RSS|archives|admin

カタハネ ―An' call Belle―

2018.06.02 Sat
katahanePSvita.jpg
「カタハネ ―An' call Belle―」VITA版の感想です。

こちらの作品は恥ずかしながら今まで存じ上げておりませんでしたが、
結構 有名な作品らしいですね。

私は基本的に百合・BLは苦手で、
それを題材とする作品にはあまり食指は動かないのですが、
こちらの移植を待ち望んでた方が沢山いらっしゃって、
ファンの方々が移植を感謝をされてる姿をチラホラと拝見して購入を決意。

私も好きな作品が日の目を見る事無い事の方が多いので、
移植に感激されてる姿にとても共感してしまいます。


【システム】
カテゴリーでは「百合ゲー」という事になるみたいです。
メインの少女達以外は男女の恋愛模様も描かれてるので、
百合好きの方々には純粋な「百合ゲー」では無い??らしいです。

総プレイ時間は15時間位でしょうかねー。
男性向け作品は女性向け作品と比べて長いイメージがあって
結構身構えてましたが、結構短めでした。

ルートというよりは「キャラクターの視点」が解放される感じです。

一つの物語の中にコロコロと別のキャラクター視点の物語が展開していきます。
私は一人のキャラクターの主観で物語が描かれてる
作品に触れる事が多いので結構新鮮でした。

脇役へとザッピングする作品ってなかなか無い気がする・・・。

シナリオのテンポがややゆっくりめで、
ちょっと中だるみを感じてしまいました。
こちらは好みが分かれる所。

プロトタイプさんの移植作品は周回プレイがとても便利!

上記にも書きましたが、
個別ルートというよりキャラクターの視点が追加される形なので
未読文章へさっさと飛べるのがかなり助かりました。





※ネタバレを含むので畳みます※










【シナリオ/キャラクター】
「歴史は戦争の勝者視点で書かれてる」
色んな所で目にする言葉ですが、
今作でもメインとなってるテーマです。

ルート別も無いので、気になったキャラのみの感想。

アイン・ロンベルク
作中のキャラクターの中で一番好きです。
ココの相槌「あい、あい」と聞きなれてる響きから
「アーイーンー」とクロハネ編に移行する演出は見事でした!

アインとデュアの関係がとても淡く表現されてるのがお気に入り。
付かず離れずという描写よりもお互い想い合ってるけど、
一歩引いた関係で、今作でこの二人が一番輝いてました。

デュアがココの額にキスをしたと聞いて、
死地へ赴く前にアインが同じ場所にキスしたシーンにグッと来ました。

アイン逆賊説を覆す劇をワカバが作るのかと思ってたら
姫と人形の恋愛模様を強く描写した演出になってて残念。


ココ
エファやベルと違って人形らしい人形姿をしてて、
どちらかというとマスコット的な存在。

ココの行動原理がとても単純で負の感情や死を理解出来ず、
彼女の語る物語とプレイヤーが感じる温度差が逆に
色んな感情を掻き立ててくれる良い演出となってます。

アインとココのやり取りがとても微笑ましい。


クリスティナ・ドルン
シロハネ編とクロハネ編で彼女の印象・評価がかなり変わります。
一国を背負う聡明な姫君というよりは アインに責任を全て投げ捨てて
自分の恋愛感情を優先させた お嬢ちゃんという感じでした。

デュアが赤の国へと亡命するかどうかと尋ねた時に
「エファの返答次第」と自分の使命・願望の責任を他人に投げつけた所が嫌でした。

クリスティナとエファが乳繰り合ってる時に
アインとヴァレリーが双方の国と命を懸けて戦ってるので
終始 このお姫様何がしたいんだろう?って印象しか無かったです。


アンジェリナ・ロッカ
彼女はクリスティナの転生したキャラなのか分かりませんが、
シロハネ編の女性陣の中では彼女が好き。

思った事、感じた事をハッキリと言う所や、
孤児院を出る時にちゃんとバイトの引き継ぎを用意したりと好感が持てます。


ワカバ・フォーレ
正直この手の元気っ子は苦手です。

セロと結ばれるシーンでも
今までずっと彼女の一方的な恋愛感情ばかり描写されてて
急に両想いでした、とラブラブしてるシーン見せられても
読み手として何も感情が沸きませんでした・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人的には話しのテンポやメインキャラの恋愛が合わなかったりしましたが、
何故 こちらの作品が多くの人達に愛されるのかが分かりました。

私は百合姫達の恋愛模様よりも、
アインとデュアの淡い関係性にグッと来ましたし、
未プレイの方々にもそこを楽しんで欲しいです。

百合ゲーは苦手ですが、同じく人気作の「FLOWERS」も気になってます。
百合部分では無く「ミステリー」要素に惹かれます。
どうしようかな(´・ω・`)
Category:カタハネ ―An' call Belle― | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |