RSS|archives|admin

NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム4

2016.05.14 Sat
narutostorm4_01.jpg
「ナルティメットストーム4」の感想ですー

ついに「ナルティメットストーム」シリーズ完結です!

インストール中で中々ストーリーが始められなく、
手持無沙汰だったので とりあえず「フリーバトル」を遊んだら
バトルの表現が滑らかで技も大迫力!!(*’ω’*)
思わず「凄い凄い!」って言ってしまいました!

narutostorm4_02.jpg
正直PS3のナルティと変わらないと思ってナメてました
PS4になるとここまで 違う物なのかと 感動しましたー!

今作はトロフィーの難易度上がったのでトロコンは無理そうです。


【システム】
格ゲー。

今作は「ストーリーモード」と「アドベンチャーモード」が分かれてます。
忍界対戦中なので その使用にしたと思いますし、
ストーリーに没頭出来ると思うので
良かったと思います。

上記でも書きましたが、バトルの演出が格段に上がりました!
奥義もポンポン出やすく操作しやすいですー♪

ただ、ナルティ3と比べバトルSランクの取得が難しくなりました。
narutostorm4_03.jpg
ストーリークリア時に一回しかS取れなかったです。
色々攻略法検索してみたのですが、
私の腕では無理そうな条件なので今作はトロコンは諦めました・・・。


残念だな、って思った所も。
ナルティ3までは CGムービー(所々紙芝居もありましたが)で
まるでアニメを見てるかの様なクオリティーで
ストーリーモードが進んでいき、
「ナルト詳しくないけどナルトを知りたい人」にお勧め出来る作品だったのですが、

今作は紙芝居率が上がりました。
残念なのは かなりの見どころシーンでも一枚絵だったりして
盛り上がりに欠けます。

製作費が足りなかったのか
製作日数が足りなかったのか
ジョジョゲーと同時に制作してたからなのか
アドベンチャーモードの街並みに力を入れてしまったからなのか

ナルティの売りでもある部分が削られてしまって
最後の作品でもあるのに とても残念でなりません。

もちろん最終決戦やナルト対サスケの会話シーンは
CGですが、その前のオビトやらマダラ、柱間とのやり取りも全部
絵!(゜Д゜)
そこは本当に頑張って欲しかった!


ナルト対サスケはもうカッコイイ!!
この戦いを見届ける為に カグヤとの戦闘(苦行)を耐え忍んだ!


ナルティ4をプレイする前に
原作を全巻 読破しましたよ。

今までは原作は良く知らずにプレイしてたので
ゲームならではの演出、原作からカットした部分も結構あって
そういう違いを見つけていくのも面白かったです。

原作でシリアスなのにギャグ要素をねじ込んでたのは
ちょっと合わないなーと思ってたので
このアレンジは良かったです。

サクラとナルトのやり取りがカット&
ヒナタとナルトを関連付けさせ様としてるのは露骨だなーって思いましたw


ゲーム購入迷ってる方は
ナルト対サスケだけでも 買う価値あると思いますよ!
(ナルティ3のナルト対サスケの方が血気迫って好きですが)

アドベンチャーも固定カメラから
自由にカメラを動かせるようになって
木ノ葉隠れの里を再現されてます♪


個人的にはナルティーの本質はストーリーモードなので
紙芝居ばかりになってしまって
ナルティー最後の作品なのに残念な気持ちになっちゃいました




↓原作を読んでみて、色々感想など。ゲームと関係ないので畳みます。









narutostorm4_04.jpg
連載終了に伴い、
1年かけて NARUTO全巻購入しました!

いやぁ、懐かしいですね。
NARUTOは 「中忍試験」まで読んでました。
色々あって 漫画全般から離れてしまって
(今でも漫画はあまり買わなくなりました)

ゲーム始める前に読み終えようと思って
ちょっとづつ読んでいたら 全巻読み終えるまで
凄い時間かかっちゃいました・・・。

読み終えての感想は。
終わり良ければ(多少不満あっても)全て良し

少年編の時の印象は
スポーツ漫画みたいな感じでした。
自分の技をライバル達と切磋琢磨して磨き上げて
競い合っていく、作品だったなーと。

私はやっぱり
サスケ離脱からの二部から
作品は盛り上がった気がします。

木ノ葉隠れの里の抱える闇の部分。
表向きは平和な里なのに その平和の為に
色んな 忍び達が犠牲になってて
目に見えない所で腐ってた事が判明した時は
もうワクワクが止まりませんでした。

その里の平和の犠牲者が悪役サイトとして焦点に当てられ

陰と陽どちらサイドも見れるのが凄く面白かった!!!


ただ、ジャンプ漫画の有名な
人気作品は編集部の圧力によって引き伸ばされる」現象でしょうか?

キャラやたら出し過ぎましたね・・・。
サイとか当初「サスケに似てる、サスケに重ねれる存在」として登場したのに
最後 空気でした・・・。
ヤマト隊長も同様に・・・

カグヤとか六道仙人とか
始祖、転生した存在とか 意味が分からなくなってしまいました。
私は本気で何故ラスボスをカグヤにしたのか理解出来ません・・・。
マダラで良いじゃん(´・ω・`)

マダラとの決着も綺麗につかず
消化不良なモヤモヤ。

もっと前の事言うならば
穢土転生でイタチ、アスマ先生とかが復活するのは蛇足だと思いました。
亡くなるシーンがあんなに印象的だったのに
一時的とはいえ復活してしまうと 薄まってしまうんですよね・・・・。


ガイ先生とかあんなにカッコ良く
決死の覚悟で挑んだのに 一命取り留めて
出鼻挫かれた感じです。
確かに死んでは欲しくないけど、あの前置きあってアレ!?

だったらネジ死ぬ必要なくない!?(´;_;`)




何度も色んな記事に書いてますが、
サスケは悪役のままで居て欲しかった!!
あの里を潰す、復讐すると
ギラギラしてるサスケはめっちゃくっちゃ痺れるほどカッコ良かった!!

主人公と同等に重要な立場のキャラが
悪役、というのが面白かったのに・・・。

フリーザ様やDIOが「ごめんなさい」したら白けません??(´・ω・`)

もっともっと言うなれば
大蛇丸、オビト、カブトも悪役のまま
ずっと尖ってて欲しかった。
悪役は悪役であるからこそ華があってカッコ良かったのに。

オビト戦でナルトの語りを聞いてて
やたら説教臭いなーって気づきましたw
悪役がどうして、そういう答えに至ったかも 
共感はしなくても理解はしてあげようよ・・・。

サスケが革命を起こそうと思った事が一言も語られなかったので
歴代火影との会話の何がサスケを改心させたのか
さっぱり 謎だったのですが、
最後に判明してすっきりしました。

私 未だに里の人間がイタチの里の平和の為に一族と自分を犠牲にする事を
良しとする考えには納得出来てません。
「イタチの意思に反してる!」って説教される筋合いは無いっす。

私はカグヤとかの戦いとか
六道仙人とか始祖とか そんなの別に良いから
腐りきった里をどうやって 改善していくかを重点において欲しかった。

だからマダラやオビト、サスケみたいに憤りを感じてしまう人や
イタチや他のうちは一族みたいに犠牲者が出てしまうのだから
ナルトが「なんとなくな空気感」で大丈夫と改心させていく展開より
どうやって向き合うかという考えが聞きたかった。

作者は多分 全部入れたかったのかな?
・ナルトとサスケの決闘も入れたい
・7班の共闘も欲しい
・主要人物が死ぬ
・主要人物が命と引き換えの大技を出す(でも生きてる)
・親子の絆
・怪獣対決

全部すっ飛ばしてナルトとサスケの対決に移れば
しっくり来たと思うんですが(´・ω・`)


最終回にあたって
色んな所から物議が醸し出されたのですが、
私はナルトとサクラがくっ付いて欲しかった、というのが本音。
もっと本音を言うと恋愛は絡んで欲しく無かった。

あんだけ クシナとサクラが似てるという伏線はっておいて
コレ・・・とは何だったんだろう??

ナルトがサクラが好きだと思ってたのはサスケへの対抗心から」という
答えを出してしまったのはマズかったですね。
これは納得出来る人って少ないのでは?

二部のサクラはナルトに惹かれてる描写もあり、
眼中になかった 男の子を認め、好きになるという 
展開の方がしっくり来たんですけどねー

女の子はヒナタの方が好きなんですけども。

そして、どうしてもカップル作りたいんであれば
サスケは香燐との方が良かったな・・・

色々な複雑な思いもありますが、
最終決戦のナルト対サスケがカッコ良かったので
あのバトルシーンで全て良しと思えるようにしてますー

なんだかんだで
少年漫画らしく熱い展開もあり、
楽しみながら読みました♪

離れてた期間もありますが、
割と長い付き合い(アニメ化する前から)なので
色々考え深いなー。

ちなみに全巻読んでみて好きになったキャラは
サスケ、イルカ先生、柱間さん。


サスケ
少年期のクールな二枚目キャラという位置づけのままだったら
好きにはならなかったキャラ。
闇に染まったサスケは堪らなくカッコイイ。
何度も何度も 言ってるのですが、悪役のまま終わって欲しかった。


イルカ先生
作品連載開始の一話から好きだったキャラ。
ナルトのお父さん兼お兄さんみたいな存在がとても魅力的でした。
物語が進む連れに出てこなくなりましたが・・・


柱間
初代火影さん。
彼の思想は里の闇を生み出した原因ですが、
あの豪快な性格は好きでした。
Category:ナルティメットストーム4 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |