RSS|archives|admin

朧村正 DLC第一弾 元禄怪奇譚『化猫-津奈缶猫魔稿-』

2016.07.30 Sat
genrokukaikidan01.jpg
朧村正 DLC第一弾 元禄怪奇譚『化猫-津奈缶猫魔稿-』の感想です。

本編の朧村正の感想記事はこちら
過去記事にも書きましたが、
朧村正のベスト版はDLCが全部収録されているので
プレイしてみました。

oboro_bakeneko01.jpg
トロフィーも追加されてます!

【システム】
本編と同じく2D横スクロールRPG。
今回の武器は刀では無く化け猫がの変化によって
攻撃バリエーションが増えました!

oboro_bakeneko02.jpg
攻撃力は低いけど
可愛さで言ったら「三毛」モードが一番ですね!
うにゃうにゃ言ってて可愛いです(*´ω`*)

oboro_bakeneko03.jpg
今回のマップはこんな感じ。
百姫、鬼助の全ボスを倒さないと化け猫編のエンド2が見れないので
一発で討伐したかどうか分かるのが親切でとても良かったです。

出来れば本編もアップデートでこの機能を追加して欲しかった。

初見で化け猫編エンド1のクリア時間は3時間ほど。
エンド2のクリア時間は11時間ほどでした。
プレイ時間の大半はボス討伐、
移動時間やら雑魚討伐やら色々です。

ボリュームある様に見えますが、
正直水増し感があります。


※若干ネタバレあります※




【シナリオ】
DLCという事で本編シナリオと関係ないのかと思ったら、
ガッツリ絡んでました!

エンド1:
陣九朗の病の元凶が化け猫の呪いでした、というオチ。
本当にちょぴっとしか登場しなかったのですが、
本編と関係ない 独立したシナリオだと思ってたので
かなりビックリしましたし、変なテンションになりましたw

猫又のしっぽを切り落とされ化け猫の妖力が無くなってしまったけど
ほっかむりを被って 村のネコと一緒に 宴を開催しながら
楽しんでる姿は 普通に可愛かったです♪

エンド2
百姫編と鬼助編のボスを全部討伐という苦行を終えた後に
解放されるエンディング。

本編とは全く関係無い独立したIFのお話し。
和尚の頓智(化け比べ)で 豆に変化してみろと言われ
そのまま 化け猫が豆餅にされて和尚に食べられてしまう終わり方。

えー(゜Д゜)
あの何時間ものの苦行を耐え抜いた後に見るエンディングじゃない!

むしろ、エンド1と2を逆にするべきだったのでは?

どのタイトルか忘れたのですが、
日本の昔話で見た事あるので オマージュでしょうか。


【不満】
ヴァニラウェアさんの作品は好きなのですが、
「ボスを別キャラで討伐」を強いられる事が多いので
同じ事を繰り返すのが嫌いな私には苦痛でした。

他の追加シナリオも同じようにまた
ボス巡りをしなきゃいけないのかと思うと憂鬱です。
短いながらもシナリオは面白いのに
勿体ない。

追加シナリオなんだから最初から 全マップへ行けるようにして欲しかった。
いちいちマップ埋めとかも面倒でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
取得出来てないトロフィーも沢山ありますしが、
DLC第二弾に移行しようかと思ってます。

上記にも書きましたが、
エンド条件が面倒なので 腰が重くなってしまってますが、
まったり遊ぼうかと思ってます。

ポチポチゲーが無性に遊びたくなる時があるので
その時に魔窟巡りをしてみようかなって思ってまーす♪

Category:朧村正 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |