RSS|archives|admin

おいらん乙女~淫れそめにし~

2014.10.07 Tue
「おいらん乙女~淫れそめにし~」のプレイ日記というか
記録みたいな物です。

DMMのブラウザーゲーです。

声優の紀之さん目当てです。
紀之さん演じる 今枝さん以外は攻略予定はありません。

※大人向けの作品ですので苦手な方はご注意下さい※

クリアして終わってからだと覚えてない可能性があったので
プレイするごとに気になった事があれば書き溜める事にしてました。

なので、文章が所々纏まってない所もあると思います。
読みづらいかもしれませんがご了承下さいm(_)m



【システム】
私のプレイスタート日は9月25日でした。
サービス始まる前の限定物語を体験済み
無課金。要課金になった場合 即終了。というスタンスでプレイ
プレイ終了日は10月6日でした。
一切課金せずにプレイ終了!!

oiranomotenashi.jpg

課金やスマホゲーはプレイした事は無いのですが、
噂の「スタミナ製」のゲームでした。

oiranmonogatari.jpg

毎日5枚の物語券を貰えて
使い切って 物語の続きを見たくば 課金、
もしくは 次の日を待ってね! 形式。

oiranmonogatari2.jpg


分かってたけど 物語の区切りおかしい
地の文や台詞を 数回クリックした 後で即終了。

しかもシーン変更とかでもなんでもなく
会話の途中で区切られる。

おかげで 一日大して 物語が進展しない・・・・

と、思ったら何故か一日に8話とか進む時もあるから
法則が良く分からない・・・最後のあたり
キッカリ5話しか見れなかったからバグかなんかだったのかな

一応 無料ガチャとか
ミニゲームとかあったりするのですが、
別に そういうの求めてないから

でもそのガチャやミニゲームは
パラメータ上げの要素も兼ねてるので
やらないと 駄目なんですよねー・・・

シナリオを進めるには「魅了度」や「魅力」が無いと読めなかったりします。


フルボイスではありません。

紀之さんのキャラ 今枝さんが登場するし、喋るんですが、
特定のイベントシーンでしか声はついてないみたいです。

上記にも書きましたが、
物語が細かく分割されてるので
全く 紀之さんの声が聞けない日もあります

2日連続で ボイス無しの時もありました(・ω・`)

ベッドシーンは短いです。
そのベッドシーンの声もあまりありません。
嬌声を求めてる、または期待してるお姉さまがいらっしゃるかと思いますが、
ほぼありません。
今枝さんはキス音もありませんでした。

無いというか、まぁベッドシーンの台詞位で
そういう色っぽいご褒美はありませんでした。
もしかしたら今枝さんだけかもしれませんが・・・

このレベルだったら普通のCS版の乙女ゲーでも許されると思う。
というか、CSギャルゲーでコレ位のシーン普通に入ってる作品とかありますよね?

今枝さんのスチルは3枚。
3枚ともベッドシーンに使われてるのですが、
1枚目は未遂、 なのでベッドシーンは2シーン位です。


引換券で見れるオマケの物語でも
ボイス無しのベッドシーンがちょこっとあります。



もし課金するとしたら」と仮定して
自分なりに簡単な計算をしてみたんですが、
1ルートをクリアするのに パッケージ版の乙女ゲーより高いです。
軽く越えます。


物語の観覧だけでは無く、
「魅了度」や「魅力」も進めるのに必要なので
観覧券だけだと 進みません。

一つの物に課金をすると他も手を出さざる得ない感じになります。
フルボイスでは無いし、スチルの数も少ないので
課金をする場合は 良く考えた方が良いですよ


DMMポイントも色々やりくり出来るみたいで
私は「アプリをインストールして起動するだけでポイントゲット!」的な
無料DMMポイントちょこちょこ ゲットしました。
イベント用のアイテム「おまんじゅう」に
この無料でゲットしたDMMポイントを使いました。



一応「極上終幕」ルートまで行ったのですが、
最後の最後で「好感度が18足りません」って言われました(T△T)

上記の無料で獲得したDMMポイントで
今枝さんの好感度アップのアイテムをゲットして
なんとか ベストエンドルートを獲得

「おいらん乙女」内の金貨はなるべく溜めた方が良いです
シナリオを進める為のアイテムがあり、
金貨か、DMMポイントを使うかの選択が迫られます。

oirankinka.jpg
金貨溜めてて良かった!!!( ゚д゚ )
DMMポイントが リアルマネー 100ポイントだいたい100円。
金貨がゲーム内で獲得するお金

最終的に魅了度「90,000」必要でした。


有料ガチャで開放されるシナリオもありますが、
本編(?)の感じと金銭的に余裕が無いのもあり、
ソレには手を出す気力は無いです(›´ω`‹ )



↓下からはシナリオの感想とか色々書いてます。ネタバレあり。




まず、色々言う前に

シナリオはともかく!
萌えました。ありがとうございます。



ブラウザゲーという事で正直ナメてました。
自分が思ってた以上に キュンキュン出来ました♪



【シナリオ】
ブラウザゲーという事で
話しはです。

ソレはもう許容範囲ですよ
だって 短いエピソードをさらに 細かく刻んで
1日待たないと続きが見れないので

キャラクターの心理描写とか細かく書いてると
絶対に終わらないと思うので それは仕方ないです。


タイトルの雰囲気だと性に狂った大人向け表現オンリーの
そういうゲームなのかな?って勝手に思ってたのですがw

純愛物でした(о´∀`о)


妹の病気を治すためにたまたま伝説の花魁と顔がソックリだった為
スカウトを受け、遊女になるって とんでも設定なんですがw
上記に書いたとおり ブラウザーゲーなんで
ヒロインはあまり 深く悩まず 遊女になる事を承諾します。

今枝さんとの距離が縮むのも早い早いw
今までずっと「触るな」とか拒絶されてたのに
ヒロインすずが 初恋もまだって分かったとたんに
心開くという なんとも ちょろい感じですがw

仕方ないんです

普通のパケ版の乙女ゲーだったら
ヒロインと攻略対象の距離がだんだんと近づいていく様を
見届けるのが凄く楽しいのですが、

シナリオを読むのをリアル時間の一日を消費して
続きを見てるので もう急展開だろうが何だろうが
コッチとしては 早く進展して欲しいんですよw


あと ブラウザゲーだからと ちょっと見くびってた所もあるのですが、
ヒロインと攻略対象の 恋愛描写(?)
頭撫でたりも そうですけど、イチャイチャしてる描写(ベッドシーンなども含む)は
結構 丁寧に書かれてます。

コレはちょっと ビックリしました。


ぶっちゃけ 過去に遊んだ 「冬桜抄 -さくらがたり-」より
全然丁寧に書かれてましたよ



もちろん私のお気に入りの「紅花」や「蝶毒」みたいな
文章の丁寧さはありません。
この2作のライターさんは 最高レベルだと思ってます。





しかし、シナリオでは無く、
恋愛イベントや描写だけを見たなら
その辺の地の文の無い 乙女ゲーより 萌えました。

何度も言いますが、
恋愛過程、では無く恋愛描写です。

添い寝をしながら頭を撫でたり、
腰を引き寄せたりする描写は 萌えましたw


過去にプレイした紀之さんご出演の
「星の王女3」とか「星の王女 光のつばさ」よりも楽しめました。
この二作は古いから今更持ち出すのもアレなんですが、
地の文の描写が本当に残念というか

ベッドシーンとかでも声は色っぽいのに
地の文が小中学生が書いた様な文章で
読んでて冷めたんですよね・・・

声は萌えましたよもちろん!声は!!



※星の王女 義経は結構楽しめました※



「冬桜抄 -さくらがたり-」は大人向けゲーなのに
淡白だし、シナリオはイマイチだし・・・と 結構なトラウマに・・・・


なので 私のトラウマ3作の
「冬桜抄 -さくらがたり-」「星の王女3」「星の王女 光のつばさ」に比べたら
恋愛描写はかなり楽しめました


4章の「哀情」はベタベタでした
ヒロインと別の男性の仲良さそうな所を目撃して
関係終了の危機みたいな。

この章の今枝さんが聞く耳持たな過ぎて うーんって思ってしまった。


最終章の「愛情」も今枝さん中々出てこないし、
出てきたかと思ったら 結構あっさりと 仲直りしました。
ヒロインが手紙を書くのは良いんだけど、
ポエムを送ってるのはちょっとどうかと思ったよw

ベッドシーンもあっさり。


しかも、身請けしてくれたのかと思ったら
そうでも無く「いつか一緒に住もう」って投げやりなエンディングでした
ええ?!コレで終わりΣ(´□`;)って
ビックリしました・・・・


妹の病気について何も回収されてないじゃん・・・
まぁ、ブラウザゲーだから仕方ないか・・・。



【キャラクター】
立ち絵とか、悩みに悩んでる時期の今枝さんは
やさぐれ(?)てて お酒に溺れてる
怖い雰囲気のキャラかな、って感じだったんですが、

年上の包容力ステキ!('ω'*)

ヒロインを子供扱いって訳じゃないんですが、
頭を撫でたり、諭してあげたりとか、普段の会話の中でも
年の差の関係が出来てて凄い良い感じでした♪


ベッドシーンとかでもヒロインの体に気を使って
体をさするとか さり気ない気遣いとかがキュンキュンきましたー(>ω<)ノ

ベッドシーンじゃないのですが、
すずが今枝さんを抱きしめた時にやわらかく抱きしめ返すシーンも
凄い好き。



ヒロインのすずも悪い感じはしなくて良かったです
まぁ、ブラウザゲーなんで「何時好きになったの?」って疑問もありつつ、
好きな人の為に一生懸命になる彼女は好感が持てました


遊女だから 自分の思いを言っても信じてもらえないとか、
今枝さんの心の傷が言えない内は伝えられないとか
葛藤があって それを押し込むように

今枝さんと添い寝してる時に腕を彼の首に回したり
もっと しがみついたりする彼女の姿は切なかったです。


あと「この人に抱かれたい」とハッキリ自覚してるのも良かった。
時々 乙女ゲーってカマトトぶったヒロインが居るんですが、
そういう子は読んでて楽しくない・・・

多分ライターさんは「乙女ゲーだから下品な子にはしたくない」って
思って書いてるのかもしれませんが、
下品なのと、恋愛行動って全然別物だと思うんですよ。


すずみたいに 好きだからこうしたい、
好きだから喜んで欲しいって気持ちにストレートなヒロインは好きです


二人でおまんじゅう食べてるシーンとか微笑ましくて萌えました(*´ω`*)

地の文があるのと無いのとと、
地の文が丁寧である事でこういう何気無いシーンが
心に残ったりするんですよね



【不満】
よく乙女ゲーをプレイしてて
「何でココにスチル無いんだろう?」って思う事はあると思うのですが、

今回は「何でココにボイスが無いんだろう?」って何度も思いました。

今枝さんがヒロインすずの頭を撫でてる時に
呟く台詞とか聞きたかった!

ベッドシーンの一歩手前みたいな
イチャラヴシーンにすら ボイスが入ってない事も多々ありました。

引換券で獲得したシナリオとか
明らかに 体が繋がってるシーンなのに声無しですよ!!

惜しい・・・・・!!聞きたかったよ・・・・・!


あと、ミニゲームとかなんですが
本編でヒロインとそこまで仲は良くなってないのに
ご褒美ボイスではもう既に恋人関係になってるっぽい台詞だったり
もう既に何度も 体を重ねてる風な雰囲気になってて

本編とミニゲームの登場人物のギャップというか
温度差を感じてしまいます。


シナリオで残念だなって思ったのは
今枝さんとすずが体を重ねた後に
周りの人間が その事について冗談や茶化しをした事について

※本当は髪の毛ちゃんと整えてるのに
「乱れた髪直したほうが良い」とか誘導尋問に引っ掛かって
今枝と寝た事がバレたシーン※


その会話はあくまで「微笑ましい」雰囲気だったのですが、
個人的にちょっと 無いなーって思いました。


相手が同じ女の子だったらまだしも
自分の上司(男性)に 処女を失ったみたいな事が
バレるってなんて デリカシー無いんだろうかと・・・

まぁ、設定が遊郭だし、上司みたいな物だし?
仕方が無いと思うんだけど

その会話を見て 微笑ましいとは思えない。


あっさりシナリオでもそうなのですが、
ヒロインって花魁なんだから別のお客さんも居るはずですよね?
ましてや「伝説の花魁」と言われてるんですから
複数客が居てもおかしくは無いと思うので

さっさと見受けをしてもらわないと
他の客に抱かれてしまうんじゃないかって
後味がなんとも言えない・・・・


あと、実際の花魁ってお客さんになるのも凄い大変だと聞きました
「おいらん乙女」みたいに『この人が客だぞ』ってイキナリ客になる事は無いのだとか

最初はなれたお見合いみたいな感じで
顔合わせをして 花魁が気に入らなきゃ客にすらなれないとか。
そのお見合い?お茶会にこぎつけるまで相当な金額になるらしいとか
花魁って凄い教養があって 色んなお客さんと話しを出来る為に勉強熱心らしいとか
お客さんは別の花魁に浮気する事は許されないとか

色々面白要素がもっとあったハズなんですが、
あまり活かしきれて無かったですね。

まぁ、別ルートでそういう設定が活かされてるかもしれませんし、
ブラウザゲーなんで こういう所は仕方が無いですね。


クリアした物語を読むには
観覧券を使って購入しないと見れないってのは
マイナスですねー・・・

読み物系で自由に読み返す事が出来ないのは苦痛でした。

ーーーーーーーーーーー
サービス始まる前の「限定物語」で
一部 今枝さんの声が聞けなかったんです。

ソレをサポートに連絡したら 結構早い段階で
修正、お返事を頂きました。

コレには 好感が持てました。


花魁言葉はヒロインは使わないのですが、
私はむしろ無いほうが とっつき易いかなって感じました。

「わちき」とか「ありんす」とか多分ずっと 読んでるとキツイかも。


恋愛描写は意外と丁寧に書かれてましたし、結構萌えました、
けど 期待してるベッドシーンも短いし、ボイスもほぼ無し
課金するほどの物かと聞かれたら お勧めできません。

課金せずに コツコツとプレイされた方が良いかもです。

毎日10分ドラマを観賞してる感覚で
日課みたいになるので ソレはそれで楽しかったです。


紀之さんの色っぽい声が聞きたい場合は
普通に「ガールズセラピスト」とか「その愛は病にいたる」を
聴いた方が楽しいです。


初めてDMMのブラウザゲーに手を出したので、
良い経験になったと思います。


コレがフルボイスで、
シナリオを大幅加筆して、ベッドシーンをもっと濃厚にした
パッケージ版が出たら多分買ってると思います。

シチュエーションCDでも良いよ!w

紀之さん乙女系の作品出なさすぎですよ!寂しい(´・ω・`)
Category:おいらん乙女~淫れそめにし~ | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |