RSS|archives|admin

2015年のゲームソフトを振り返って・・・

2016.12.28 Wed
今年発売されたゲームを振り返る記事でございます(*´ω`人)

毎年の事ですが、年末になるとゲームソフトラッシュが集中しますよねー
でも今年は特に集中してるように感じます。
2016tsumigame.jpg
今現時点での積みゲー達。

(FF15は実はクリアしてますが、写真を撮った時は未クリアでした。)


発売日順でご紹介しますー
※2016年のゲームのみです※

~1月~
ドラゴンクエスト ビルダーズ(PS4)
マインクラフトや、テラリアの様なビルド系の作品と
ドラゴンクエストのコラボ作品♪

設計図どおりに建物を建てたり、
修復したりするのがとても楽しかった♪

個人的には設計図の種類がもっとあれば良いのになー
シナリオもドラクエ1からのIFの作品でとても良いアレンジでした♪


オーディンスフィア・レイヴスラシル(PS4)
PSのフレンドさん、ツイッターのフォロワーさんの多くが
オデンをプレイされてて 様子見してた私も誘発されて
購入してしまった作品!

シナリオも良いですし、ハクスラもストレスフリーで
サクサク遊ぶ事が出来て 良作だと思います♪

ヴァニラウェアさんが制作された「朧村正」もつられて購入しちゃいました♪
こちらもシナリオは良くて好みですが、
戦闘は若干難易度が高い+作業感があるので
どちらか購入を迷ってる方は 
オーディンスフィアの方を強くお勧め致します♪

龍が如く極 (PS4)
実は購入予定は無かったのですが、
龍が如く6の発売を目前に 急に欲しくなったので購入!
しかし、年末のソフトラッシュで 遊べてないです・・・。

龍6の後にプレイ予定。


~2月~
NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム4(PS4)
ナルト最終章。
ナルト対サスケの最終決戦は迫力があり
この為に購入したと言っても過言では無いです。

ただ、ナルティ3と比べ紙芝居部分が増えてしまったので
作品への没入感は減りました。
今までの作品は紙芝居部分はあるものの、
アニメを見てる様な感覚でムービーを楽しめたのに
今作では ムービーが少なくなったのがとても残念です。

BORUTOとか二世世代は興味が無いので
私にとってNARUTOはこちらで終了。
(あまり誰それがくっ付いたとかカップルとかあまり納得してないので)

アニメでもナルト対サスケの最終決戦が放送されたそうでし、
そこの部分だけBD化して欲しいです。
お疲れ様でした!


いけにえと雪のセツナ(PS4)
昔懐かしのRPGのリバイバルを目的とした作品。
あえて不親切な使用、あの独特なテンポは
ノスタルジーを掻き立てる使用になってます。

ただ、物語をもう少し練って制作して欲しかったかな。
低予算の作品だからか、
キャラクターもシナリオもとても淡泊な仕上がりになってます。

次回作があるなら その部分を踏まえて制作して欲しいですねー


Unravel(PS4)
横スクロールパズルアクションゲーム。
可愛らしい見た目とは裏腹に
わりとシビアな死に覚えゲーです。

雰囲気に惹かれたらプレイしてみては如何でしょう?


百花百狼~戦国忍法帖~(VITA)
PSストア期間限定でPS+会員は60%オフのセールをしてたので
思わず買っちゃいました!

記事にするかどうかはちょっと まだ分からないです。



~3月~
Life is Strange(PS4)
インタラクティブ アドベンチャー。
まるで海外ドラマを見てる様な作品でした。
細かい設定などを気にしたら色々綻びはあるものの
二転三転とするシナリオに引き込まれ
最初苦手だったクロエも物語終盤では大好きになりました。

何度も遊ぶ様な作品ではありませんが、
今年プレイした中でも印象に残る作品♪


初音ミク -Project DIVA-X(VITA)
いつもDIVAシリーズは楽しめていたので
こちらのDIVA-Xも楽しみにしてたのですが、
ちょっと残念な出来でした。

音ゲー部分はとても楽しくプレイ出来るのですが、
シナリオ導入とDIVAルームの延長システムなどが
DIVAシリーズの良さを殺してしまった気がします。

余計な物をそぎ落とし、リズムゲーのみの
初音ミクDIVA Future Tone(PS4)」は楽しくプレイ出来てるので
今後DIVAシリーズが続くとしたら
やっぱり 音ゲー部分に集中して欲しいです。

Future Toneは曲の数が膨大なので
まだクリア出来ておりませんw


~4月~
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚(VITA)
タイトルロゴ、キャラデザに惹かれて購入した作品です。

無味無臭な作品で印象にあまり残りませんでした。
でも杙梛さんは好きでした♪


神々の悪戯 InFinite(VITA)
前作は未プレイです。
キャラ萌えを重視とする作品でここまで楽しめると思いませんでした♪
プレイ前は全く期待もしてなかったので
自分でもとても驚ておりますー(*´ω`人)

トールさん、トトさん、ロキさん萌えました♪
杉山さんの低いトーンとてもセクシーでした♪

楽しい♪楽しい♪

2016kamigami.jpg
楽しかったので ファンブックと北米版のアニメBD購入しましたー♪
アニメはまだ見れてませんが、時間に余裕が出来たら見たいと思ってますー
神あそIFの方のファンブックはまだ出てませんよね
出ないのかなー(´・ω・`)



~5月~
鏡界の白雪(VITA)
評価は高い作品ですが、
イラスト・シナリオ私には合わなかった作品。

大体私は目当てのキャラクターを最後にとっておくのですが、
目当てのキャラにたどり着くまでに
飽きてしまい、力尽きてしまいました。
初めて目当てのキャラを早めに攻略すれば良かったと後悔した作品。

本編よりもオマケの「八白ラジオ」が楽しい!
私にとってこっちがメインでしたー


ドラゴンクエスト ヒーローズ2(PS4)
前作からパワーアップした部分もあるものの、
残念な部分が目立ってしまった作品。

シナリオ面も ビルダーズは面白かったのに
ヒーローズはお粗末。

難易度も上がり 爽快感も無くなりました。
次回作に期待。


~6月~
大正×対称アリス all in one (VITA)
PC版の評判が良かったので
移植をずっと心待ちにしてた作品です♪

乙女ゲーというよりはノベルゲーとしてとても楽しい作品でした♪
エピIIの記事はこちら
エピIIIの記事はこちら
エピローグの記事はこちら



越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~(VITA)
大好きな作品♪
ずっとずーっとVITAへの移植を待ってました♪

ナラン、スレン、ノール萌えます♪
丁寧な文章で読んでてとても楽しいです♪

今回店舗特典が寂しかったのが残念(。>Д<)
新しいナランのドラマCDとか聴きたかったー!!


絶対階級学園(VITA)
対アリと同じく PC版から移植を待っていた作品です♪
ここまで心を抉られる乙女ゲーは久しぶりです!(*゜Д゜)

乙女ゲーのシナリオ展開は
割とぬるい展開が多い中 こちらの作品はエグいので
尖ってる作品に触れられて 新鮮な気持ちでした

ただ、ヒロインがかなりの地雷。
かなり好き嫌いが分かれると思います。



√Letter ルートレター(VITA)
ミステリーを謳ってますが、ミステリーではありません。
買った事を非常に後悔しております・・・。


~7月~
真 流行り神2(VITA)
前作の反省を踏まえて制作された作品。

真1の記事はこちら

真1に比べて大分良くはなりましたが、
「流行り神」としてみると 評価は厳しくせざる得ませんねー・・・

旧作の流行り神をVITA移植して欲しいなー(´・ω・`)


7'scarlet(VITA)
お洒落な作品ですが、
ミステリーものとして もうちょっと尖って欲しかった作品。
ニルアドと同じく無味無臭な作品でした。


~8月~
罪喰い~千の呪い、千の祈り~(PC)
大好きなライター松竹 梅さん(紅花など)の作品なので
楽しみにしていたのですが、ヒロインが合わなかったので
結果的に合わない作品となってしまいました・・・。

次回作も買うので期待しておりますー!


Collar×Malice(VITA)
Clock Zeroのディレクター、AMNESIAのプロデューサーの
島れいこさんがプロデューサーを担当されてる作品なので購入。

オトメイトさんの力の入れ具合を見てる限り
多分 今後展開は沢山あるのでしょうねー

作品全体を見るとX-dayのおさらいばかりなので
ちょっとクドく感じてしまいました。

笹山さんルートは凄く楽しかった!


~9月~
ペルソナ5(PS4)
久しぶりに時間を忘れてプレイしたRPGです
ただ、残念な部分も目立ってしまった作品。

次回作はテンポを良くして、自由度をもっと上げて欲しいです。
期待しております!


悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-(VITA)
乙女ゲーでは珍しく世界設定がしっかりしてる SF作品。
恋愛より シナリオが面白く感じましたー


灰鷹のサイケデリカ(VITA)
粗はあるものの文章、シナリオとても楽しかったです♪
今年楽しめた数少ない乙女ゲー♪

乙女ゲーで楽しくて面白いと思える作品に出会える事は
なかなか無い事なので嬉しい!(*°▽°)9
良かったー♪良かったー♪

(作品が面白くても楽しいと思える事が無い場合が多いです)


~10月~
ワールド オブ ファイナルファンタジー(VITA)
購入予定は無かったのですが、
思いのほか回りの評価が高かったので
購入しました♪

年末のソフトラッシュでなかなかプレイは出来ませんが、
とても楽しみですー♪


~11月~
ファイナルファンタジー15(PS4)
ずっと 発売を楽しみにしていた作品♪
クリアしました!

楽しかったです♪
世間であんなに叩かれる様な作品ではありません。
私はしばらく クリアした余韻に浸りたいと思ってます。


~12月~
人喰いの大鷲トリコ(PS4)
FF15に並んで ずっと発売を楽しみにしていた作品♪


龍が如く6 (PS4)
桐生ちゃんの最終章ということ寂しいです。
私は龍が如く4のシナリオが最高だと思っているので
この最終章が越えられるのか気になる所。


Watch Dogs2(PS4)
洋ゲーは普段遊ばないのですが、
大好きな杉山紀彰さんがご出演されてるという事で
日本語版を購入!

杉山さんにはこういう大型タイトルにどんどんご出演して欲しいですー♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年は本当に大型タイトルが年末に集中してますね・・・
しかも クリアに時間かかる作品ばかり・・・!

ブログの更新頻度が遅くなりそうですね・・・

年明けからまだ怒涛のソフトラッシュが続くので
遊ぶゲームが増えるのは嬉しいです♪

今年は長年待ち続けた作品がいっきに発売された年でした♪
来年の2017年は ドラゴンクエスト11の発売が予定されてるそうで
(延期もしそうですが)
今からとてもとても楽しみですー♪

それでは皆さん 良いお年をー!ヽ(*´ω`*)ノ

Category:2016年のゲームソフト | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

絶対階級学園-Eden with roses and phantasm-

2016.12.24 Sat
zettaikaikiyu.jpg
「絶対階級学園」VITA版の感想です♪

PC版が出ていた頃から気になってはいたのですが、
あまりPCでゲームはしたく無い性質なので
VITA移植版をずっと待ってました♪

ツイッターのフォロワーさん達が悶え苦しみながらプレイされてるのを
見て来たので 購入しても腰が重くてなかなか始められませんでしたw

実際プレイしてみて
心抉られ、うわべだけの人間関係にハラハラしたりと
久しぶりに刺激的な乙女ゲーに出会いましたw

絶対階級のイラストレーターさんは
(他社ですが)Operettaさんの
その愛は病にいたる
淫惑の箱庭
青の嗜虐 緑の被虐
のイラストを担当された 和田ペコさん!(*´ω`人)
凄く綺麗で私の好みです♪




【システム】
ノベル系乙女ゲー。
地の文あり。ヒロインのデフォ呼び無しです。

薔薇:バッドエンドよりのハッピーエンド
石ころ:もやもやするハッピーエンド)
真相:石ころルートの続き
などの三種類のエンディングが用意されてます。

個別ルートはちゃんとありますし、
キャラクターそれぞれの真相の内容は違いますが、
大まかな流れは同じなので 若干金太郎飴です。

プロトタイプさんお馴染みの「次の選択しまでスキップ」は
とても便利なので周回プレイはとても楽です。
オトメイトさん始め他の乙女ゲーメーカーさんも
是非とも導入して欲しいシステムです(*°▽°*)

トロフィーも面倒なのが無く
シナリオに集中出来るのでとても良いですね♪


【シナリオ】
ヒロインや攻略対象が虐げられたリ、
逆に虐げたりと理不尽なイベントが続きます。

童話の「シンデレラ」みたいな
ドロドロとした物が大丈夫な方じゃない限り
プレイは辛い物になります。

実際 私や仲良くさせて頂いてる方々は
かなり苦しみながら 進めました(´ω`;)
ボタンを押すのが辛い!

けど、ここまで心をかき乱された刺激的な乙女ゲーも
久しぶりに触れる事が出来たので
過程はどうあれ プレイして良かったです♪

それから個々の攻略対象に
真相ルートのヒントが散りばめられてるのですが、
感が良い人がすぐに気づくカラクリ。
でも、この情報の小出しの仕方が上手いと感じました。




※ネタバレ含むので畳みます※

Category:絶対階級学園 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-

2016.12.17 Sat
tierblade01.jpg
「悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-」の感想です。

灰鷹のサイケデリカ」が久しぶりに楽しめた乙女ゲーだったので
この波に乗ろう!と思い、
評判の良いティアブレイドにも手を出してみましたー

オトメイトさんの作品、
乙女ゲー作品の中では SFの設定がとても凝ってて
世界観もしっかりしてる 数少ない作品だと思います。

SF好きとしては面白く読ませて頂いたのですが、
灰鷹みたいな読んでて楽しい!という気持ちにはならなかったのが残念です。

それは地の文や文体の好みだと思うので、
作品自体は とても良作だと思います!


【システム】
ノベルゲー。
めんどくさいミニゲーなども無いのが良い!

SF設定重視で恋愛要素は薄目なので
がっつりと甘々な乙女ゲーをプレイしたい方には向かない作品。


「ゼノギアス」や手塚治虫さんのの「火の鳥」、
新井素子さんの「チグリスとユーフラテス」
オルダス・ハクスリーの「すばらしい新世界」を
それぞれ混ぜて割った様な作品です。

これらの作品が好きな方であれば
楽しめるかと思います♪



※ネタバレを含むので畳みます※



Category:悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

BEYOND: Two Souls

2016.12.10 Sat
beyondps3_01.jpg
「BEYOND: Two Souls」の感想です。
PS+のフリープレイとして配信されてたので
ダウンロードしました♪

実はこちらの作品の内容はすでに
ゲーム配信を視聴して 把握しておりました。
面白そうではあったのですが、エンディング回収が面倒そうだなーと思って
なかなか手が出辛かったです。

なので、フリープレイで遊べて良かったです♪

QuanticDream(クアンティック・ドリーム)の次回作
「デトロイト」は購入予定なので
とても楽しみです!
早く予約させてほしいなー(´・ω・`)

Beyondtroph.jpg

トロコンしました!

不思議な事にPS4の画質に馴れてしまうと
PS3時代のグラフィックの粗が見えてしまうのが悲しいですね。
PS3でも十分綺麗なのですが、馴れって怖い。





【システム】
QTE系のアドベンチャーゲームです。
選択しないのも選択の一つで
そのまま 物語が進みます。

プレイヤーが映画やドラマの登場人物に
手助けをしてあげてる様な感覚です。


アクション要素はありますが、
「カジュアルモード」があるので 本当に指示通りに
操作していけば大丈夫なので 苦手な方も進められます。

ただ、
ゲーム性は皆無です。
ゲームをしてるというより させられてる、
映像を見てる、という割合の方が大きいので

ゲームに物語は不要だという方には向いてない作品です。


一周目のプレイ時間は大体8時間位でした。
周期プレイを推薦してるのに
スキップ機能が無い&エンディング内容はほぼ一緒なので
二周目を進めるのが苦痛でした。

もちろんトロフィーは必須では無いのですが、
歯抜けトロフィーが気になってしまう人は
ちょっとモヤモヤするかもです。

フリーズが良く起こります。
PS3の処理能力の限界なのか、
カクついたり、フリーズする事がよくありました。


【シナリオ】
主人公ジョディの人生を振り返るシナリオ。
幼少期から思春期など さまざまな時期の彼女を見守る事になります。

彼女の成長とともにシナリオ進行して行く訳では無く
あえてバラバラの時系列で進めて行くのが面白く感じました。

細かいなーって思ったのは
ジョディの髪型やメイクがそれぞれの 時代によって変化する所。

ローティーン時代の刺しゅう入りのジーンズとかw
反抗期のパンキッシュな恰好だったり
地味なロングだったり、ベリーショートになったり。
個人的にはジョディはポニーテールが似合うと思う(*´ω`*)
実際の女優さんをモデリングされてるんですよね、たしか。


基本的にジョディが酷い目にあってるシーンばかりで
涙を流してるシーンや悲しそうな顔をしてるシーンがほとんどなので
そういう暗い気持ちにさせられるゲームが苦手な方はご注意。


登場人物の中でコールさんが一番好きです!
あの物語の中で純粋にジョディを家族として見てたのは
彼だけで とても良い人でした♪
ライアンさんもイケメンでした(*゜▽゜*)


【不満】
苦労してエンディング回収しても
結局 巨大インフラワールドが
開いたのを閉じようとする所で終わるので
マルチエンドの意味があまり無いです。

一つのエンディング位ジョディが幸せに暮らして
終わる展開があっても良かったんじゃないかな?


上記にも書いてますが、
スキップ機能が無いので二周目が苦痛です。

これは個人的な好みというか耐性だと思いますが、
子供の金切り声が苦手
ジョディ幼少期に発する彼女の悲鳴は耳障りでした・・・。

実はゲーム配信を見ててこの 悲鳴が嫌で
ゲーム購入を控えてた理由の一つでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スキップ問題だったりとか、
エンディングの結末に代わり映えが無いのが残念でしたが、
インタラクティブなアドベンチャーは楽しかったですヽ(*´ω`*)ノ

特にライアンとのお家デートの準備は楽しかったです♪
ビヨンドのほとんどは 霊体との闘いだったり
CIAやSWATから逃げたりとかするイベントが多かったので
もっと 日常的なシーンをプレイしたかったなー


次回作は色々な部分を改善して欲しいですね!
デトロイト楽しみにしてます♪

Category:BEYOND: Two Souls | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

密室トライアングル1 ~オフィス~

2016.12.07 Wed
misshistutriangle.jpg
「密室トライアングル1 ~オフィス~」の感想ですー
本当に久々の紀之さんのシチュCDで楽しみにしてましたー♪
モノクロームという会社の作品で 私はお初です。
(元々好きな声優さんの作品しか買わないのでお初な所が多いのですが)

大人向けシチュエーションCDなので苦手な方はご注意下さい

紀之さんと中澤アユムさんがご出演です。
さて、この作品はタイトル通り、
複数人数系のシチュエーションCDです。

よく大人向けの乙女ゲーのバッドエンドにあるアレです。
私は複数人数で行為を、というシチュは苦手で
この作品のテーマを根底から否定するようで 申し訳無いのですが、
一人ずつ聞きたかったな(´・ω・`)

キス音多めですし、
行為のバリエーションも多いのに勿体ない。

トラックでヒロインに「どっちを選ぶ?」という質問を投げかけるから
どちらかを選ぶシーンもあるのかな?と期待はしてたのですが、
結局 最後の最後まで 3人で行為に明け暮れて終わってしまいました・・。

色っぽいシーンは本編1トラック 10分ほど
ボーナストラック 10分ほど。
ステラワースも大体10分ほど。
全部 ヒロイン+2人との行為です。

ただ、同時にキス音やら 
色っぽい声が聴きたい方にはお勧めの作品だと思います。
私はやっぱり 別々で聴きたかった 涙。


個人的に面白いと感じたのは
声優さん達のアフタートーク!!

今までは 紀之さんの「一言」はあっても
がっつりと トークをする所は聞いた事が無かったので
新鮮で面白かったです♪

しかも、ずっと前から気になってた
ダミーヘッドの収録裏話も聴けて 面白かったですし、
大人向けのCDなのに 中澤アユムさんが放った下ネタも
普通にスルーしてたのは 笑ってしまいましたw

近年で出たので楽しかったのは
大人のメルヘンシリーズ 赤ずきんとオオカミさん ~肉食系の彼~」と
もっとカレと一緒におふとんでイチャイチャごろごろするCD~ Midnight ~」かな

シナリオで面白かったのは
その愛や病にいたる」ですかねー
最近 続編が出ましたが、何故 叶衛ないの(涙)

次回の紀之さんがご出演される シチュCDに期待ですー♪


Category:密室トライアングル1 ~オフィス~ | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Collar×Malice

2016.12.03 Sat
collarmalice01.jpg
「Collar×Malice (カラーマリス)」の感想です!

購入切っ掛けは 島れいこさんが関わってらっしゃるから!
でも、残念な事に島Dさんでは無く 島Pさん作品なんですよね・・・

島さんがディレクターを務めた作品は
「S.Y.K ~新説西遊記~」、「CLOCK ZERO 〜終焉の一秒〜
(しーぜっとー!ヾ(*´ω`*)ノ)

プロデューサーを務めた作品は
AMNESIA」「RE:VICE[D]」 そして 今回の「Collar×Malice」

アムネシアはファンとまでは行かなくても
無印は尖ってて 手汗握る展開にハラハラドキドキして好きな作品です♪

リヴァDさんは、共通ルートは好きだったのですが、
個別ルートで 力尽きてしまった印象。
あまり制作にお金掛かって無いように見えました。


collarmalicesoftware.jpg

さて、今回のカラマリですが、
大分 制作にお金かかってるな、というのが感じられました。
絵師さんも アムネの花邑まいさんですし、
オトメイトさんが 売り出す気満々な作品なんだなと
発売する前から 感じました。



【システム】
ノベル型の乙女ゲー
何時ものオトメイトシステムです。

近年のオトメイトの作品は
共通ルートそこそこにサクっと個別ルートへ入って
数時間で終わるという アッサリ系が多いですが、

カラマリは4~5年前のオトメイトさんみたいなボリュームです。

スキップ速度も遅いので
バッドエンド回収が割りと大変でした。

なんか良い意味でも悪い意味でも昔懐かしのオトメイトという感じ(*´ω`*)


トリガーシステム
物語の冒頭で いきなりなんの説明も無しに始まった時はビックリしましたw
目押しでタイミング良くボタンを押すという
謎の要素。

毎度毎度思うんですが、オトメイトさん別に
無理してゲーム性を出さなくても良いのよ?(´・ω・`)

今回も必要性を感じないミニゲー要素でした。

他にもアドベンチャーゲームみたいに
探索要素はあるのですが、
あまり必要無い様な気がしました。

証拠集めて 裁判を起こす様なゲームでも無いですし・・・。



collarmalicemenu.jpg
メニュー画面とか滅茶苦茶凝ってます!
お洒落ですよねー♪


collarmalicename.jpg
名前入力画面なども女の子が好きそうなデザインですし、
こういう細かい所までデザインをされてるのは好感が持てます!

猫を基調としてるデザインで
キャラも猫目なんです!


攻略制限ありです。
メイン攻略対象は 全員攻略してから攻略可能となります。
なんかコドリア、ニルアドと続いて最近 メインを最後に攻略させる
作品多くなりましたね オトメイトさん。



【シナリオ】
基本的にカラマリは「X-day事件」を軸に描かれていて
作り手側がプレイヤーにこの事件を深く理解して欲しいのか、
何度も何度も 同じ事件について キャラ達が考察します。

ちょっとコレは個人的にクドいかな、と感じました。

共通ルートでも X-day事件について 触れて
個別ルートで掘り下げる形なのですが
別ルートなのにずっと デジャヴを感じてしまって 
個人的にはマイナス要素でした。

色んな作品に触れてる方だったら
黒幕の正体がすぐに分かってしまう位に在り来たりなので
非常に残念でした。

どうせなら アムネシアみたいにもっと冒険して欲しかったです。

私は5人のシナリオの内とても
楽しかったのは笹塚尊ルートでした。
この笹塚さんのシナリオを担当された方はどなたなのでしょうか??

複数ライターさんが関わってるので
誰がどのルートを担当されてるのか分かりづらいんですよね・・・

笹塚さんは私が文章を読んでいて好きな要素が
(地の文で見せるさり気ない人物の細かい描写などなど)
入ってたのでとても楽しく読めました♪





※ネタバレを含むので畳みます※


Category:Collar×Malice | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |