RSS|archives|admin

忍び、恋うつつ -雪月花恋絵巻- 【花吹雪恋絵巻 編】

2018.03.03 Sat
ninkoi_vita.jpg
「忍び、恋うつつ -雪月花恋絵巻-」の感想です。

忍恋は人気作だという事は存じ上げていたのですが、
パッケージの雰囲気とかで 食指が動かなかったです。
購入切っ掛けはオトパなどの参加タイトルだったり、グッズも定期的に
発売されてるのを 見かけたりしてるので気になったから、です。

私のリアルのゲーム時間が短縮されつつあるので
今回は作品の本編「花吹雪恋絵巻 編」のみの感想です。
追加キャラルートの「雪月花恋絵巻 編」は後日。

ninkoi_hanafubuki.jpg


【システム】
ノベル系の乙女ゲー。
序盤から直ぐに 個別ルートへ行けるタイプで
1ルート初見では4時間位でした。
コンパクトなので サクサク進みます。
個別ルートへ直行ですが、共通イベントなどがあるので
2周目のクリア時間は更に短くなるかと思います。

地の文無し、デフォ呼びありです。
私は地の文を読むのが好きなので、こういう
台詞やモノローグのみの作品は物足りなく感じてしまいます。

シナリオ内容もラブコメ要素が強く、
シリアスな作品の箸休めにピッタリな作品です。
私はモンハンワールドと同時にプレイしてたので、
狩りに疲れた時に息抜きが出来ました♪

作品自体も とてもキラキラしてて うたプリを彷彿とさせます。
イラストも可愛いんですが、絵によって絵柄やタッチが安定してない(?)ので
スチルによって 全然違うキャラに見える事もしばしばあります。

シナリオ重視というより「萌え」を重視にしてる作品で、
甘い台詞を沢山聞きたい方にはお勧めだと思います。

ヒロインは女性生徒からイジメや嫌がらせを受けたりする描写が
どのルートでもあるので 苦手な人は注意してください。
ただ、「イジメ」を受けてる描写があっても 
キャラ同士のドタバタコメディ要素が強いので、
雰囲気が暗くなる事があまり無いです。

TAKUYOさんの「月影の鎖 -錯乱パラノイア-」みたいな心抉られる
胸糞イジメ描写は無いので 安心(?)してください。

胸糞描写が大丈夫な方で「月影の鎖 -錯乱パラノイア-」未プレイの方は
面白い作品なので是非遊んでみて下さい♪









※ネタバレがあるので畳みます※








【キャラクター/シナリオ】
ヒロインの片桐かえでちゃんはとっても「良い子」です。
かえでちゃんはいじめっ子達を責める事も、自分の立場を悲観する事も無いので
前向きな姿勢は好感が持てるものの、人間味が足りない気がしました。
彼女の受けてる嫌がらせを少しでも理不尽だと感じてるシーンがあれば
共感出来るのですが・・・。

延々とネガティブになられるよりは 大分マシですが、
このさじ加減が難しそうですね。

「イジメ」に対しては前向きにとらえますが、
己を過小評価する傾向にあったり、恋愛に対してネガティブだったりするので
めんどくさいと感じるルートがチラホラありました。

私の攻略順は
①猿飛咲助
②我来也
③由利鎌清 
④穴山大介
⑤霧隠蔵人
⑥真田幸影

でしたー

ninkoi_m1.jpg
猿飛咲助
年下系のツンデレ君。
歌舞伎役者だったという経歴もあり、彼のファンが
ヒロインをイジメたり嫌がらせしたりするシーンが結構出てきます。

咲助君は家業を嫌がってる素振りを見せてるだけで
ただ 素直になれなくて 父親と拗れてしまったりと
幼さが目立つキャラでした。

ninkoi_m4.jpg
我来也
中二病ショタ先輩。
正直 彼の台詞は何を言ってるのか分からなかったので、
読み飛ばしてしまう事がしばしばありました・・・。

徳川残党という理由で差別などを受け孤独に過ごしてたから
ヒロインや他のクラスメイト達と一緒に過ごす事に過剰に喜んだり
咲助と同じく 分かりやすいキャラクターでしたw

後半で本来の姿に戻るシーンはベタですが、
ショタから青年に変化する演出は割と好きです。
(年下系キャラが苦手というのもありますが)

夏祭りのシーンがあるのも学園物らしくて良かったです。


ninkoi_m3.jpg
由利鎌清
生徒会長、優等生。

天才の兄に対して劣等感を持ってるからか、
才能よりも努力で頑張ろうとするヒロインに共感してます。

彼との恋愛イベントが結構 面倒くさい印象でした。
鎌清が他のクラスの女の子に対して想いを寄せてると勘違いして
身を引いたり、試験組を解消を進言したりと 結果が分かってるので
正直 寄り道してるような気分になりました。

悲恋だとか、鎌清が最初別の人を想ってて心変わりをしたとかそういう
雰囲気が少しでもあるのであれば 盛り上がったのかもしれませんが、
ちょっと 面倒くさく感じてしまいました。


ninkoi_m5.jpg
穴山大介
お色気担当。

と、思いきや、実は真面目。
お金目的で自分に近づいて来る女性やら、
実の家族でさえも 損得勘定でしか 動かない環境で過ごしてきたから
自己防衛として 遊び人のフリをしてるキャラ。

冒頭 彼はヒロインに対して冷たく接するので
物語の先が気になるルートでした。

他の攻略対象とは違い いじめっ子に対して粛清しようとしたり、
(やり方が正しいかどうかは置いておいて)割と好感は高かったです。

でも、このルートでもヒロインが面倒だったかなー・・・


ninkoi_m2.jpg
霧隠蔵人
クールな天才忍者。

見た目が一番好み(*´ω`*)
感情の起伏があまり無いキャラが自分の感情に戸惑い、悩むお話し。
お兄ちゃん属性でもあるので面倒見も良いし、
この作品の中で好きなキャラです♪


ninkoi_m6.jpg
真田幸影
先生。

声で正体はバレちゃってるんで驚きは無かったのですが、
まさか理事長だったとは・・・。

かえでちゃんが受けてる嫌がらせ対処として授業出席停止と
個別授業の下りで てっきり監禁ヤンデレルートに入るのかと
思ってましたw

共通ルートで真田先生が「誰を選ぶのか」、「運命」、
「時代は元に戻るのか」とか意味深な台詞を残して行ったので
パラレルワールド、もしくはタイムトラベル物に発展するのかと思ったのですが、
一族同士の宿命の事を言ってただけなのが ちょっと残念。

先生ルートでの他の攻略対象との掛け合いは面白かったですw
個別授業を言い渡された後の差し入れ云々の下りはお気に入りでしたw


大ハーレムルート
他の個別ルートの問題を急速に解決していってる
コンパクトなルートという印象。
アニメになるとしたら 一番合ってるルートかもしれませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コンパクトな内容で 時間が無い人にはピッタリな作品かなー。
「雪月花恋絵巻 編」のボリュームとかも気になるので
プレイするのが楽しみです♪
Category:忍び、恋うつつ -雪月花恋絵巻- | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |