物語りの犯人が分かるので
ヒロイン個別ルートで その犯人がどう関わってるのかが
見えてくるのが非常に面白かったです。

出来れば「次の妄想トリガーまでスキップ」機能を実施して欲しかったです。
効率良く セーブデータを管理出来てれば
この様な事は無かったのかもしれませんが、
ルートを終えるごとに 既読スキップをしないといけないのが結構苦痛でした。

トロフィーも面倒くさい条件のが無いのが良かった♪

上記にも書きましたが、
私はカオヘはキャラが合わなくて 途中で投げてしまったのですが、
今作のカオチャはヘラってたり変な語尾の子が居ないので
物語に集中する事は出来ました。






※少々ネタバレを含むので畳みます※

Category:CHAOS;CHILD | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ペルソナ5

2016.11.12 Sat
persona5_titlescreen.jpg

「ペルソナ5(PS4)」の感想です。
ペルソナシリーズは好きなシリーズですので
とても楽しみにしておりました♪


personafive_02.jpg
「ペルソナ5 20thアニバーサリー・エディション」を
購入致しました!ヽ(*´ω`*)ノ

クリアファイル素材のポスターと
モルガナ、主人公フィギュア付きの奴!

personafive_03.jpg
中身はこんな感じですー
アートブック、歴代シリーズのサントラ、
そして 本編ソフトです♪

盛りだくさんで開封するだけでテンション上がりました♪

personafive_04.jpg
モルガナ目当てでフィギュア付きを購入しました♪
モルガナちゃん可愛いよ、モルガナ!
ぬいぐるみとかあったら絶対欲しい!

personafive_05.jpg
この丸みが素晴らしい(*´ω`人)


【システム】
ゲームシステムの箇条書き

良かった所
・なんだかんだで楽しい(久々に時間を忘れて遊んだ)
・P3、P4から続くおしゃれ感
・モルガナの可愛さ

悪かった所
・自由度が減った(ゲームさせられてる感)
・テンポが悪い(悪魔交渉)
・ニッチな世界観のシリーズを万人受け化させた
・真エンド無しや伏線未回収
・パレス


まずは良かった所。
楽しい
惜しい所とかイライラする所に目が行きがちですが、
久々に休みの日朝一番にゲーム機を起動させて、
プレイしてない時間でも頭の中でスケジュールを構成したりと
時間を忘れてゲームに没頭出来ました。

だからこそ、製作の方々には プレイヤーの声を受け止めて
次回作に活かして欲しいです。


おしゃれ感
P3から続く独特なおしゃれ感。
他作品には無い演出なので、見ていてとても楽しいです。


モルガナ
可愛い
大谷さんが演じられてるという事で可愛さが更に倍増!
P3のコロちゃんはペット枠
P4のクマはマスコット枠
P5のモルガナはペット兼マスコットという
コロちゃんとクマの間みたいな立ち位置です。

そんな可愛いは正義のモルガナですが、一点気になる所が・・・
シナリオ上のイベント前日になると
「もう明日早いから寝ようぜ」と促される所がちょっとイラっと来ます。


悪かった所
自由度が減った
上記にも書きましたが、シナリオ上のイベントの関係で
自由行動が大幅に減りました。
節制コープMAXでパレスやメメントス潜入後でも
行動出来る様になるものの、イベント系前日だと
寝る事しか許されない事が多いので結局潰されます。
この部分が一番不満が大きいです。

洋ゲーに比べ自由度が低いと言われるJRPGですが、
今作は特に制限されてる気がします。
ゲームをしてるというより「ゲームをやらされてる」様な印象を受けました。
特にムービーが多いゲームでも無いので
途中から 「もうノベルゲーにすれば良いじゃん」半ば呆れ状態。



テンポが悪くなった
特に戦闘後のリザルト場面など
オシャレ演出の為にテンポがかなり悪くなりました。
P4Gはとてもサクサク進み移植と言っても
ただの移植では無く P4無印に比べ細かい部分など 沢山改善され
製作スタッフさんなどの愛を感じる事が出来たので今回も期待してたのですが、

P4Gの良さを全く活かし切れてなかったのが とても残念です。

怪盗がテーマなので物陰に隠れて敵に近づき攻撃を仕掛けなければ
パレスのボスの警戒度が上がってしまう仕様がとても面倒くさい。
時々物陰に隠れなくても良いのに○ボタンで反応してしまうから
こちらの意図しない動きをしたりして 操作関連でイライラする事もしばしば。


悪魔交渉の復活は賛否両論だと思いますが、
個人的にはテンポを更に悪くする要因の様に思えました。
敵も悪魔では無く P3、P4に出て来る様なシャドウの方が良かったなーと。
割とあのカオスなデザイン好きなんですよ。
メガテンなどと住み分けが出来て良かったと思うんですが、
次回作からまたこの形式なのでしょうかね。
(ラスダン辺りでマーラ様が雑魚敵として出現するのですが、
家族に見られたら気まずいので本当に辞めて頂きたい・・・)

後、メガテンを遊んでる方ならもう慣れっこなのかもですが、
好きなペルソナ(悪魔、仲魔)が「はぁ?」とか言ってくるのは割とショック。
神々しい姿なのに ギャル語しゃべったりすると 萎えます・・・。
エンジェルさんはあんな喋り方しないもん!モスマンはあんな声してもん!(涙)


ニッチな世界観廃止、万人化
ニッチな作品というのは「分かる人にだけ分かれば良い」的な
限定的な売り方なので 当然売れる方にシフトするのは必然なのですが、
女神転生、初期のペルソナシリーズは未プレイながら
陰鬱でミステリアスで不気味なイメージが私の中で強く残っていて
P3から万人受けを目指しつつ 根っこの部分は過去シリーズの
ほの暗い遺伝子を受け継いでました。
P4からガラリと雰囲気が変わり とても明るく青春学園RPGとなり、
シリーズの中の変化球的な扱いなのかと思ってたら
P5もP4路線の明るい作品となりました。

当初P5のPVではダークな世界観を匂わせてたのにも関わらず
怪盗団というヒーロー、勧善懲悪な王道ストーリーなど
従来のペルソナらしさが失われてしまった様に感じました。

次回からは出来ればP3路線の作品にして欲しいです。


伏線未回収?
どうやら真エンドが実装されてないそうで、
シナリオ進行中でもキャラクターの気になる言動がちょこちょこあったのですが、
回収されてないのが気になりました。


パレス
以前「テイルズオブシンフォニア」でも触れたのですが、
ダンジョンがギミックだらけだと途中でダレてしまい
進むのが苦痛となってしまいます。

製作サイドはプレイヤーさんに楽しんで欲しくて
こういう謎解き要素を沢山 盛り込んで下さってるのですが、
P5のパレスは長いし、面倒くさいだけでした。
このバランスがとても難しいんでしょうね。 

プレイされた方は分かると思いますが、
某パレスのサイドデッキの後のステージで無意味に通過させられる面がありまして、
結局 抜けた後サイドデッキに戻り、よじ登って上の階を進むのですが、
ソレが出来るなら何であれ やらされたの!?
前のステージに戻る為だとしてもセーフルームでワープ出来るから
結局要らないし無意味。

P3、P4の系統で行くならば
ランダムなメメントス形式のダンジョンの方が良かったです。


細かい事ですが、
個人的に「ブチッ」より「カッ」の方が好みです。


persona5_trophy.jpg
トロコンしました
一周目、二周目の合計プレイ時間は110時間ほど。

プレイ難易度:
一周目はNORMAL→(途中)EASY→(熱烈リスナートロフィー取得後)→SAFETY
二周目はSAFETY

一周目はとにかく面倒なトロフィーに集中しました。
全パラMAX、釣り、レトロゲー、バッティングセンター、潜入道具、本、地図、ドリンク

苦労したトロフィーはレトロゲーの格ゲー
滅茶苦茶難しい。
時間を無駄に出来ないので、クリア出来なかったら
ゲーム終了→起動の繰り返し。

二周目プレイで やっぱり苦痛だったのは
テンポの悪さ。
特に 戦闘など 双葉のオタカラサーチ発動のワンクッションは
テンポの悪さを更に悪化させてました。

竜司のコープアビリティはレベル上げなどでは本当に邪魔

パレスのギミックの多さも二周目だと更に面倒くさい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上記にも書きましたが、
本当に久々に時間を忘れてプレイしました♪

楽しかった分 惜しい部分や、イマイチだった部分が
目立ってしまった印象です。

色々文句を言いつつも楽しんでプレイ出来たので、
次回作は今回の不満点などを解消して 制作してくださると
良いなぁ、と思っております。






※ネタバレを含むので畳みます※

Category:ペルソナ5 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

朧村正 DLC第四弾 元禄怪奇譚 『角隠し地獄女』

2016.11.05 Sat
oboromuramasa_tsunokakushi01.jpg
朧村正 DLC第四弾 元禄怪奇譚 『角隠し地獄女』の感想です。

こちらの鬼娘編に
杉山紀彰さんがご出演されてるのでとても楽しみでした!(*´ω`人)


本編の朧村正の感想記事はこちら
第一弾 『化け猫』の記事はこちら
第二弾 『一揆』の記事はこちら
第三弾 『白蛇』の記事はこちら
いよいよ朧村正 追加シナリオ最後です。
長かった・・・本当に長かった。
本編をプレイし始めたのが今年の4月で鬼娘が終了したのが9月。
DLCは一ヶ月に一回のペースでプレイしてきたとはいえ
朧とは長い付き合いでした。


oboromuramasa_tsunokakushi03.jpg
一応ここまではプレイしました。
「死狂」「○時間以内攻略」は私の技術的に無理なのと
(キャンセル攻撃が出来ない・・・(´・ω・`))
「魔窟」とか 何度も同じ敵を討伐するのが苦痛で
コレ以上は無理だろうな・・・・

朧は楽しいのは楽しいのですが、
全ボス討伐や魔窟が苦行以外の何者でも無いので
非常に惜しい作品だなと思いました。
oboromuramasa_tsunokakushi07.jpg
個人的に毎回キツイな、って思ったのは「鵺」です。
「大鬼」も面倒なんですが、鵺はもっと面倒。

雑魚で一番嫌だなって思ったのは
赤鬼、青鬼、そして名前忘れましたが、
牛と馬の鬼・・・・_(: 3 」∠)_

oboromuramasa_tsunokakushi02.jpg
鬼娘 羅邪鬼を操作するのですが、
DLCのキャラの中では一番火力があり
多少癖がありますが、ボス討伐に苦労する事はありませんでした。





※ネタバレ含むので畳みます※



Category:朧村正 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |