RSS|archives|admin

シルバー事件25区

2018.06.30 Sat
Silvercase25.jpg
「シルバー事件25区」(PS4)の感想です!

プレイ前は以前の須田さんの作品対して得に
思い入れがあった訳じゃなかったので、予約購入してても
なかなかプレイ始めるのに時間がかかりましたが、
いざプレイしてみると 独特な世界観にのめり込んで一気にプレイしてしまいました。

シルバー事件の感想はこちら


【システム】
アドベンチャーゲーム。

全作はトランズミッター編、プラシーボ編の
主人公それぞれの視点から物語でしたが、
今作は「correctness」、「matchmaker」「Placebo」の3視点から描かれてます。

全作よりも1話の話しがコンパクトになりましたが、
3視点の物語が描かれてるので 総合的に前作よりもボリュームが増えました。

Silvercase2502.jpg
correctness編
シャフトっぽくて不気味で美しいスチルに惹かれながらプレイしてました。
キャラクターがただ佇んでるだけでも恐怖を感じる物もあり。
かなり好みの絵柄やスタイルでした。
途中からかなり 抽象的なお話しに変わって訳が分からないまま終わりましたが、
全作のシルバー事件もそんな感じでしたしね。

matchmaker編が個人的に合いませんでした。
絵柄はこれはこれで味があるんですが、シナリオが面白く無かったです。
別のライターさん?
ドンパチシーンもチープに感じたり、
シルバー事件のファンメイドのSSを読んでる様な感覚でした。
シルバー事件っぽくなかったです。

「カミジョウ ヤスシ」関連のお話し以外にmatchmakerは必要だったかな?

Placebo編シルバー事件っぽい安心感があります。
モリシマトキオさん、なんかリキッドスネークみたいになりましたね・・・
追加シナリオの「YUKI」が続編を暗示させる終わり方だったんですが、
何か動きでもあるんですかね?

本編のクリア時間は13時間ほど。
Black Outの100周を含めたクリア時間は20時間ほどでした。

ハッキリ言って 100周は苦行でした。
制作陣も狙っての事だから 余計に性質が悪い。
Black Outをプレイして この作品は考察に意味が無いと
言われてる様な気がしました。


最後まで意味不明な作品でしたが、雰囲気が独特で楽しかったです。
限定版買えばよかったと ちょっと後悔してます。




※ネタバレを含むので畳みます※







【シナリオ・キャラクター】
全作をプレイした時「White out」で、
デカチンの生死が分からないまま終わって終始ソワソワしてたんですが、
テツさんもちょこっと出てきたり、シロヤブとデカチンが一緒に捜査したり
結構熱い展開でした!(*´ω`*)

結局 ウエハラってデカチンだったの??
でもサクラさんの反応から違うっぽいけど、
シルバー事件だし整合性気にしても仕方ないか。


シロヤブ モクタロウ
上記にも書きましたが、前作のWhite Outでデカチンを殺した(?)かもしれない
主人公という事で全く信用出来ないキャラクターでした。

実は前作の主人公デカチンも、プレイ中ずっと怪しくて 信用出来なかったので、
シルバー事件のメイン主人公って基本的に私の中で胡散臭いイメージですw

覚醒(?)してスキンヘッドになった経緯が良く分からない・・・
童貞だから死ねないとか言ってたけど、殺し屋の女を犯してた様な気がする・・・
けど、シルバー事件だから整合性を気にしても仕方が無い(2回目)

カムイの息子らしいですが、
それはフォーマット・カムイの息子、って事で良いんですよね?
母親ってシモヒラアヤメで「デコイマン」のアヤメとは違いますよね??
その辺があやふやでモヤモヤする。

コダイ スミオ
出て来た時懐かしくて涙が出そうになりました!
(実際のプレイ間隔は数日ですが)
クロヤナギさんとどういう関係??

クロヤナギ シンコ
もうちょっと活躍の場があるのかと思ったら、意外と無かった。
破天荒なキャラだけど 結構好きでした。


地域調整課
matchmaker編は基本的に楽しめませんでしたが、
correctnessで「郵便屋さん」がどういう人たちなのか、
25区がどういう所なのかが良く分かるシナリオでした。

基本的にこのシナリオに出て来るキャラに惹かれる事も無かったので
オオサトの生死についてあまり気になる事も無かったです。


モリシマ トキオ
全作では青臭さの残る ルポライターという感じでしたが、
すっかり 裏の世界の住民っぽくなりましたね。

スラッシュも多分24区とは別人だと思いますが、
2人の会話はとても楽しかった。

全作の追加シナリオでは銀の瞳を奪い取った描写がありましたが、
結局また別の目を移植したって事かな?(オペの下り)

ユヅキ ミル
「未琉」「実瑠」「美流」誰が誰なのか 正直今でも判別が出来ない。
「未琉」以外はCG、AI、という設定らしいが、
シェルターキッズの一人が担当してるので「設定」だけっぽい?

最初シェルターの話しが出て来た時、マチコさん(アヤメ・マスプロ)視点の話しで、
ミルの一人として 活動してたのかと思ってたら 
まさか、性同一性障害の別人(カムイ・マスプロ)のお話しだったとは・・・。

カミジョウ ヤスシさん、ちゃんと女性として扱ってた所は素晴らしいですよ。


ユキ
追加シナリオの主人公(?)、いきなり舞台が2017年。
今後 なんかしらシルバー事件関連の 作品が出るのかな?
気まぐれでねじ込んだのかもしれないし、どうか分からないですが、
期待したいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どっぷりシルバー事件の世界にハマってしまいました!
限定版を買わなかった事が悔やまれる・・・。
余裕があったら 限定版も買いたいです。

色々納得出来ない所や、真相がハッキリしない所も多い作品ですが、
私は最後まで楽しむ事が出来ました。

気になる方は是非とも手に取って頂きたいです!
Category:シルバー事件25区 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |