RSS|archives|admin

吉原彼岸花 久遠の契り

2018.01.13 Sat
yosiwarahiganbana_PSVITA03.jpg
「吉原彼岸花 久遠の契り」(VITA)の感想です!

元々は大人向けの作品をCS化。
テーマ的にCS向けは難しいんじゃないかと思ってたのですが、
大丈夫だったみたいですねw

移植をする際に相当苦労されたかと思います。

yosiwarahiganbana_PSVITA01.jpg
普通にアマゾンにしようかと思ってたのですが、
ステラワースで「虎の根付け」が特典に含まれてたので、
思わずステラセットを予約してしまいましたw

yosiwarahiganbana_PSVITA02.jpg
プレイされた方には分かるネタw
彰人さんの根付けw

作中では 「へばりついてる猫」と表現されてましたが、
この根付けは犬にしか見えないw

肉球まで再現されてて素晴らしいです(*´ω`*)

PC版の感想はこちら
作品の感想はPC版とほぼ変わらないので、そちらの記事を参照してください。



【システム】
ノベル形式の乙女ゲー。

地の文あり。
文章はとても丁寧で細かく描写されているので、
読んでてとても楽しいです。

紅花」、「蝶毒」と並んで地の文が丁寧な作品です。

上記にも書いてますが、遊女がテーマの作品で
CS化の規制で修正や追加など とても大変だったと思います。

大人向けの作品がCS化は珍しくは無いのですが、
ただ単に性行為だけを切り抜いて終わり(ぶつ切り)の作品もあれば、
物語の流れを尊重して繋ぎの部分を追記したり、
まったく別のシナリオ展開にしたりと 様々です。

吉原彼岸花は濡れ場やその時の会話も
物語に大きく関わって来るので、
重要な台詞を抜粋してシーン差し替え、
規制で仕方が無いとはいえ やっぱり絡みが無いと
味気が無くなってしまうのが残念でした。

もちろん物語やキャラクターのやり取りが損なわれた訳では無いので
こちらのVITA版でも十分楽しめる様になってます。

スチルも色っぽいシーンが多数あり、苦手な方はご注意下さい。

「千早花魁」と源氏名は読んでくれますが、
彼女の本名「凛」は読んでくれません。
出来れば デフォ名は読んで欲しかった(。>Д<)


おまけシナリオが楽しい!
ベストエンド後だったり、凛と想いが通じる前だったりと
時系列は様々ですが、本編で語られなかった事や
キャラクターの考えが垣間見れて面白かったです。




※辰吉ルートのネタバレを含むので畳みます※

Category:吉原彼岸花 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

下天の華 夢灯り

2018.01.06 Sat
getennohana_yumeakarai.jpg
「下天の華 夢灯り」VITA版の感想ですー

「下天の華」の大団円エンド後の続編となってます。
(前作の感想記事はこちら
普段 乙女ゲーのFDやら続編はあまりプレイする事が無いので

getennohana_yumeakarai02.jpg
VITA版なので「下天の華」と1本に2作入りです。
分割売りが多い中1本にまとめてくれるのは有難いですし、良心的ですよね。


【システム】
乙女ゲー、
前作の通い+ステータス、フラグ管理あり。
それに加え 神経衰弱のミニゲームも追加されました。
getennohana_yumeakarai03.jpg
花やお香などキャラの好感度上げのアイテムを
このミニゲームからもらう事が出来るのですが、
私はこういう作業よりも シナリオに集中したいタイプなので
前作よりも面倒に感じてしまいました。

一般ゲーに比べて 作業らしい作業はありませんし、
ミニゲームも数秒で終わるレベルなのですが、
どうしてもシナリオのテンポを悪くしてしまってる。

前作の記事でも書きましたが、
ゲーム性を求めてる乙女ゲーマーさんには向いてるかと思います。

バッドエンドも無く、
ベスト・ノーマルも分けてないので
セーブデータ管理は 以前より楽になりました。

今作はFDでは無く続編という立ち位置ですが、
床ドン、キススチルなど糖度は前作より増してます。

今回の「誰ともくっつかなかったエンド後」の続編も良いですが、
前作のそれぞれのルート後の後日談も見てみたかった。

個人的には甘さは今作、シナリオは前作の方が好みだったかも。
今作から追加した黒田官兵衛は良かったです♪



※ネタバレを含むので畳みます※

Category:下天の華 夢灯り | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

あけましておめでとうございます

2018.01.01 Mon
あけましておめでとうございます!

2017、当ブログへ足を運んで頂きありがとうございました!
2018年もお暇な時に遊びに来て頂けると幸いでございます。

毎年挨拶が被らないようにと 少し工夫してたのですが、
もうすっぱり諦めて去年と被っても気にし無い事にしました(´・ω・`)

2017年は時間の余裕が無かったので、
今年はもっとゆっくりと 色んな作品を楽しみたいなーと思ってます。

去年の年末はFF15のDLCを一気にプレイしてましたw
近々感想記事を上げたいと思ってます(*´ω`*)

それでは今年もよろしくお願い致します!
torokurofigures2017.jpg
(トロとクロのフィギュア♪)

Category:新年のごあいさつ | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

2017年のゲームソフトを振り返って・・・

2017.12.23 Sat
皆さまこんにちは。
今年発売されたゲームを振り返る記事です。

NITW2.jpg
「Night in the Woods」をプレイ中です。
後々触れますが、こちらの作品の知ったのが最近で
年が明ける前に出会えてよかったです♪



発売日順でご紹介しますー
※2017年のゲームのみです※


~1月~
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期(VITA)」
賛否両論の今作品。

「嘘」がテーマという事で最終章に対して色んな解釈をする事が出来ます。
私はあれが嘘でも本当でもプレイヤーを煽る演出の一環だったとしても、
この作品のアプローチが好きになれなかったです。

ダンガンロンパ1&2は好きだったのに、V3で気持ちが醒めてしまいました。

今まではこのシリーズの新作であれば無条件で購入してましたが、
次回作があるとしても様子見、好きな声優さんがご出演されない限りは
即決は無いと思います。


GRAVITY DAZE 2(PS4)」
重力アクションゲー。

私にとっては散歩ゲーです♪

カメラワークが悪く、難易度も高いので、
ゲームは爽快感に欠けますが
アートブックを購入してしまうほど、世界観や雰囲気が大好きな作品です♪
gravitydazeartbook.jpg
ゲーム自体は色々難はありますが、
色んな人に手に取って欲しいシリーズの一つです。


うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE(VITA)」
乙女ゲー界隈では知らない人は居ないであろう「うたプリ」
ステラワースのお楽しみ袋に入ってたのが切っ掛けですが、
やっとプレイする事が出来ました!

音ゲー部分が難しかったです・・・。

今後のシリーズに手を出すかはまだ分からないのですが、
龍也先生を攻略したいので いつか!


~2月~
ニーア・オートマタ NieR:Automata(PS4)」
DOD3の出来があんな感じだったのでオートマタも不安だったのですが、
杞憂に終わりました。

「ニーア・レプリカント」とは違い、
オートマタは派手で万人に受け入れやすい作品となってます。

個人的には「レプリカント」の続編というよりは
外伝の立ち位置の方がしっくりくる気がしました。

オートマタから入って、レプリカント未プレイの方には是非とも
レプリカントを手に取って欲しいです。

DOD無印もリマスターを出して欲しいなって思います。
(ラスボスの音ゲーはクリア出来ないかもしれませんが)


Night In The Woods (PS4)」
NITW.jpg
こちらはインディーゲーで2017年の時点ではまだ日本語版は
PSストアでは販売されておりません。

この作品は偶然海外の考察動画を発見し、ゲームデザインに惚れて即購入しました。
Youtubeで見かけなかったら存在すら知る事は無かったかと思います。

こちらの記事を書いてる時点ではまだクリア出来てませんが、
可愛いデザインとは裏腹に 直視したくない現実を突きつけられる
生々しさがあり、今後の物語の展開が気になります。



~3月~
A KING'S TALE: FINAL FANTASY XV(PS4)」
店舗特典だったみたいですが、
海外のPSストアで無料配信されたのでDLしてプレイしましたー

FF15の関連作品ですが、
本編に強く絡んできてる訳では無いので、こちらはプレイ必須ではありません。

意外と難易度が高くトロフィーコンプは私の腕では難しかったです。
FF15のシーズンパスも持ってるので、追加DLCもまとめてプレイしたいと思ってます。

FF15はもうイジメられっ子状態で叩かれる度に悲しい気持ちになります。
私の同僚達(男女)もFF15は「あそこまで叩かれる様な作品では無い」と
同意してくれてたのが嬉しかった。


ファタモルガーナの館 -COLLECTED EDITION- (VITA)」
PC版はプレイ済みですが、VITA版をずっとずっと待っておりました!
収録されてるアナザーエピソードの感想記事はこちら
アナザーエピソードをプレイする前はファタモルガーナといえば
ミシェルとジゼルのお話し、というイメージが強かったのですが、
すっかり私の中ではヤコポとモルガーナの物語という認識が強いです。

「現代編」は蛇足感が強いですが、
「Requiem of Innocence」やSSで本編で感じてた疑問を解消しました。


DYNAMIC CHORD feat.KYOHSO(VITA)」
うたプリと同じく ステラワースのお楽しみ袋に入ってました。
芸能界の闇の部分に触れてて、スキャンダラスでスリリングな作品で、
目が離せませんでしたw

風の噂でアニメが残念な出来だそうですが、
ゲームは楽しく遊べたので 作品への影響が無いかちょっと心配です。


~4月~
パラッパラッパー(PS4)」
最近PS4で昔出た作品のリマスターが発売されてて
こちらの作品と、「LocoRoco(時間無くて未プレイ)」を購入しました。
パラッパは流石PS1の作品。短い!!そして何気に難易度が高い!

作品の雰囲気はポップでキュート!
DL版を購入してしまったのですが、
パッケージ版を購入すれば良かったと後悔。

プレイはしなくてもコレクションとして購入するのもアリかもです。


樟屋敷の物語 ~秘密のお帳面~(PC)」
大人向けの乙女ゲーです。
好みの問題かもしれませんが、私には合わない作品でした。
表現が下品と感じてしまったのと、
シナリオ重視の作品では無かったので
残念ながら最後まで楽しむ事が難しかったです。


~6月~
死印(VITA)」
ADVホラーをプレイしたくて、評価の高いこちらの作品をプレイしてみました。
ノベル系なのかと思ってたのですが、まさかのDRPG要素が。
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」をひぃひぃ言いながら
なんとかクリア出来た程度のレベルの私には
ホラー+DRPGは精神的に色々キツかったです(´;ω;`)

初見殺しもあり、DRPGが怖さを引き立たせてくれます。
PS4のパワーアップ版が発売されるみたいで、
こんな短時間で完全版が出るほどに反響が大きかった作品だったんだなーと
色々 関心してしまいました。


白と黒のアリス(VITA)」
不思議の国のアリスと吸血を題材にした乙女ゲー。
Wヒロイン物で内容にバラつきはありますが、
アリスの雰囲気や世界観はメルヘンチックで楽しい。

個人的にはルナ編の方が好みでした。
というか、ルナの扱いが可哀想過ぎる・・・。

レインの黒バッドエンドからルナ編へと移行すると
オーバーラップしてて面白いです。


LocoRoco (PS4)」
実はまだプレイ出来てないです。
元々の作品はプレイした事無いのですが、
キャラクターや雰囲気が可愛くて おもわず購入してしまいましたw

近々プレイ出来ると良いなー。

TOKYOヤマノテBOYS for V (VITA)」
HONEY MILK DISC
SUPER MINT DISC
「DARK CHERRY DISC」
ドラマCDやシチュエーションCDが十八番のRejetさんらしい作品だと思いました。
こんなキャラクターがぶっ飛んだ作品も今時珍しくて、
色々戸惑いながらプレイしました。
ゲームの動作が少し遅いのが気になりました。


~7月~
ドラゴンクエストXI (PS4)」
トロコン、クリア後の記事はこちら
私にとって久々のドラクエらしいドラクエを遊ぶ事が出来て満足です♪
今までのシリーズの中で一番難易度が低く、遊びやすい作品となってて、
老若男女誰でも安心してクリア出来ます。

今までのドラクエシリーズのセルフオマージュが色々散りばめられてるので
それを一つ一つ発見していくのも楽しいかと思います♪

クリア後の展開は色々思う所もありますが、
真エンドのあの映像は涙が出そうになりました!
スタッフロールの演出が素晴らしい!

ただ、シリーズ未プレイでドラクエ11が初めての方には
伝わりにくいのがもどかしい!

難しいかもしれないけど、
ドラクエ1~8までプレイしてから 
ドラクエ11をプレイした方がより作品を楽しめますので是非!

あ、でもでもシリーズ未プレイの方でも手に取って
11を切っ掛けに過去のドラクエシリーズをプレイして頂きたいです!!


鬼と花妻~花盗人(PC)」
大人向けの乙女ゲー。
設定内容と違い、シナリオ進行がとても緩やかなので
緊張感が少なく、中だるみを感じてしまいました。


~8月~
ドラゴンクエストI・II・III(PS4)」
ドラクエ1
ドラクエ2
ドラクエ3
スマホ版の移植だそうですが、
懐かしく楽しくプレイしました!

ドラクエ3はあまりグラフィックに違和感は無くSFCに近い映像で遊べますよ!
数年前まではドラクエの過去作がPS系列で遊べる事は諦めてたのですが、
スクエニさんの会社の形態が変わって本当に良かった!

ドラクエ8やドラクエ5も移植・リメイクして欲しいなー


~9月~
祝姫 -祀-(VITA)」
竜騎士07さんの作品。
今までの竜騎士さんの作品から大きく雰囲気が変わってます。

冒頭が合わず一度プレイを断念したのですが、
やっぱり気になって最初からプレイ。

後半蛇足と感じた部分もありますが、
テンポ良く進み、色々考えたりと面白く読む事が出来ました。

ただ、エログロが苦手な人は本当に注意して欲しいです。
ひぐらし、うみねこよりも大人な表現やグロテスクなシーンがあります。


Undertale(VITA/PS4)」
MOTHERシリーズに影響されて作られたというインディーゲー。

非情に良く作られてます。
製作者さんはJRPGが好きらしく、
色んな作品のリスペクトや愛を感じました。

私はMOTHERシリーズは未プレイなのですが、
ラブデリックの「MOON」を彷彿とさせる作品でした。

音楽やドット絵の雰囲気も良いですし、
メタ表現もあり、海外のプレイヤーさんの間では
様々な考察や議論が繰り広げられてて
Undertaleを遊んでからしばらく 考察動画巡りをしてました。

プレイヤーさんによって 色んな考えがある事も面白かったですし、
この作品のファンベースが広い事に驚きました。

インディーゲー界隈に詳しくないので、
VITAやPS4に移植されなければ 
こちらの作品の存在すら知らなかったです。

この作品に出会えた事が嬉しいのと同時に、
こんなにファンが沢山居て愛されてる作品の存在を知らなかった事が
恥ずかしく感じてしまいました。

会社は違いますが、
「Paper Please」もVITAかPS4で遊びたい、
もっとインディーゲーがCS機で遊べる様になって欲しいなって思います。
undertale_collectors_edition02.jpg
応援目的でパッケージ版も購入しちゃいました♪

Final Fantasy IX (PS4)」
念願のPS4リマスター!!
今までスマホ、スチーム版は発売されてましたが、PS4にやっと登場です!
ビビが可愛い!そして私にとって初めてのFF作品なので 思い入れが強いです。

FF7のリマスターと同じく
遊びやすく調整されてて シナリオだけを追いたい人には親切な作りになってます。
FF7と違い トロフィーが難しくなってます・・・(涙)

後日 記事を上げたいです。


~10月~
吉原彼岸花 久遠の契り(VITA)」
年内の記事には間に合いませんでしたが、
こちらもPC版をプレイ済みで好きな作品なので、VITA版も予約して購入!
地の文が読んでて楽しい作品です。

大人の表現が多いので苦手な人は注意です。


越えざるは紅い花~愛しき日々は胸に集いて~(PC)」
大人向けの乙女ゲー。
大好きな作品の一つ。

ライターの松竹 梅さんの体調の関係で延期が何度もされてたので、
梅さんのお体が心配です・・。

本当に地の文が丁寧で、読んでてとってもとっても楽しい作品!
記事にも書いてますが、
VITA版でしか見られないシナリオもあるので、
リパッケージ、VITA、どちらかを購入して ハマったら
どっちも手に取って欲しいです。

私が遊んでて 文章が上手いと感じた作品は
越えざるは紅い花」、「蝶の毒 華の鎖」、「吉原彼岸花」です。
全部大人向けの作品ですが、
未プレイの方にはぜひとも手にして欲しい作品。

特に「紅花」と「蝶毒」はピカイチ。

吉原彼岸花も丁寧ですが、
体位の名称・解説が入るのがちょとクドく感じてしまうので、
好みは分かれるかもです。

大人向けシーンが苦手な方は
どちらもVITA版が出てるので是非w

オトメイト作品の中ではもちろん
Clock Zeroの地の文が読んでて楽しくて好きです。

VA-11 Hall-A ヴァルハラ(VITA)」
実はTwitterのTLでこちらの作品をプレイされた方で
にぎわってたのと、携帯機で遊ぶソフトが丁度切れてたので
DL購入しました♪

感想記事は間に合いませんでした・・・。


~12月~
蝶々事件ラブソディック(VITA)」
この記事が上がってる頃にも多分プレイが間に合ってないと思います。
作品の雰囲気が良さげだったので予約しました。
今から楽しみです♪

大正×対称アリス HEADS & TAILS (VITA)」
前作を楽しくプレイ出来たのでFDも予約しました!
PC版が今年4月に発売されて 12月にVITA版が発売されるとか
間隔が凄い短いですが、VITA版待ちだった身としては 嬉しい限りです。


龍が如く 極2 (PS4)」
龍が如く6で絶望し、
龍が如く 極で持ち直しました。

6なんて無かった・・・。
私の中では今でも桐生と遥は仲良く親子として一緒に暮らしてます。


大神 絶景版 (PS4)」
PS2版、PS3版をプレイ済み。
正直もう 良いかな、とは思ったのですが、
限定版がもの凄く豪華!

動物達がとても可愛い作品です♪


PrincessBritania~ミューズの宝剣~(PC)」
参千世界遊戯」を制作された会社と同じだったので、予約しました。

絵も綺麗ですし、ヒロインも凛々しく可愛いので楽しみです♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ルフランと地下迷宮と魔女ノ旅団」や「ドラクエ11」みたいな
プレイ時間の長い作品も多数あり、年内にプレイするには
間に合わない作品が多くなってしまいました。

他にもシーズンパスや追加DLCを購入しても
スケジュールの関係でプレイ出来なかったりと
来年はリアルでもうちょっと時間の余裕が欲しいなー(´ω`)

それでは皆さま 良いお年をー!

Category:2017年のゲームソフト | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

越えざるは紅い花 リパッケージ版

2017.12.16 Sat
benibana_repackage01.jpg
「越えざるは紅い花~愛しき日々は胸に集いて~」(PC)の感想です!
こちらはPSP・VITAなどのCS化をする際に追加したシナリオを含めた
リパッケージ版です♪

大人向けの作品ですので、苦手な方はご注意下さい!

初期のPC版の感想はこちら
PSP版の感想はこちら
VITA版の感想はこちら

benibanacollection01_PCrepackage.jpg
今まで購入して来た紅花。
元々のPC版→PSP版→VITA版→リパッケージ版

紅花のシナリオ感想はPSP版の記事で書きたい事は書いてしまったので、
リパッケージ版の追加要素、特典など感想を中心とした記事になるかと思います。


【過去作とCS版との比較】
今回のリパッケージ版はPSP、VITA版で追加されたシナリオを加えた
完全版の様な作品です。

ですが、リパッケージ版には
PSP版からの追加キャラ、ジギルートは存在して無かったり、
VITA版での「スペシャルシナリオ」、おまけのSSが収録されて無かったりします。

リパッケージ版でしか見られない後日談、
VITA版でしか見られないシナリオもあるので
「どれか一本を持ってれば紅花の全てを網羅出来る」という事が出来ないので、

今回のPC版、もしくはVITA版のどちらかを購入して、
紅花にハマって、もっとこの世界に浸りたいと思えた方は
もう一方の方を購入されてみてはいかがでしょうか?

私は個人的にVITA版のスレンの追加シナリオは
トーヤのとある秘密に触れているので、とても印象的でお気に入りで、
トーヤ、スレンが好きな方には読んで頂きたい内容となってます。



※ネタバレを含むので畳みます※

Category:越えざるは紅い花*R18 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |