RSS|archives|admin

忍び、恋うつつ -雪月花恋絵巻- 【雪月花恋絵巻 編】

2018.04.28 Sat
ninkoi_vita.jpg
「忍び、恋うつつ -雪月花恋絵巻-」の感想です。
今回は追加キャラルートの「雪月花恋絵巻 編

「花吹雪恋絵巻 編」の感想はこちら

ninkoi_setugekkakoiemaki.jpg
本編の「花吹雪恋絵巻 編」の後日談。
ヒロインが誰とも結ばれなかったルートのお話し。
クラスメイトの女子とも和解をし、
本編キャラもヒロインへの好感度MAXな状態で物語が開始します。

イジメ描写が無いので、
本編よりは気持ち良く話しに集中してプレイ出来ましたー。



【システム】
本編と同じくノベル系の乙女ゲー。
地の文無し、ヒロインのデフォ呼びあり。

本編と違ってヒロインは同級生からイジメを受けたりしないので、
ラブコメ度が一気に高まりました。

攻略対象じゃなくなった 本編のキャラからも
甘い台詞が聞けるので、シチュエーションCDが好きな人には
合う作品だと思います。

追加シナリオのボリュームも本編と変わらないので、
「花吹雪恋絵巻 編」
「雪月花恋絵巻 編」
2本のゲームが1本に入ってる様な感じです。

こちらをプレイしてて 余計に蔵人が気になってしまいましたw

シナリオよりも萌え重視です。
軽めの乙女ゲーを遊びたい方、
色んなキャラの甘い台詞を聞きたい方、
シチュエーションCDが好きな方にはお勧めの作品かもです。









※ネタバレを含むので畳みます。※






【キャラクター/シナリオ】

私の攻略順は
①宇喜多義家
②霧隠忠人
③豊臣秀虎 
④服部半蔵

ninkoi_m9.jpg
宇喜多義家
くらげ先輩。

ヒロインの同級生が「くらげ先輩」と呼んでて
なんて的確なあだ名なんだと 妙に感心してしまいました。

宇喜多先輩の友達が暗殺にどう関わってるのか
真実を知るのが怖くて真田有志隊に不信感が募ってしまい
留年を繰り返してるというお話し。

全てにおいて無気力になってて
私の体感時間で4人の攻略対象の中で一番
話しが進むのが遅い様な気がしました。

もしかしたら 先輩のゆっくりとした
喋り方がそう感じさせるのかもしれませんが。


ninkoi_m10.jpg
霧隠忠人
子犬系弟キャラ。

忠人君には申し訳ないんだけど、
彼のルートをプレイしてて
お兄ちゃんの方を攻略したい気持ちが強くなってしまった。


天才の兄とは違って、忍術があまり得意では無く
若干負い目に感じてたり、劣等感を感じてたりするのは
由利ルートと重なる所もありました。

というか忠人ルートに由利を絡めたお話しも見てみたかったです。

この作品は地の文が無いので、
キャラクターの台詞かモノローグ位しか状況把握が出来ないので、
とあるシーンで蔵人が「あの時強引に口づけしようとして悪かった」的な事を
言われるシーンは不自然に感じてしまいました。

鈍い系ヒロインなので彼女も口づけされそうになってる事を気づけて無いから
無駄にヒロインとシンクロしてしまって 説明しづらいですが、
個人的にあまり良いプレイ体験では無かったです。

蔵人君やっぱりカッコイイね!(*´ω`人)


ninkoi_m7.jpg
豊臣秀虎
杉田さんが得意そうなキャラ。
「真武堕血」とかいて「マブダチ」と読んでた台詞は笑ってしまったw

馬鹿っぽいけど実は冴えてるというギャップ萌え系のキャラ。
追加キャラの中で一番好きかも。

自分の立場柄 同級生から媚を売られたり、ちやほやされたりするのに
窮屈に感じてた所をヒロインが媚売る事無く同等に扱ってくれた事が
切っ掛けでコロっと落ちます。

まぁ、この作品の攻略キャラは全員割と簡単に落ちる方なんですけどねw


ninkoi_m8.jpg
服部半蔵
追加シナリオの敵さん。

冒頭からヒロインに対して好感度が低いのと、
敵キャラという事で 結構気になってたシナリオでした。

真田先生や、同級生が服部の事を警戒しろと
ヒロインに忠告しても 真剣に受け止めなかったりするシーンが
何回かあって、平和ボケなヒロインがあまり好きなれませんでした。

シナリオ内容よりも「酷い」「裏切られた」というヒロインの台詞の方が
気になってしまって ちょっと残念に感じてしまったルート。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本編の記事でも書きましたが、
モンハンワールドと同時にプレイしてたので、
良い息抜きとなりました。

次オトパのBlu-rayやDVDを見た時に
朗読劇をもっと楽しめるようになったのが嬉しいですw
Category:忍び、恋うつつ -雪月花恋絵巻- | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |