RSS|archives|admin

ワンド オブ フォーチュン R2 ~時空に沈む黙示録~

2019.06.29 Sat
wandR2_vita09.jpg
「ワンド オブ フォーチュン R2 ~時空に沈む黙示録~」(VITA)の感想です。

実はワンドRをプレイしてから
キングダムハーツ3ドラクエビルダーズ2をプレイしてしまってるので
ちょっと時間が経ってからプレイしてます。

ワンドRの記事はこちら

時間が空いてしまったのは他のゲームをプレイしてたから、
というのもありますが、やっぱり作業や通い要素がネックとなってしまいました。


【システム】
ターン制の作業+ノベルゲー。
前作より遥かに遊びやすくなってます。

1人攻略するのに手間もあまりかかりませんし、
物語を追うだけならサクサク進められるます。

ただ、オマケにランダム要素が加わってるので、
今回もトロコンは断念。

(いつ出て来るか分からないドラゴンの為に周回する体力無いよ・・・涙)

それ以外は普通にノベルゲーですので、
作業が少な目で本当に有難い。

これならワンドR2FDもすぐに遊べそう!!


【シナリオ】
ワンドRの全属性エンド、誰とも結ばれなかったエンドの続きとなってます。

前作は学園物、という感じでしたが、
今回はどちらかというと、RPGのファンタジーな世界観が強調されてます。

私は学園物はあまり得意では無いので、
仲間と探索したり、その土地や歴史を紐解いていくスタイルの方が好み!




※ネタバレを含むので畳みます※

Category:ワンド オブ フォーチュン R2 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

逆転裁判 成歩堂セレクション

2019.06.15 Sat
gyakutensaiban_naruhodo_PS4.jpg
「逆転裁判 成歩堂セレクション」(PS4)の感想です!

逆転裁判123は本当に大好きな作品で
DS版を何度も繰り返しプレイしました。

まさかPS4で出ると思わなかったので、
パッケージ版とDL版両方購入!


※ネタバレを含むと思いますので注意して下さい※


逆転裁判1 (DS)版の感想はこちら
逆転裁判2 (DS)版の感想はこちら
逆転裁判3 (DS)版の感想はこちら

gyakutensaiban_naruhodo_PS4_02.jpg
私はトロフィーを集めるのが好きなので、
逆転裁判が私のコレクションに加わったのが嬉しいです♪

色々ゲーマーとして失格かもしれませんが、
トロフィーが付かないゲームはモチベーションが沸かないんですよよね・・・

トロフィーは攻略サイトを見ながら簡単に集められます♪
ただ、バグなのか、不具合なのか分かりませんが、
全シナリオクリアのトロフィー
オトコが泣くのは・・・・すべてを終えたときだけ、だぜ。」が、
何故か初回で取得出来ず、逆転裁判3のエンディングすぐ見直したら無事取得し、
トロコン出来ました♪


スマホ版の移植との事なので、
正直システムに若干ラグがあったりして 手抜き移植でした。
一部のファンの方々はフルボイスを希望されてる方も居るみたいですが、
私は逆転裁判はフルボイス不要派です。
ナルホドくんの「意義あり」はタクシューさんが一番しっくり来る。

(ちなみに、かまいたちの夜は青シルエット派だったりもします)

今までDSやGBAで潰れてた絵がくっきりはっきり見えるので、
何度も遊んだ作品なのに新しい発見が沢山あって 楽しかったです♪


gyakutensaiban_naruhodo_PS4_06.jpg
「逆転裁判 蘇る逆転」
やっぱりプレイしてて、
ナルホドくんとマヨイちゃんは黄金コンビだし、
ナルホドくんとミツルギ検事の闘いは熱くて好き。

ただ、やっぱり5章の「蘇る逆転」は1の作品から浮いててあまり好きなれない。
アカネちゃん可愛くて好きなんですが、
やっぱりナルホドくんの隣はマヨイちゃんじゃないと!

逆転4でアカネちゃんがすれてた時はショックだったよ・・・!

gyakutensaiban_naruhodo_PS4_05.jpg
「逆転裁判2」
123の中でも異色な存在とも言えます。
スッキリ終わるシナリオも少ないし、
ナルホドくんがミツルギ関した話題には大人げない所もあったりして
三部作の中でモヤモヤした気持ちが残ります。

サーカスのミリカとアクロについても
ギャグを交えたシナリオでもやっぱりその後を考えると思いです。

gyakutensaiban_naruhodo_PS4_04.jpg
「逆転裁判3」
三部作の中でも名作です。
印象的なのは新米時代のチヒロさんを見れる事。
ナルホドくんにとっての師匠とも言える存在で
貫禄のあるチヒロさんですが、
彼女にもあんな時代があったんですねぇ(*´ω`*)

逆転裁判3は綾里家について焦点を当ててるのも良かった。
チナミ、アヤメがマヨイちゃんたちの従妹だって所も
何度もプレイしてるのに不思議な感じがします。

アヤメさんはハミちゃんとかマヨイちゃんとその後交流あったりするのかなー

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
逆転裁判のトロフィーが付いたのが嬉しい!

123が好きすぎて
その後の移植が出たとしても購入するかどうか
ちょっと迷っちゃいますね・・・

とにかくまたナルホドくん達の物語に触れる事が出来て良かったー♪

Category:逆転裁判 成歩堂セレクション | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

十三機兵防衛圏プロローグ

2019.06.01 Sat
13sentinelsprolo01.jpg
「十三機兵防衛圏プロローグ」(PS4)の感想です!

ヴァニラウェア作品の過去記事:
ドラゴンズクラウン
オーディンスフィア・レイヴスラシル
朧村正


ヴァニラウェアさんはドラゴンズクラウンはあまり合わなかったんですが、
他のオーディンスフィアと朧村正が凄く良く出来てたので、
十三機兵防衛圏は最初のお披露目からかなり楽しみにしておりました!

ですが、開発が難航してるのか、なかなかその後の新情報も無く、
販売中止になるんじゃないかとヒヤヒヤしてました。

13sentinelsprolo04.jpg
色んなヴァニラウェアさんの媒体やまだ発売されてないゲームの
サントラ・アート集にプロローグ収録して切り売りするのは
思う所がありますが、コレクターとして興味があったので手に取りました。

こういう売り方をするのを見ると
それだけ開発やら経費が苦しいのかと余計に心配になってしまうんですが、
メタルギアV」みたいにならない事を祈ってます。

今までのヴァニラウェアさんの作品は
中世ヨーロッパ、日本のおとぎ話の所謂神話やら
古い時代の作品というイメージだったので、
今回の「十三機兵防衛圏」ではSFだったので とっても新鮮!(*´ω`*)

13sentinelsprolo02.jpg
プロローグ自体は素晴らしい出来でした!
オーディンスフィアみたいな群青劇で、
キャラクターそれぞれの複雑なシナリオが絡み合ってたり、
サスペンスな展開もあったりして、グイグイと話しに引き込まれました。

プロローグは基本アドベンチャーモードのみで
戦闘はありません。
主人公全員分のクリア時間は2時間ほど。
トロフィーありですが、キャラクター全員クリアすれば簡単にトロコン出来るので、
コレクターさんには有難い仕様です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
キャラクターの表情も、黄昏た背景も綺麗でしたし、
世界観も私の好みにあってて本編が楽しみです!


ゲーム本編のプロローグもこのまま収録するのか分かりませんが、
本編の発売が待ち遠しい方やヴァニラウェアさんのファンの方には
手に取ってみても損は無いと思います♪

Category:十三機兵防衛圏プロローグ | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |