RSS|archives|admin

Princess Britania~ミューズの宝剣~

2018.03.31 Sat
Princess Britania
「Princess Britania~ミューズの宝剣~」(PC)の感想です!

参千世界遊戯」を制作されたgirls★dynamicsさんの作品!
以前の作品が楽しめたのと、絵が凄く好みだったので、、
予約購入しましたー

一旦パソコンを開くとついついネットサーフィンをしてしまったり、
メールをチェックしてしまったり、動画を開いてしまったり様々な誘惑が待ち構えてて
どの作品でもそうなのですが、PCゲーはなかなか進まないですw

大人向けの作品ですので、苦手な方はご注意下さい!




【システム】
ノベル系の乙女ゲー。
地の文あり、ヒロインのデフォ呼びあり。

1ルート大体4時間位でわりとコンパクトです。

参千世界遊戯のトモエさんは明け透けな姐さんキャラで
乙女ゲー界隈では珍しいヒロインだったので結構楽しくプレイ出来ました!

今回のプリンセスブリタニアも他の乙女ゲーではあまり
見られない 凛々しい女騎士がヒロインなのかなー、と思って楽しみにしてたのですが、
割と他作品でも見れる様なタイプの子だったのがちょっと残念でした。




※ネタバレを含むので畳みます※













【シナリオ/キャラクター】


Princess Britania_C
ヒロインのクロエ。
プレイする前の彼女の印象は凛々しい女騎士という感じだったのですが、
思い込みが激しく、幼さが目立ち、一言目、二言目には「女王陛下」と、
個別ルートの中盤~後半まで自分を持ってないキャラだったのが残念でした。

戦えるヒロインという設定も上手く活かしきれてない気がします。

個人的にはFF9のベアトリクスやオーディンスフィアのグウェンドリン、
FF13のライトニングさん、Fateのセイバーみたいな強くて
知的な女性を期待してました。


①オーランド
②ターリック
③イズラエル
④セオドア
⑤ジブリール
⑥トゥルー


Princess Britania_B
オーランド
幼馴染のお兄ちゃん。

何でも卒なくこなすオーランドに劣等感を感じてたり、
兄から男性として意識し始める所は割と丁寧だと思いました。

このルートではシェフィールド家に焦点を当ててます。
クロエを結婚させて財産や当主としての地位を剥奪させようと、
計画してる胸糞展開でした。

オーランドが探偵ばりにクロエの父親と婚約者の思惑を暴くシーンは
ベタですが、気持ちの良いシーンでした(o゜▽゜o)

クロエの父親が娘への愛情が一切無かったのは悲しかったな。
普段の彼女の態度で親子関係に溝が出来るのは仕方が無い気がします。

冒頭の方で継母、異母兄弟、父親に対して 
ネチネチと嫌味を言うシーンはヒロインでは無く彼らに同情してしまいました。
そもそも、オーランドに愛人が居ると勘違いして自棄になって婚約を進めてしまった
クロエの浅はかな行動のせいで色々拗れてしまったんですよね・・・・。

シェフィールド家の事を尊重し自分の家業を他の人に引き継がせたりと
彼女の事を一番に考えてて流石お兄ちゃんキャラだと思いましたw

バッドエンドではまさかのヤンデレ化。
バッドエンド→グッドかノーマルの順を見た方が面白いと思います。

グッド/ノーマルエンドへ分岐する文章なのに、
オーランドの病んでる部分がチラっと見える部分は好きでした。



Princess Britania_T
ターリック
喧嘩っぷる。

幼少期から女王至上主義で育ってるので仕方が無いとはいえ、
明確な自分の意思の無いクロエにターリックは苛立ち、
クロエはクロエで彼の苛立ちを理解出来てないので
個別ルート中盤までもどかしい気持ちになってました。

クロエの「女王陛下、女王陛下」部分以外では
ターリック王子との喧嘩は子犬のじゃれ合いみたいで
可愛らしく、二人の様子に終始ニヤニヤしながら萌えました(*´ω`人)

慇懃無礼でわざとトゲのある言い回しをするターリック王子素敵ですw

このルートではクロエがヒルべニアの文化に触れ、
停戦が持ち掛けられたのか彼女なりに理解をして行くシナリオでした。

ターリックとセオドアの砕けたやり取りは好きで、
彼を処刑した後もヒロインと王子が彼の事を「友」として
認識してたのは 良かったです。

ただ、バッドエンドでセオドアのターリックへの情が
見られなかったのが残念。

恋愛部分は一番好みでした!


Princess Britania_I
イズラエル
執事くん。

クロエが貴族と平民との壁を知るお話し。

事件の調査の為の情報を得る為に
貴族に反感を持つエレインの信用を得る為に娼館で働く事を申し出るんですが、
当然クロエは家事が出来る訳でも無く、体を売る覚悟がある訳でも無いので
正直彼女の申し出は首を傾げてしまいました。

イズラエルも彼女を守る為にクロエが如何に性に関して素人か熱弁を振るってたのに
貶められたと勘違いして彼の言葉に
反感を抱いてるシーンにイラついてしまいました。

クロエちゃん、コレ下手したら性奴隷ルートまっしぐらよ?(´・ω・`)

Princess Britania_Th
セオドア
黒幕とまでは行かないが、ブリタニアとヒルべニアの争いを
裏で糸を引いてるキャラ。

ターリック王子ルートでは彼のひょうひょうとしたキャラや
王子との掛け合いとか敵ながらどこか憎めないキャラでした。

クロエとの濡れ場がバッドとグッドどちらも後味が悪いです。
バッドエンドでは乙女ゲー特有の甘い台詞や甘い雰囲気で
ラブラブしてたのに、それもジブリールへと捧げる為の口実。
完全にやり捨て状態。

グッド(ノーマル)ではクロエは強姦されてます。
その後 敵として合いまみえる描写も萌えも燃えも無く
もうちょっと彼を違うにシナリオを導いてあげても良かったんじゃないかと
色々惜しいキャラだと思いました。

ターリック王子ルートで感じたセオドアの王子への情は
色々 考えさせられたのに本人のルートで活かしきれて無かった気がします。


Princess Britania_S
ジブリール
正直良く分からないキャラです。
プレイしててハンターハンターのヒソカを思い浮かべました。
ジブリールはバッドエンドでは無く普通に攻略してみたかった!

クロエとジブリールが結託して戦争をしかけてるエンディングは
面白かったです。というか悪役のクロエちゃんかなりハマってました。
性奴隷では無く、闇落ちしたクロエとジブリールの恋愛模様を見てみたかったです。


トゥルーエンド
大団円エンド。
クロエ女王エンド。
なんとなく分かってましたが、クロエが妄信する「女王陛下」の正体が
作中度々出て来る「お祖母さま」でした。

赤の他人をそこまで妄信すると 病気の域でしか無いですが、
血縁者という事を踏まえてシナリオを読み返すとしっくり来ました。

一応公私混同無く、手紙のやりとりに限り、と補足はされてますが、
幼少期に両親に裏切られて身内に味方が居ないクロエの心の支えが
祖母だったなら 彼女の女王陛下至上主義も理解は出来ます。

トゥルーエンドでは攻略対象+ジブリールとお茶会エンド。
なんというか、一歩間違えれば性奴隷にされそうな人と
仲良くお茶をしてる所とか 正直どうなのって思いましたがw
大団円らしい一場面となってて これはこれで良いんじゃないでしょうか。

ノーマルエンドでは最後にクロエと再会したのは
特定の男性では無くプレイヤーの妄想に身をゆだねる終わり方です。
正直 私はあまりこういう終わり方は好きじゃないです。

昔のRPGで見た様な手法で なんとなく古臭さを感じてしまった。

このルートで唯一 クロエの弟たちが絡んできます。
しかも あんなに嫌味を言われてたのに クロエを慕ってるとか
良い子達じゃないか!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
絵が綺麗で好みです(*´ω`*)
アートブックがもし出るとしたら 欲しいなって思う位 好きです♪

キャラクターも思う所はあるものの、キャラは立ってますし
楽しいシーンも結構ありました。

シナリオは好みの問題もあるかもしれませんが、
クロエに幼さを無くして 凛々しい女性騎士として描いてくれれば
もうちょっと物語に没頭出来たかもしれないです。

ターリック王子ルートがお気に入りですが、
クロエと一番お似合いなのは オーランドだと思いました♪
この二人のルートが比較的楽しめました。

バッドエンドですが、ジブリールも中々楽しかったですし、面白かったです。
次回作がもしあるとしたら また予約したいと思ってます。
Category:PrincessBritania~ミューズの宝剣~*R18 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |