RSS|archives|admin

NieR:Automata Strategy Guide ニーア オートマタ 攻略設定資料集 ≪第243次降下作戦指令書≫(*・ω・)ノ

2017.07.01 Sat
nierautomatasettei.jpg
「NieR:Automata設定資料集」を購入しました(*・ω・)ノ

ニーア・オートマタの本編の感想はこちら

何度か別の記事でも書いてるのですが、
私は「ニーア・レプリカント」が大好きで、
その設定資料集も何度も何度も読み返しました。

同系列のDOD3もゲーム本編はあまり褒められた物ではありませんが、
設定資料集で謎や伏線を回収してくれるだろうと
期待して予約購入したら ページ数は増えたけど中身が薄いという
裏切られ方をしてゲーム本編の事も
「残念」から「嫌い」になってしまったんですよね。

(そんなDOD3の設定資料集の感想記事はこちら

そんな事もありまして、
オートマタの方もそんなに期待はしてなかったのですが、
レプリカントに劣るものの、濃厚な内容で私は満足しました。

残念だなって思ったのは
攻略情報を詰め込み過ぎてしまい、
設定イラストの掲載がとても小さい事。
攻略を削るか、別でまとめた方が良かったんじゃないかな?

また、レプリカントの設定資料みたいな
真相や、新情報が掲載されてないので
読んでて驚く事が無いのも ちょっと味気なく感じてしまうかもです。

レプリカントだとボスには統一されたテーマや設定があったのに対して
オートマタはそれが無い。

DOD3ほどでは無いですが、
ヨコオさんや開発チームは情報を出したがってない様ですね。

ヨコオさんが回答するQ&Aも読んでて面白いのですが、
改めて彼は天邪鬼な性格の人なんだなって感じました。
レプリカントは大好きですし、
オートマタも続編としてでは無く単体としては好きな作品ですが、
私はヨコオさんはあまり好きにはなれないみたいです。

絵本に関しての質問でヨコオさんが
DOD3 10周年記念限定BOXに収録されてる小説読んでください」みたいな
回答されてて 何でこういう言い方しか出来ない人なんだろうと
彼に対する印象が悪くなりました。

限定BOXだから 売り出す数量なんて限られてますし、
この設定資料集から 作品入った人には手に入れるの難しい
本の編集さんは流石にマズイと思ったのか注釈を付けて下さってました。
本当にありがたい。

こういう性格の人だから尖った作品が生まれるのかもしれませんね。


良かった点
各章で2B、9S、A2視点のSSが掲載されてて
その時彼らが何をどう思ったのか分かるのが良かったです。

ウェポンストーリーと絵本の掲載も個人的に読んでて
とても楽しかった(*´ω`*)
私はDOD1~3、ニーア・レプリカント&オートマタ全ての
ウェポンストーリーを収録した本が出て欲しいなーって思ってます。

グリム童話とか「ソウルサクリファイス」の
魔物図鑑を読むのが好きな方にはお勧めです♪

またアーカイブも網羅してるのも良かったです!
ゲームの道中で手に入る手紙だとかチラシだとか
これまた読んでて楽しかったです♪

短いですが、「レプリカント」に対してコラムがあり
ライターさんがレプリカントの事を「素朴」と表現されてて
まさにその通りだなって思いました。

「レプリカント」はゆるやかに流れる世界という印象が強いです
それに対して「オートマタ」はSF特有のスピーディーさや派手さがあります。

多分 一般受けしそうなのはオートマタでしょうし、
レプリカントはグラフィックス面で難があるので
今は手に取ってもらえないでしょうが、
是非ともレプリカントは遊んでほしい作品!

もちろん癖がある作品なので
好き嫌いは激しく分かれるかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レプリカントの設定資料集と比べたら
新情報も無くそこまで深く掘り下げた内容も無いので
若干味気なく感じるかと思いますが、私は割と満足してます。

DOD3の設定資料集は購入は後悔するほど酷い出来ですが、
オートマタは十分楽しめました!

Category:書籍 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |