RSS|archives|admin

絶対迷宮 秘密のおやゆび姫

2020.04.11 Sat
zettaimeiQ_oyayubihime_Vita.jpg
「絶対迷宮 秘密のおやゆび姫」(VITA)の感想です。

花梨さんの乙女ゲーは本当に久しぶりですね。
「断罪のマリア」以来です。

こちらの作品はちらほらタイトルは見かけた事はあるのですが、
あまり目立たなかったので、気になって購入してみました。



【システム】
ノベル系の乙女ゲー。
共通ルートが長いです。
一周目が大体6時間ほど。
その内 個別ルートが1時間~2時間ほどだったかな?

章仕立てになってて一章が短いです。
ただ、派生シナリオが多いので、
ボリュームが割とあります。

ギャグ要因のキャラが複数居るので、
シリアス要素がかなり薄れてます。

私はおとぎ話を題材にするなら
SWEET CLOWN ~午前三時のオカシな道化師~」の様な
もうちょっとシリアスでダークな世界観が好きなのですが、
重苦しくなりすぎる作品が苦手な方には良さそうですね。

一応乙女ゲーですが、攻略対象に二人ほど女性キャラが居ます。
よくある「女友達エンド」なのかと思ったんですが、
がっつりキスしてるスチルがあるので、百合が苦手な方はご注意下さい。

攻略制限あり。
ヒロインの声あり。
デフォ呼びは無し。

未読の強制スキップが無いので、中だるみ中はちょっと辛かった。
「次の選択肢スキップ」のオプションは容易されてるので、
これはありがたかったです!




※ネタばれを含むので畳みます※


Category:絶対迷宮 秘密のおやゆび姫 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |