RSS|archives|admin

大正×対称アリス all in one 「Episode II」

2016.09.10 Sat
taiariep02.jpg
「大正×対称アリス all in one ~Episode II~」の感想ですー


EpIの感想記事はこちら
EpIの時は最初から最後まで楽しんでいたのですが、
1とは雰囲気が打って変って全体的に病んでます。

前回以上に好き嫌いが絶対に分かれるシナリオ展開。

ノベルゲーとしては非常に興味深い展開で面白いけど、
乙女ゲーとしては楽しくは無かったです。


【システム】
Ep1と変わらず。
共通ルートから即個別ルートへ分岐。

Ep1ではガツガツと肉食系女子全開だったヒロインですが、
今回のEp2では受け身で キスされただけで
オロオロと狼狽えてしまう位 ピュアな女の子になってて戸惑いました。

シリアス成分多めなので
ヒロインのノリが私には不気味に感じてしまいました。

ルートごとにキャラとの関係が変化してるので
「かまいたちの夜」方式なのでしょうか?

「死神と少女」でも思ったのですが、
乙女ゲーというよりノベルゲーだと思いました。

恋愛過程は丁寧では無く
Ep2をクリアした段階のほぼ全ての攻略対象に一目ぼれ、
もしくは最初から ヒロインは攻略対象に恋愛感情を持っているので
乙女ゲーの醍醐味である徐々に互いに惹かれていく
描写がありません。

シナリオは面白いけど
「ヒロインがそこまでする理由はあるの?」と疑問に思う事も多々あるので
それは真相ルートで明かされるのかどうか
注目してみたいと思います。






※ネタバレも含むので畳みます※






【シナリオ/キャラクター】
EpIでは ヒロインと攻略対象の互いの「騙し合い」という印象だったのですが、
今作は「依存」がテーマなのでしょうか?

アリス君とのギャグパートでありすに向けて放った言葉
被害者ぶるな 君は加害者だろう」がずっと
頭の中でリフレインしてました。

こちらの言葉はヒロインだけで無く攻略対象にも当てはまる言葉だと思いました。

yurikataiari180_00.jpg
前作では独特な喋り方やノリが楽しく好感しか無かったヒロイン。
今作で ドン引きです・・・。

上記でも書きましたが、今作はどちらのルートでも一見
彼女が被害者の様に見えるのですが、
攻略対象を自分に執着、依存させる為の計算なのが怖い。

kaguyataiari180_03.jpg
かぐやさん。
天涯孤独で親戚の家を転々としていく過程で
自分を押し殺して生きていく事を処世術として身に着けてしまった かぐやさん。

物語の途中までは元カノ達(過去に預けられた親戚の家の人間?)に
無理難題や理不尽な扱いを受けてて
「かぐやさん可哀想(´;ω;`)」な展開だったのですが、

蓋を開けてみると
全ての元カノに 暗にしかも無意識の内に
自分(かぐや)に執着するように仕向けてたり、
バッドエンドの多さなどを見て分る様に
彼も「彼女」に対して 自分の理想や要求を強く押し付けてます。

典型的な「パッシブアグレッシブ」な人。
パッシブアグレッシブの意味を是非検索してみてください。

要約すると 直接自分は怒りを表さないけども、
身を引いたり、落ち込んだりする事で 相手を攻撃するタイプの人間です。
(罪悪感を掻き立てるなど)

その事を見抜いたヒロインありすちゃんは
あえて 嫉妬させて依存させるように 仕向ける様子は
調教を見てるような気分でした。

ありすちゃんの調教でかぐやさんが
自分は被害者と同時に加害者であった事に気づくシーンは割と好きです。
しかも白雪君は無遠慮に適格に指摘してるのも好きだった。

かぐやを殻から引きずり出す為に自分の腹を刺す場面は
正直 引きました・・・・。

とんだ荒療治だよ・・・。

そのお陰で自分の要求や要望に素直になれたので
めでたしめでたし(?)

気になったのは施設の元カノさん。
明るくて面倒見が良くて、とポジティブな彼女が妊娠の件。

彼女は 妊娠した事に対して 自殺を図るほどに絶望してたみたいですが、
それは未成年で妊娠した事に対して周りの𠮟咤や好奇な目に押しつぶされてしまったのか、
無理矢理 誰かに孕まされて望まない妊娠をしてしまったのか
その辺り 多く語られてないので分りませんが、
施設の闇を見てしまった気がします。


かぐやルートのシンデレラさん滅茶苦茶良い人!!

henzeltaiari180_04.jpg
グレーテル君。
シンデレラルートでは 彼の弟だったのに
グレーテルルートではありすちゃんとの
義弟という関係になってたのはビックリでした。

ルートの冒頭から すでにありすちゃんは監禁されてるので
初っ端から 病んでるキャラなのかと思いきや
グレーテルがそうなる様に仕向けてたのは
ヒロイン自身であったという展開は 以外で面白かったです。

が、
上記にも書きましたがヒロインにはドン引きしました。

グレーテルの味方は自分しか居ないと
洗脳し、執着させる。

自ら望んで グレーテルに監禁されたので
一番狂ってるのも 闇を抱えてるのもヒロインでした。

乙女ゲーとして この展開はどうかと思いますが、
ノベルゲーとしては普通に面白いです。

一番気になったのはグレーテルのルートで
背景イラストが反転したり 戻ったりする所。
コレは何か意味があるのかな?

意図的に反転(鏡?)してるので 真相ルートで明らかになるのか気になります!


【不満】
物語の展開は好みが左右すると思うので割合。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人的にはEpIの方が楽しかったです。
今作はとても 歪んでいて ヒロインが多面的である事を学びました。

上記に何度も書いてるのですが、
恋愛物として 読むと楽しくは無かったですが、
ノベルゲーとしては シナリオの運び方や言葉選びなど面白かったです!

Ep3は核心に迫る内容だそうなので
とても楽しみです!٩(*´ω`*)۶
Category:大正×対称アリス all in one | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |