RSS|archives|admin

白と黒のアリス

2017.09.02 Sat
shirotokuronoalice.jpg
「白と黒のアリス」の感想ですー

絵柄だけみると
低年齢向けの乙女ゲーなのかな?という印象で
始めはあまり興味はそそられなかったのですが、
評価が高かったので気になってプレイしてみましたー!

「不思議の国のアリス」を題材にしてる作品に
「吸血」を織り交ぜた作品。

乙女業界でかなり前に流行って色んな作品に取り上げられてますよねー
吸血鬼でも無いのに 吸血をなんとか入れられてて
業界も大変だなーと 常々思っております。


【システム】
ノベル系の乙女ゲー。
Wヒロインもので、ヒロインによって攻略対象が定められてます。
1ルートは5時間位でクリア出来るので
サクっと何かをプレイしたい時に 丁度良い作品。

グッドエンドをクリアした後に
チャプターセレクトで好感度をMAXか最低にしてプレイする事が出来て
バッドエンド回収で 無駄にルートを踏まなくても良いのでとても親切です。

セーブデーターもUI内に作られてるので
自由に消したり出来るのも便利でした。

好みの問題かもしれませんが、
ヒロインによってシナリオに落差があります。
私は黒の世界(ルナ)側のストーリーの方が楽しかったです。


【不満】
スキップ速度がとても遅い。
チャプターセレクトは出来るものの、
スキップ機能もしっかりしてくれたら システム的に完璧だった。

サイドストーリーの存在。
おまけに分割するのでは無くメインシナリオそのままに使って欲しかったです。
その方がより キャラクターに感情移入出来たかもしれないのに残念。




※ネタバレを含むので畳みます※












【キャラクター/シナリオ】
Wヒロインや複数ヒロイン物だと
どうしても好みが出てしまうので 色々難しい所。

ヒロインによって攻略対象が決まってるので、
ルナとレインだったらどうなってたかな?
見たかった組み合わせとかも出来てしまったりして
ちょっと惜しい気持ちになります。
(ノルンの時もそうでした)


roroali_ai.jpg
愛日梨
個人的には彼女のルートは合いませんでした。
平和な日常から 一変して いきなり女王になれと言われれば
当然 戸惑うし不安に思う事はあると思うのですが、
終始 うじうじメソメソしてて 後先考えず行動して
騙されるパターンが多くて ヒロインとしてあまり魅力を感じませんでした。


roroali_lu.jpg
ルナ
高飛車、ツンデレと言動にキツい所はありますが、
白の世界に馴染もうと努力してる彼女には好感が持てました。

今まで女王として育てられてきてたのに 「アリス」の暴走が原因で
あっさりと国に捨てられてしまったり 命を狙われたりと
精神的にかなり キツいはずなのに悲観する事無く
前向きな姿勢は本当に良かったです。

Wヒロインでは無く 彼女をメインに絞った方が良かったんじゃないかな?

私の攻略順はこんな感じ。
①ネロ
②ミネット
③レイン
④カノン
⑤ジャック
⑥スノウ

roroali_ne.jpg
ネロ
三月うさぎさん。
代々 死刑執行人の家系の出という事で差別を受けてたから
自棄になってしまってるキャラ。

血を搾取する為に愛日梨に辛い想いをして欲しくないからと
魔法で記憶を操作して 都合の良い世界を作って閉じ込めたりと
私にとっては 地雷な展開でした。

そこまでされて 許せる愛日梨も凄いわ・・・

roroali_mijpg.jpg
ミネット
チェシャ猫。
ミネットさんは 他のルートの方が輝いて見えました。

愛日梨と一緒に暮らすのが楽しそうだからと
公爵夫人の若返りの薬を作る為に
血を搾取する為に 愛日梨の自由を奪い監禁。

猫だから人の常識に当てはまらない設定なのかもしれないけど
黒の世界は うさぎやら、芋虫やら、ネズミと特殊な人種が存在するので
「ネコだから」という 設定は甘すぎる気がしました。

そんな事されても愛日梨はミネットさんを許します。
凄いわー(二回目)



roroali_ra.jpg
レイン
黒ウサギ。

正直 黒サイドの彼の方が魅力を感じました。
白サイドでは愛日梨の世話に手を焼いてる執事という
印象のが 強くて 全ては愛日梨の為に頑張ってる うさぎさんでした。

その為に彼に切り捨てられたルナは可哀想です・・。
白サイドの話しでも 国の事を最優先に考える
冷徹な側近だったら まだ 良かったのですが、
私利私欲の為に動いてる様に見えて残念でした。

偶然レインの黒バッドエンド後に
ルナ編を遊んだのですが、重なる部分も多くて
とても良い繋ぎとなりました。

roroali_ka.jpg
カノン
マッドハッター。
個人的には ろろアリの中でシナリオが一番しっかり作られてると思いました。

自分の時が止まった呪いを解くには
愛日梨 女王就任前にルナを殺さなきゃいけない、けど殺したくないと
葛藤する展開は割と熱かったです。
人魚姫を彷彿とさせました。

彼の呪いについては解決はしてませんが、
ルナが黒の世界へと帰還するルートが好み。
愛日梨と姉、妹の立場が逆転してるのも面白い。

roroali_ja.jpg
ジャック
トランプ兵。

彼のルートは笑わせてもらいましたw
シリアスな面との落差を楽しめるルート。
ルナを励ます為に 学校の女王を決める決闘の為に訓練する所も
いじらしくて良かったです。

相手の能力を無効化する事の出来る能力を持ってるというのが面白い。


roroali_sn.jpg
スノウ
白ウサギ。

黒の世界のお話しの冒頭では
「女王を殺す事も厭わない」的な発言をしてて
白黒ウサギ達には結構 警戒してストーリーを読んでたのですが、

小さい頃からレインに対して劣等感を感じてる所とか
他のルートでは見えなかった部分とか
純粋にルナの味方だった事が 嬉しかったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
白と黒サイドによってシナリオの好みや落差は出るものの
世界観やキャラクター達は魅力的なので
割と楽しんで遊べました♪
Category:白と黒のアリス | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |