RSS|archives|admin

龍が如く6 命の詩。

2017.01.28 Sat
「龍が如く6」の感想です。

桐生一馬の最終章らしく。
シリーズ制作陣はコレが(現段階では)桐生の最後の作品だそうです。

ソレを聞いて寂しさを感じつつも
今作をとても楽しみにしておりました。

が、作品内容にどんどんプレイする意欲が無くなっていきました。
※結構 辛口です※

tugiplaysururyu.jpg
本当は6の前にプレイする予定だった「龍が如く 極」
今思えば コレを先にプレイしなくて良かった。

「極」めちゃくちゃ面白いです!!!
6で沈んだ気持ちを浄化させてくれました♪

ryuomoideseries.jpg
「龍が如く 見参」、「龍が如くOTE」、
「クロヒョウ」シリーズ以外は全部プレイしてきました。

「龍が如く1&2 HD」はPS+のフリープレイで遊びました。

シリーズの中で4が一番好きで
他の作品もシナリオ内容に疑問や不満があっても
魅力的なキャラだったり、サブストーリーだったり、
ミニゲームとかが用意されてたりして
整合性が取れて無くても笑って許せるレベルでした。

今作はシリーズファンを裏切る様な出来です。
キャラクターに愛着ある方にはお勧め出来ません。

FF15ではキャラクターに愛着がある方は楽しめると記事に書きましたが、
龍が如く6はキャラクターに愛着がある人ほど 辛い作品になります。


【システム】
シナリオのみのクリア時間は13時間ほどでした。

龍が如くシリーズの特徴は メインがシリアスで
サブはギャグ路線からハートフルストーリーと幅広く
メインからのギャップを楽しむ物だと思ってます。

コレが本当に良い息抜きなるんですよ!
riyuugagotoku6.jpg
今作ももちろん サブストーリーははっちゃけてるのもあるのですが、
全体的にボリュームダウンした様な気がします。

以前はキャバつくだったり、桐生本人がホストになったりと
ミニゲームもメインと称しても良い位のクオリティーだったり
とにかく「寄り道が楽しい」作品でした。

riyuugagotoku6_2.jpg
例えば楽しみにしてた 「ネコカフェ」情報が出た時はてっきり
キャバつくみたいに 猫をプロデュースして
売れっ子ネコを育てるミニゲー
を想像してたのですが、
猫はただ「集めるだけ」、全部集めても 「眺めるだけ」
ええ?神室町一のネコカフェ経営をするんじゃないの!?とかなりガッカリしました。

普段だったらサブストーリーはコンプ出来る物はするのですが、
今作はシナリオの出来も影響して
あまりこの世界に浸っていたくないと思って 挫折してしまいました。


【不満】
・遥
・シナリオ
・戦闘アクションが不便
・神室町の縮小
・歴代キャラクターの扱い


アクション部分が不便
今までのシリーズに比べ爽快感が減りました。
スキル解放していけば もちろん強くなっていくのですが
桐生の動きがとてもぎこちないです。

更に戦闘後のお金の入手も確率も減ったので金欠になりました。
龍が如くをプレイしてて お金に困った事は無かったので
回復アイテムが買えない事とか、コンビニアイテムの回復量の激変など
システム的に不便に感じる事が多々ありました。

従来のシリーズですと、
ダンジョンに余るほどの回復アイテムを拾う事が出来るのですが、
今回は供給が少なく、直ぐに枯渇してしまいます。

0と極では戦闘スタイルを変更出来る新しい仕様になってるのに
6で従来の戦闘に戻した理由は何故なのでしょうかね?
従来の戦闘でも 過去作の1~5の方が爽快感はありました。


神室町の縮小
チャンピオン街や賽の河原など 以前行けた所も行けない
カジノで毎回 黒い石、赤い石を使ってお金稼ぎをしてたのに今回それが出来ない。

riyuugagotoku6_3.jpg
画像サイズが小さいので見えにくいかもしれませんが、
黒塗り部分は 行けない場所です。

riyuugagotoku6_4.jpg
工事中という設定で 通れません・・・。

コインロッカーの変わりに金庫の鍵が用意されてますが、
コインロッカーの鍵が無いだけで 龍が如くらしさが無くなりました。
たとえ ゴミしか入って無くても コインロッカーを開けるのが
楽しみだったのに 本当に残念でならないです。

サブストーリーもフルボイスになったせいか、
シリーズお馴染みの吹き出しの「パタパタ音」が無くなったのは凄く寂しいです。


歴代キャラクターの扱い
最終章のはずなのに 桐生の隣に立ってるのは歴代キャラクターではありません。
芸能人がモデリングされた 新キャラばかりがスポットライトに当たり
最後の最後まで彼らばかりが 目立ちます。

龍が如くで 芸能人が見たい訳では無いです。

私が求めてたのは
真島の兄さん、冴島さん、花屋さん、伊達さん、秋山さん達の活躍です。

本編では秋山さんと伊達さんはちょろっとしか出てきません。
真島の兄さんや冴島さんはほとんどモブキャラです。
花屋さん、一輝、小牧さんは一切出てきません。

最終章なのであれば 生存キャラのオールスターファンサービスをしてもらっても
良かったのではないか?むしろ ファンはそれを求めてたのでは無いか?




※ネタバレを含むので畳みます※

Category:龍が如く6 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Watch Dogs2 と レンチ君フィギュア!

2017.01.21 Sat
watchdogs2.jpg
「ウォッチドッグス2」の感想です!

洋ゲーは普段プレイしないですし、
前作も手を出してないのに何故 今作をプレイしたかというと
杉山紀彰さんがレンチ役としてご出演されてるから!(*´ω`*)

純粋にゲームが楽しみで購入した訳じゃないので
かなり不純な動機ですが、良い体験になったと思います。

watchdogs2_2.jpg
トロフィーはこんな感じ。
オンライントロフィーもあり、イージーモードでもかなり
苦戦する位 難易度は高い作品なので
プラチナは私の腕では無理です。


【システム】
プレイヤーによってプレイスタイルは変わると思うのですが、
基本的にはメタルギアなどでお馴染みのステルスアクションゲーだと思います。

主人公マーカスのスキルが取得する事で
ハッキングの種類が増えるのですが、
必ずしも楽になるという訳では無いです・・・。

具体例だと
車をハッキング出来るスキルを取得すると
車を遠隔操作出来る様になるのですが、
ドライバーをハッキング出来なくなります。

ドライブしながら送金ハッキングしてたりしたのに
以前出来た事が出来なくなるというのは結構なストレスです。

ハッキングのパズル要素は単純で個人的に楽しかったです。
アレ以上複雑化したり、制限を設けたり、頻度が多くなると
ただただ苦痛な作業になるだけなので、
ウォッチドッグスをシリーズ化するとして あのシンプルさを大切にして欲しいです。

私が重宝したスキルは
指名手配犯やギャングの裏切り者に仕立て上げるハッキングスキルでした。
警察とギャングが入り乱れて勝手に争ってくれるので
上手く行けば 自分が干渉せずに潜入出来るので楽です♪

ドローンで爆弾を落として敵を遠隔で全滅させる事も可能ですが、
私は一度も成功した事が無く その上8割方 不発に終わります・・・。

プレイヤーによって遊び方も変わるので
ご自分にあった スキルを見つけるのも楽しいのでは無いでしょうか?

雰囲気はひたすら明るく、
若さと無謀さを前面に押し出した作品となってます。
watchdogs2_1.jpg
シナリオは終始こういうノリが続きます。

GTA(グランド・セフト・オート)ほどではありませんが、
ハリウッドのジュブナイル映画に良くあるような
若干汚い会話が多いので 苦手な方はご注意を。

バグに数回遭遇しました。
オープンワールドはまだ発展途上のコンテンツだと思うので
仕方が無いと思います


【不満】
・警察/追跡者が強い
・車の運転
・せっかく舞台がサンフランシスコなのに入れる所が少ない
・英語音声が入ってる

警察/追跡者が強い
基本的にAIが強い上に 応援要請の対応が早いので
割とストレスでした。

後半とあるキャラを操作する事になるのですが、
そのミッションでは気持ちよく無双させて欲しかった。

車の運転
オープンワールドなので乗り物移動は必須なのですが、
ハンドルスリップしやすく 追跡ミッションがかなり辛い。

小型自動車やバイクの方は小回りが利くのでこちらを使ってました。


入れる所が少ない&やれる事が少ない
せっかくサンフランシスコやベイエリアを再現してるのに
入れる建物やその街でやれる事が少ない事がとても残念です。

飲食店ももっともっと用意して欲しかった。

サイドミッションは存在しますが、
基本的にメインミッションと変わらない内容なので
もっと軽めの内容を用意して欲しかったです。

例えば「龍が如く」シリーズのサイドストーリーみたいに人助けをするとか。
フォロワーを増やす事が目的なのであれば
デッドセックメンバーがお使いをしても良いんじゃない?(´・ω・`)

メインは緊張感があり とても疲れるので、
メインとサイドのメリハリが欲しかった。

英語音声
日本のローカライズ化の予算に関係か、
敵、モブキャラの音声が英語のままなので
日本語と英語が入り乱れる現象が多々起こります。

不満というほど不満ではありませんが、
没入感は減りますね。


【シナリオ/キャラクター】
シナリオは正直そこまで 惹き込まれるような内容ではありませんでした。

ですが、
デッドセックメンバーがとても魅力的で最後まで
飽きる事無く楽しむ事が出来ました♪

キャラの掘り下げが足りない所も多々ありますし、
マーカスと出会ってそこまで時間が経ってないのに
お互いがお互いを理解しあってる所は 不自然ですが、
元々のキャラの魅力で気にならなくしてくれます。

私のお気に入りはレンチ君!
CVが杉山さんだから、というだけでなく
レンチ君には不思議な魅力があります♪

全然性格は違いますが、
「龍が如く」シリーズに出てくる 真島の兄さんとか
映画の「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クインみたいな
イカれた魅力的なキャラという印象を受けました。

私は好きな声優さんでも無条件でキャラを好きなったりしないので
それだけ レンチというキャラクターが良かったんだと思います。
制作サイドの彼に対する愛情も感じられました♪

「ロボット戦争」のミッションでレンチがJrをハグする演出は細かいなーって思いました


【レンチ君フィギュア】
フィギュアを購入しちゃいました♪
フィギュア付きの限定版が売ってたと思いますが、
私は別売り版!
watchdogs2_figure.jpg
スケールフィギュアの難しい所は
商品が発売されても キャラクターの顔が若干違ったりして
購入意欲が沸かない事が多いのですが、

レンチ君は元々マスクを付けてるので
再現度はとても高いです!

マスクの表情は付け替えられますが、
マスクの下までは作り込まれておらず、
レンチ君のっぺらぼう(ちょっと怖い)


watchdogs2_figure2.jpg
後ろ姿はこんな感じ。

思ってたよりもサイズが大きくて
使ってるケースに入りませんでした・・・。
(私が調べなかったせいです)


watchdogs2_figure3.jpg
アップにする髪の生え際の作り込みが甘いですが、
値段とか総合的に見て フィギュアの出来はとても良いです♪
服のしわとか靴の汚れも細かい♪


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回作は購入するかどうかは分かりませんが、
シリーズ化するのであれば 色々ブラシアップして頑張って欲しい作品です♪

コレクタブル要素など回収しきれてないので
まったりとプレイしていきたいと思ってますー(/・ω・)/

Category:Watch Dogs2 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

The Witcher 3: Wild Hunt

2017.01.14 Sat
witcher3.jpg
「ウィッチャー3 ワイルドハント」の感想です!

普段は洋ゲーはプレイしないのですが、
リアルの友達が「サブシナリオの数が多いよ」って教えてくれたり
ツイッターやブログでお世話になってる方にもお勧めされたりしたので
思い切って購入しました!

witcher3_02.jpg
今作は声優さんとか拘ってる訳でも無かったので
私は北米版を購入しましたー

日本版と違って規制はされてないので
女性のトップレスのシーンが頻繁に出てきたりしますし、
グロい描写も割とあります。

witcher3_03.jpg
中にはマップとウィッチャーの狼メダリオンシールが入ってました♪
RPGといえばマップ!
こういうファンサービスは嬉しいです♪

追加シナリオのDLCも購入&プレイ済みです。

witcher3trophy.jpg
取得トロフィーはこんな感じ。
時限トロフィーも多数存在する上にアクションの技術を問われる物もあるので
私にはコンプは無理だと 断念。



【システム】
洋ゲーのオープンワールドRPG
若干UIが不親切なのとカメラワーク、カメラの感度が特殊で
馴れるのに時間が掛かります。

レベルはモンスターを討伐して稼ぐ物では無く
クエストクリア形式で経験値を稼いでいくので
最初このシステムに戸惑ってしまいました。

冒頭ではレベルも中々あがらず
フィールドのモンスターも割と強いので
何度もドラウナーにリンチされました。

物語の後編までずーっとシリの行方を追ってるので
ドラクエ2で言う所のサマルトリアの王子を探してる様なイベントが続きます。

良かった所と悪かった所の箇条書き。

良かった所
・サブクエが豊富
・分岐が細かい
・武器防具の種類

サブクエが豊富
とにかく種類が豊富。
お使い系のクエストですぐ終わる物もあれば
通り魔事件の犯人を捜す探偵系のクエストもあり。

サブクエもシナリオが用意されてる物も沢山あるので
なかなかメインクエストにたどり着く事が出来ませんでしたw

ダークファンタジーという事で
中には最善の選択肢が無い物もあり
後味の悪い終わり方をする事も多いです。

前作のシナリオと絡む物も多いので
置いてけぼり感はありますが、その辺は軽く流す程度で
楽しんでました。


分岐が細かい
サブクエもそうなのですが、
メインクエストでも過去に選んだ選択肢が反映されます。

私が操作の仕方に不慣れだった物語冒頭で
宿屋で喧嘩騒動を起こしてしまい
(宿屋の主を助けた形にはなりました)
物語中盤で 助けた相手に「人殺し」扱いされました・・・。

(結果的に殺人騒動起こしてしまったけど)
「助けてあげたのに!」と理不尽な思いをしてしまいましたが、

もし騒動を起こさなかったら
咎められる事は無かったのかな?と凄い気になります。

エンディング分岐もあります。
私はヒロインのエンディングだけなのかと思ってたら
シリ関連の選択肢もバッドエンドかどうかで決まるという事を
直前で知りまして・・・。

しかも攻略サイトに記載されてるグッドエンドに行く為の選択を
選んでなかったのでバッドエンドかと思ったのですが、
無事イェネフファーエンド!!(*´ω`*)やったー♪
シリを皇帝に会わせて余計な選択肢を選ばなかったのが
良かったみたいです。

武器防具の種類
宝探しクエストや倒した敵から拾ったりと
武器防具の種類は豊富です。

見た目に拘るのもよし、特性の拘るのもよし。

私は狼流派をメインで使ってましたー♪
見た目もカッコイイ!




悪かった所
・ロード時間
・マップのマーカーやバグ
・ファストトラベルが不便
・常に金欠


ロード時間
オープンワールド系のゲームだから仕方が無いと思います。
FF15もウォッチドッグス2もプレイしてて
どうしても 冒頭のロードが長くなるのは仕方が無いのですが、

結構死亡率が高いゲームでのこのロード時間は結構堪えます。
また、メニュー画面がワンテンポ遅いのが気になりました。

「今どこに居るんだろう?何処へ行くんだろう?」と
マップを開く時の表示されるスピードが数秒かかります。


マップのマーカーやバグ
コレもオープンワールドゲーの宿命と言いますか
こちらの作品はバグは多いです。
発売から結構アップデートやパッチが実装されてるので
時が経つつれに改善はされていくと思います。

私が遭遇したのは
・旅商人の増殖(物が買えない)
・ワイバーン空中で倒れる
・村の馬が屋根に佇む
・ローチ(馬)の装備のグラが消える
・ゲラルドさんだけがフリーズ
色々ありますが、
まぁ 目くじら立てるほどの物じゃないです。

私がストレスを感じたのはこの作品のマップマーカーです。
とても不親切です。

次の移動場所まで 方向が表示されるのですが、
方向が定まらないので グニャグニャしてて
移動の度にイライラします。

「ドップラーを逃がした報酬を物乞い王から受け取る」というサブクエで
マップマーカーがクエストと関係ない所に表示されてて
YouTubeで攻略動画を見てクリアしました。
日本版はどうか分かりませんが、
北米版ではランダムバグでは無く 制作の設定ミスみたいなので
こういう細かい所で 気になる所が結構あります。

メインクエでとある砦を壊滅してしまうのですが、
そこの商人から設計図の場所を購入出来なくなってしまうから
攻略サイトや動画などで設計図探しを対応しなければならない事とか。
追加コンテンツだったら こういう所も気遣って欲しかったです。


ファストトラベルの面倒臭さ
マップが広大で移動時間がダルいのは
オープンワールドだから仕方が無い。

しかし、ファストトラベルはもうちょっと どうにかならかったのかな?
ポストを使わないと移動出来ません。
建物の中はともかく 好きな時にファストトラベル使わせて欲しかった。

ダンジョンもドラクエで言う所の「リレミト」が無いので
クリアしたら自力で帰らないといけないのがとても面倒。

「ルーラ」と「リレミト」が欲しい。

常に金欠
ウィッチャーさんの宿命なのかもしれない。

色んな攻略サイトでバグを使った
お金稼ぎがあるのですが、パッチが配信される度に使えなくなる

新しいお金稼ぐバグを見つける→パッチのイタチごっこ。

私はケイア・モルヘンの 飛び降りロードで稼ぎました。
結構時間かかりましたし、必要なお金を得られたら
もう二度と 繰り返したくない作業なので
もうしません。

このお金でウィッチャー狼装備(伝説級)と
DLCのゲラルドさんの家のリフォームに使いました。

クエストやモンスターを討伐してもお金はあまり入ってこない使用なのが
とても 厳しいし バグや不具合を利用したお金稼ぎに頼らないと
まともに お金が入ってこないのが残念。

戦闘要素もあまり爽快感は得られないので
好みは分かれるかもしれません。


witcher3_01.jpg
システムとか色々大味ですが、
それを差し引いても面白い作品だと思いました♪

私はDLCの「血塗られた美酒」が
本編と違った雰囲気でとても楽しめましたw

witcher3dlc.jpg
このスクショでは見辛いかもしれませんが、
ゲラルドさんユニコーンに乗ってますw

本編だとダークファンタジーらしい
暗い色調だったり 町や村もスラム街が多かったりと
荒廃してる所が多い印象なのですが、
このDLCは 色鮮やかでとても平和ですw

野生の孔雀が歩いてた時は
思わず追いかけてしまいましたw

お馴染みのおとぎ話関連のお話しも続いたりと
このDLC終わらせたくなくて 途中セーブもとっておいてますw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シリーズを通して遊んでる訳では無いので
特にキャラクターに思い入れがある訳では無いので
シリーズファンほどは シナリオにのめり込む事が出来なかったのが残念。



ウィッチャー1&2がもし
移植されるのであれば 遊んでみたいです!

Category:The Witcher 3: Wild Hunt | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

FINAL FANTASY XV

2017.01.07 Sat
FF15_01.jpg
「FINAL FANTASY XV」の感想です!

「ノクティス王子、ノクティス王子」で始まる2011年のトレイラ―を見て以来
ずっと気になって楽しみにしていた今作。
待てども待てども発売が決まらず 今年やっとやっと遊ぶ事が出来ました!

※ちなみに2011トレイラ―の映像は本編には収録されてません※

FF15_02.jpg
デラックスエディションを購入ヽ(*´ω`*)ノ
ついでにコチラに届くのに時間がかかるのでDL版も購入しました!
シーズンパスも購入済み♪

発売前から 色々叩かれた本作、
まぁ、発売後も売れようが売れまいが
どうせ 叩かれるんだろうなーと思ってたら
やっぱり 叩かれてますね。

面白半分に叩いてる所もあるので、本当に性質が悪い。

はっきり言って世間であそこまで叩かれる様な作品ではありません。
シナリオはキャラクターの事が好きになれるかで
大きく左右する内容になっていますので
好き嫌いが分かれます。

私はキャラに感情移入が出来てたので、
エンディング後 余韻に浸る事が出来ました。
放心状態に近かったです・・。(´;ω;`)

FF15_04.jpg
FF15には色んなコラボがある中
一番驚いたのはファッションブランド
「ヴィヴィアン・ウェストウッド」の看板がある事!
ルーナのウェディングドレスのデザインをされてるそうですが、
お店まであるとは思いませんでした!
しかも好きなブランドなので嬉しいです♪


FF15trophy.jpg
トロコンしました♪
今作は難しいトロフィーが無いのが良かったです。
取得まで69時間。
グラディオさんのスキル上げに気を使いました。



【システム】
アクションRPG。

最後の戦い以外はイージーモードでプレイしました。
イージーにしても ゴリゴリHPが削られて行くので
割と難易度高めです。

救済処置としてポーションを乱用ゴリ押しでクリア出来るのが良かったです。

FF15をプレイする前に「ウィッチャー3」をプレイしたので
マップやらUIやらの親切さはやっぱり 
日本のゲームメーカーさんならではだと感じました。

FF15_07.jpg
初回クリア時のレベルとタイムです♪
バグですが、私はクリアまでの遭遇は2回。


良い所と悪い所の箇条書き。

良い所:
・キャラクター
・会話や作り込みが丁寧
・サブクエが豊富
・ギルに困らない
・戦闘がシームレスでテンポが良い

キャラクター
上記にも書きましたが、
この4人のキャラが好きになれるかどうかで
ゲームを楽しめるかどうかにかかってます。

「ホストホスト」と最初から叩いてる方や
キャラクターに嫌悪感を持ってる方は楽しめるはずも無いですよね(´・ω・`)

私は最初はFF15のキャラはどうでも良かったのですが、
パーティーキャラの掘り下げはとても丁寧で
彼らの事が好きになりました♪

感情移入しやすく作られてます。

もう関連はしてませんが、
FF13はライトニングとサッズは好きだったのですが、
他のキャラの印象が私の中では薄いので
今回のこの作りは上手いと思いました。

FF零式も操作キャラが多い為か
一人一人あまり焦点を当てる事無くお話しが進むので
エンディングまで誰が誰だか分からないままプレイしてました。


FF15_03.jpg
チョコボ可愛い♪

FF13のグラン=パルス版のチョコボより
こちらのオーソドックスなチョコボの方が可愛いです♪


会話や作り込みが丁寧
プレイした方は分かると思いますが、
道中でもキャラクターは喋る喋るw

ダンジョンでも関連した会話を繰り広げるので
作り込みや細かさにビックリ。

キャラが暗い場所で空き缶か何かに躓いたりするモーション+
その音にビビるキャラ&会話。

など、
一度しか聞けない会話も沢山ありますし、
聞いてて楽しいです(*´ω`*)

FF15onigiri.jpg
お食事でステータスを上げたりするのも良いと思いました♪
ヴァニラウェアさんの作品だとお馴染みですよねー♪
美味しそうな料理を目にするだけでも楽しい!

他にもレガリアを運転してると時々モンスターが道を横断したり、
首長系のモンスターの群れを目撃した時は
ジュラシックパークを彷彿とさせました(*´ω`*)



サブクエが豊富
ウィッチャー3には遠く及びませんが、サブクエの数が豊富。
消化するのにメインクエが中々進まず寄り道ばかりしてましたw

そんなサブクエですが、ミニシナリオ位は入れて欲しかったなー
アレ探してきて、コレ倒してきては味気ない。

モブハントも一つ一つでは無く
沢山受注出来る様にして欲しかった。


ギルに困らない
遊び方にもよりますが、
サブクエやモブハントをクリアしてれば
ギルに困る事はありません。

コレは多分 アクション苦手な人の為の救済処置の為だと思います。
私もハイポーションやエリクサーを大量買いして
本当に助かりました。

戦闘
アクション下手な私が言うのもなんですが、
戦闘はシームレスでテンポが良く
タイマイみたいな大きくて無駄に体力のあるモンスターで
無い限りは雑魚戦は ストレス無く楽しく遊べました。

シフトブレイクでトドメを刺したり
リンクアタックが決まると気持ち良いです♪


悪い所:
・王都とテネブラエを散策したかった
・探し物クエが見つかりにくい
・車の移動時間がダルい
・後半もっと掘り下げて欲しかった
・召喚獣のラムウさん以外も仕事しようぜ
・大型モンスターとの戦闘のカメラワーク

王都とテネブラエを散策したかった
折角 ムービーやコンセプトアートが綺麗なのに凄く勿体ない!
敵が出ない、襲撃される前の街の様子を散策したかったです(。>Д<)

パーキングエリアとかレストエリアの数は多いのですが
基本的に街の数が少ないのが 残念かなー・・・

探し物クエが見つかりにくい
FF15_06.jpg
他のゲームだと探し物は妙に色が浮いてたりとかで
いかにもな感じなのですが、
グラフィックを重視したせいか、マーカーも見にくいです。

カエルを探すクエとかもゲーム時間1日費やす事も・・・。
こんな時にウィッチャーの感覚が使えたらなー

車の移動時間がダルい
一度行った場所はファストトラベルが出来るので良いですが、
初めて行く場所だと 5分とか車乗り続けたりする事もあるので
その時間を持て余してしまいます。


後半もっと掘り下げて欲しかった
制作時間が間に合わなかったのか、
帝国軍とか敵キャラの描写不足と感じる所が多々ありました。

レイヴスは今後アップデートで彼のエピソードが追加されるらしいですね。
シナリオ後半は特に彼に関する情報が抜け落ちているので
想像で補完するしか無かったのが残念。

早く実装して欲しいですが、二周目プレイしないとお目にかかれないのが残念です。

13章も異常に長くてしんどい。
けど、私は回復アイテムは潤沢でギルも豊富だったので
攻略に苦しむ事は無かったです。しんどかったですが・・・。

ノクトが頼れる仲間も無く孤独に一人で戦う事を強制させられる事で
プレイヤーとノクトとのシンクロ率を上げてる演出なんじゃないかなと
個人的に解釈。


ラムウさん
召喚出来る六神は何体か居るのですが、
シナリオクリアまでに演出以外にはラムウさんしか仕事してくれませんでした。
召喚獣は強力なので プレイヤーの意思で召喚してると
ゲームバランスが崩れてしまうから 制作側が配慮した結果なのでしょうが、
もっと他の召喚も試して見たかった(。>Д<)


カメラワーク
大型モンスターとの戦闘でカメラワークの悪さが目立ちました。



私はゲームの批評や不満はどんどん言っても良いと思うけど
制作スタッフ、楽しんでるプレイヤーに対しての誹謗中傷や
必要以上な叩き、デマ流しは気持ち悪いと思います。



FF15が再始動するにあたって
どれだけのシナリオが改変されたんだろう?

昔のPVを見る限り 「エトロ」という単語が出てきたりするので
FF13の神話と 繋がりがあったみたいですが、
今回は丸々排除され、難しい単語も無く
シナリオもシンプルで分かりやすく作られてます。

元々は関連作品だった
FF13やFF零式のシナリオは難解で
一回で理解するのは困難なので、FF15のシンプルさは良いと思いました。

スタッフのぶっちゃけ話しとか聞きたいですね。



【シナリオ】
ノクティスが真の王となる為の旅。
その意味を知った時はやるせない。





※ネタバレを含みますので畳みます※

Category:FINAL FANTASY15 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

あけましておめでとうございます

2017.01.01 Sun
あけましておめでとうございますー!

2016年 うちのブログにご訪問して頂いた皆様
ありがとうございました!ヽ(*´ω`*)ノ

2017年もお暇な時に足を運んでくださると嬉しいです♪

去年のハイライトはやはり
今まで何年も発売されなかった
「ファイナルファンタジー15」や「人喰いの大鷲トリコ」が発売された事でしょうか?
世間の評価はどうあれ 私はFF15は楽しかったです♪

2017年も色んな作品に出会えると良いなーと思っております。
もちろん 杉山紀彰さんの声も沢山聞きたいです!

まだまだソフトラッシュも続きますし
なかなか思う様に消化は出来ておりませんが、
沢山ソフトが発売されて嬉しい限りです♪

今年もよろしくお願い致します♪
それから「Clock Zero」や「越えざるは紅い花」の応援もよろしくお願い致しますー♪
2017akeome.jpg
(オトメイトガーデン衣装のClock Zero 撫子と寅之助)

Category:新年のごあいさつ | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |