RSS|archives|admin

黒蝶のサイケデリカ

2015.03.27 Fri
kokucho.jpg
「黒蝶のサイケデリカ」の感想です♪
こちらの作品は全くのノーマークだったのですが、
色んな所で評判が良くて気になったのでプレイしてみました♪

面白かったです!
理由をあれこれ捏ね繰り回さず素直に楽しかったと言える作品です!

絵師さんは漫画家の結賀さとる先生
私は結賀さとるさんの漫画はちゃんと読んだ事は無いのですが、
チラチラと目にした事はあります。
espostcard.jpg
昔の何かの特典で結賀先生のポストカードとか付いてたのを
思い出して 引っ張り出して来ました

我ながら物持ち良いなーw

最近オトメイトさんは漫画家さんを絵師さんに選ぶ作品多いですねー
「I DOLL U」もそうですよね??

個人的に峰倉かずや先生を絵師さんに起用したら
凄い萌えれると思うんですが どうでしょう?w
(もちろんシナリオ第一で製作して頂きたい)


トロコン済。
最後までネタバレを見ずに完走する事が出来ましたー
kokuchotrphplat.jpg
VITAのみのはずなのに、
トロフィーのプラットフォーム見たら何故かPS3、PS4までw
設定ミスでしょうかw


※こちらの感想はネタバレも含みますのでご注意下さい※



【システム】
ノベル型の乙女ゲーなのですが、
個人的には乙女ゲーというより ノベルゲーです

TAKUYOさんの「死神と少女」もそうですが、
キャラの恋愛では無く純粋にシナリオで楽しませて頂きました♪

オトメイトさんの作品で恋愛抜きでシナリオに引き込まれて楽しんだ作品は
本当に久しぶりですね

逆に甘々な恋愛を求めてる時には物足りなく感じてしまうかも?
(時々 とにかく甘い恋愛が見たい時期があるんですよねw)

地の文もしっかりしていて
作品のボリュームは少ないものの、読み応えはあり
読んでいて楽しかったです(*´ω`*)

オトメイトさんの色んな作品に触れて
地の文無しだったり、あっても簡素な物だったりして
味気なく感じる事が多かったのですが、
今作では 文章に力を入れている事に好感が持てました♪

アロマリエの「蝶の毒 華の鎖」の感想記事でも書いたのですが、
ボリュームある=満足では無く
無駄をそぎ落として しっかりと 読み手に読ませたい所に集中してるので
私はこのボリュームで良いと思いました

長くて話しや設定がフワフワしてて
それでも更に長引かせてる作品より 満足です。

シナリオ設定もオトメイト作品によくある「添え物」的な存在では無く
(例)「ノルン+ノネット」の世界、「戦場の円舞曲」の魔剣など

その設定を軸にちゃんと物語展開をしていくので
ほのぼのとしたシーンにも ほどよい緊張感があって良かったです

よくあるオトメイトさんのFD展開へ繋ぐ問題未解決など無く
一つの作品として完成させてるのも好感が持てます♪
(例)「コードリアライズ」のメインキャラ以外の毒

ミニゲームが間に入るのがちょっと要らないかな、とは思いましたが
なんとかなるレベルなので どなたでもクリア出来ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
読み終えて、正直そこまで「ネタバレ駄目!!」って
言うほどの謎では無いのです。
公式さんのネタバレ無しの呼びかけは
ちょっとだけやり過ぎかなって思いました。

ネタバレ云々はどの作品にも当てはまるのでは(・ω・`?

ですが、何も知らない状態でプレイしていく方が
100%この作品を楽しむ事が出来ると思うので、
購入を考えてる、プレイを考えてる方は
真っ白な状態で是非プレイして下さい。

地の文も楽しく読めて
オトメイトさんの作品の中でもシナリオレベルは高いです

もちろん乙女ゲーなので
合う合わないは人それぞれだと思うのですが、
手放しで人にお勧めしても良い出来なんじゃないかな?
ビクビクしながら 書いてますw

合わなかったらごめんなさいぃいい(´□`;





↓ここからはネタバレを含みます↓



















【シナリオ】
シナリオ内容や構成は良くある設定です
ですが、面白い。

冒頭はキャラ全員が記憶喪失という設定で
クローズドサークルのサスペンス的な展開で
正直誰も信用出来ない状態でビクビクしながら読み進めてました。

特に鴉翅(からすば)君とか怖い印象しか無かったですw

中盤あたりから読んでいて浮かび上がった印象は
アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」でした。

仲良かった幼馴染が友達の死から離れ離れになってしまったり
お互いがお互いに負い目を感じてるのに
衝突して傷つけあったりして
いやーハラハラしましたw

あの花を楽しめた方なら今作も楽しめるんじゃないかな?



【キャラクター】
特に意識した攻略順とか無く
フローチャートで選択肢を行き来してたら
ルート突入してた場合がほとんどでしたw

たどり着いたエンディング順:

①山都(やまと)
②鴉翅(からずば)
③バッド
④鉤翅(かぎは)
⑤メイン
⑥緋影(ひかげ)
⑦現実世界
⑧タクヤ
⑨アキ
⑩紋白(もんしろ)
⑪カズヤ
⑫みんなエンド

まず、最初に・・・
皆 名前難しいよ!!読めないよ!!
どう呼び合ってるのか馴染むのに時間掛かったよ!!⁰(T□T)⁰

「黒蝶のサイケデリカ」は好きな作品ではあるのですが、
お気に入りの攻略対象は居ませんでした。

乙女ゲーに限らず 私には結構ある事で

好きな作品、楽しんだ作品=好きなキャラが居る

って訳でも無いので
無理にキャラクターを好きにならなくても良いかなーと。

紅百合
今作のヒロイン紅百合ちゃん
いい子で可愛いです♪ 彼女の気持ちと画面のエフェクトが連動してて
可愛さが引き立ちますねw
(落ち込んでる時に 画面がずぅーんと下がるw)

ただ、シーンによっては良い子過ぎる時もあって
イラっと来る事もあるので もうちょっと人間臭い部分を描いても良かったかな?

緋影
緋影くん、正直あまり正体を知る前も知った後もそこまで
お気に入りって分けじゃないのですが、

緋影ルート・エンドは好き!(´ω`)

メインエンドで流れた時の顔が塗りつぶされてる写真を思い出して
切ない気持ちになりました

最初と最後で180度印象が変わるキャラ
メインキャラと思いきやのラスボスw

幼馴染メンバーに擬態してる時より
性格多少悪くとも素の状態の彼の方が好きでした。


山都
山都はまず最初にたどり着いたエンドで
到達した時のあまりのあっさりとした内容でビックリしてしまいましたw
「え?ルートってこんなに短いの?」ってw

ちゃんと現世のエンディング用意されてると知って安心はしましたが、
乙女ゲー特有の「個別ルート」という感じは無かったので
新鮮でした。

子供の頃の彼の空回りが読んでいて
辛いというか、なんというか、

乱暴な物言いは素直になれなくての言動だという事は
紅百合以外の幼馴染メンバーはちゃんと気づいてるけど

それでも皆 紅百合の事が好きだから
あえて山都にフォローを入れない所は
妙なリアルさがありました・・・


鴉翅
怖い!怖いよw

冒頭の「誰も信用してない」とか「足手まといになったら置いていく」発言とか
心が荒んでるなーと・・・

読んでいてもラスボスでは無い事は分かってましたが
彼が居るシーンはずっと警戒してましたw

かなりキツイ物言いの鴉翅くんですが、
現実世界ルートでの紅百合や山都に対して抱いたイラつきや感情を
彼が代弁してくれて かなりスッキリしましたよ・・・

紅百合のあからさまに鴉翅を避けたりする行動や誠意の無さ
山都の腫物に触るような気づかいとかは「傷の舐め合い」はまさにその通りで
良くぞ言ってくれたと思いました


鉤翅
一番物腰が柔らかそうでいて一番この中で押しが強く
幼馴染グループの中では野心が強いんじゃなかろうか・・・

鉤翅さんは紅百合の為だけに盲目的に行動していて
紅百合にとってお母さんみたいな人なのかな

乙女ゲーの攻略対象で鉤翅みたいな設定は珍しいんじゃないかな
一番良いと思ったのは乙女ゲーでよくある
恋愛ハッピーエンド重視で悲劇回避みたいな奇跡が起こるのですが、
サイケデリカではそれが無くて 
物語性を重視したライターさんやスタッフさんブラボー!(゜Д゜)

たしかに「みんなエンド」では鉤翅の悲劇は回避してますが、
数あるエンディングのうちの一つとして見て納得出来るのと
彼の専用エンドでは無かった事が良かったです

他の幼馴染みたいにちゃんとしたハッピーな結末が無いのは寂しいですが、
シナリオを考えると そのままの方が良いですね

紋白
小動物みたいな子でしたw

距離感が分からないって紋白さんは微笑ましいw
紅百合にベッタリくっ付いたり、山都の頭を撫でようと失敗してる彼は
子犬が擬人化したみたいで可愛かったのですが、

読んでいて子犬っぽい印象が付いてしまって
恋愛より皆と戯れてる彼を見てる方が楽しかったですw


ウサギちゃん
攻略対象ではありませんが、
サイケデリカの中ではウサギちゃんがお気に入り♪

お面のデザインというか容姿もそうですが、
健気に主様を支える彼女は(正体を明かさない卑怯さも含めて)
好きです

優しかった兄の変わりようを目の当たりにしながら
正体を告げる事が出来ず
その大好きな兄からも イビられながら
使いとして行動してる彼女が不憫で不憫で

彼女が幸せになって欲しかったから
緋影エンドが好きなのかも。
最後の仲良し兄妹の幻影姿が切なくて好き。


【不満】
無理にシューティング要素を入れなくても良かったんじゃないかな?
シナリオが気になるのになんか水を差された様な感じでした

他は特に不満要素はありませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上記でも書きましたが、
今作は乙女ゲーでは無くノベルゲーでした


音楽もとても綺麗でサントラも欲しいです♪
EDテーマも大好き!

多分グッズとか、キャラソンとかドラマCDみたいなのは
買い支えるほど ハマっては居ないですが、

オトメイト作品内だけでは無く乙女ゲー作品全般の中でも
自分の中では上位に来るレベルのお気に入り作品です♪


作品を応援したいと思わせてくれました!(*´ω`*)
Category:黒蝶のサイケデリカ | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |