RSS|archives|admin

VARIABLE BARRICADE

2019.09.28 Sat
variablebarricade.jpg
「VARIABLE BARRICADE」(VITA)の感想です。

「ワンド オブ フォーチュン R」が楽しくて、
同じイラストレーターの薄葉カゲローさんが絵を担当されてるのと、
予約時期が「ピオフィオーレの晩鐘」と
CharadeManiacs」と同じだったので、予約してました。
発売時期も近かったはずなんですが、すごい延期されてましたね。

結論から申しますと、
バリバリは合わない作品でした。

他の作品が楽しくても制作スタッフさんとシナリオライターさんが違うと、
やっぱり違いますねー
分かってたんですが、完全に絵に惹かれてしまいましたね・・・。

キャラ別の感想は今回なしです。


【システム】
ノベル系の乙女ゲー。
variablebarricade02.jpg
上の画像みたいな双六画面を進めていくタイプ。
デザインはかっこいい。

デザイン以上に意味は無いので、
シナリオを進めるのにちょっと不便でした。

ヒロインのデフォ呼び&ボイスあり。
共通ルートが結構長くて、
初回プレイは大体5時間ほど。

二周目から共通ルートはスキップ出来ます。
二周目からはエンディングまで2時間ほど。



【シナリオ】
ギャグ系の作品なのですが、
割りと重いトラウマを持ってるキャラのエピソードあり。
「結婚詐欺(未遂)」のイベントはギャグにしてはヘビーだと感じました。

私がこの作品を合わないって感じた一番の要因はヒロインです。
ツンデレなんですが、ツンツンしすぎて感情移入出来なかったです。

ツンデレの女の子は好きな方ですが、
言動がキツ過ぎたり、上から目線過ぎる子は苦手です。
彼女の口から「クソジジイ」ってフレーズが頻繁に出てくるのも
個人的には無しでした。

ツンデレの加減ってむつかしいんだなーと
時計仕掛けのレイライン」のモー子ちゃんを攻略したばかりなので、
余計にそう感じてしまいます。


バリバリのシナリオは
TOKYOヤマノテBOYS」を彷彿とさせました。
内容は全く違いますが、キャラクターのノリとかあんな感じです。

ヒロインはクインロゼのアリスシリーズのアリスを彷彿とさせました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イラストは好みだし、攻略対象も
ぶっ飛んだギャグの世界観からのキャラだと思えば多分あり。

ただ、ヒロインとシナリオのノリが合わなかったです。
上記に書いた事が刺さる方とかだったら 楽しめる作品かと思います。

Category:VARIABLE BARRICADE | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-

2019.09.14 Sat
Clockwork_LeyLine_Vita01.jpg
「時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女-」(VITA)の感想です!

実はこちらは一年以上前に購入してたんですが、
時間が取れなくてずっとそのままになってました。
なんでもっと早くプレイしなかったんだろうと後悔。

久我くんの憂緒ちゃんのイチャイチャがもっと見たくて
実はPC版も購入しちゃいました!
下手な乙女ゲーよりも萌えます!

複数のシナリオライターさんが参加されてるみたいで、
その内の一人が西ノ宮勇希さんという方で
「MISSING PARTS」を担当された方なのだとか。

私は「MISSING PARTS」をプレイした事があるのですが、
アドベンチャー部分が邪魔をして 
シナリオに100%集中出来なかった事が記憶にあります。

他にも「雨格子の館」を執筆されてるらしくて、
気になったのでPSストアでPSP版をDLしました。

他のライターさんの作品も手を出してみたいですね。

【システム】
「時計仕掛けのレイライン -黄昏時の境界線-」
「時計仕掛けのレイライン -残影の夜が明ける時-」
「時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-」
三部作が一本にまとまって収録され、
更に追加シナリオ「陽炎に彷徨う魔女」も収録されてます。

元々は男性の大人向けギャルゲー。

1作大体 10時間~15時間。
アニメを見てる様な感覚でした。
変に複雑化したシナリオは無く、分かりやすくシンプルです。
ラノベっぽい。

シンプルといっても詰まらない分けじゃなくて、
ミステリー要素もあり、話しが二転三転するのが本当に面白い。
シナリオも最終章で全ての伏線が回収されていくので
読んでいて気持ちが良い。


主人公がイケメンだし、ヒロインはかわいいし、
久々にキャラの恋愛が楽しいギャルゲーに出会いました!

ギャルゲーは恋愛よりもシナリオに興味がある事が多いので
私にとっては思わぬボーナス(*´ω`*)

残念ながら主人公にはボイス無し。
イケメン主人公なんだから声つけても良かったのに!

女の子はメインヒロイン、サブヒロインという構成。
サブヒロインはあくまで サブで、
「鹿ケ谷 憂緒」がメインヒロインで優遇されてます。
正直サブヒロインの個別エンドは取ってつけた様な印象をいけるので
他のヒロインに惹かれてる方には 寂しい想いをするかもです。

私は久我くんと憂緒ちゃんのカップリングが好きなので、
とても美味しかったです0(*`ω´*)0

実際サブヒロインのシナリオに分岐しても、
何時好きになったのか、全く分からないので、
とにかく色んなヒロインとイチャイチャしてるシナリオが楽しみたい人向け。






※ネタばれを含むので畳みます※






Category:時計仕掛けのレイライン -陽炎に彷徨う魔女- | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |