RSS|archives|admin

TOKYO CHRONOS

2020.02.12 Wed
TOKYO_CHRONOS.jpg
「TOKYO CHRONOS」(PS VR)の感想です。

VRでアドベンチャーという事で興味が湧いたので予約しました。
予約はしたんですが、なかなかプレイする時間が作れず、
発売から結構経ってからのプレイです。


【システム】
VRでアドベンチャー。
地の文は少なめとなってますが、ノベル系です。

TOKYO_CHRONOS_2.jpg
アニメ系の作品に多い分かりやすい見た目と性格のキャラが多いです。
スクショでは分かりにくいですが、VRは臨場感があります。
ノベルゲー業界がもし冒険をする勇気があるのなら
VRでは色んな可能性を秘めてると思います。

OPやED映像は一回は体験して欲しいなー。
特にバッドエンドのエンドロールとか
ただの文字の羅列なのに感動してしまった。

VRはやっぱり乙女ゲーにはハードル高いかなぁ・・・・?
普通にやってみたい・・・。

DéracinéではPS MOVEが必須でしたが、
こちらの作品は普通のコントローラーのみで遊べます。

選択しは数えるほどしか無く
難しい分岐とかは無いので 誰でもトロコン出来ます。

クリア時間はトロコン時では8時間ほど。

一応二週目とか既読文章をスキップする事が出来るんですが、
新規の文章があるとスキップ出来なくなります。
既読と新規の文章が間違い探しレベルなのと
キャラクターもセリフごとにモーションがあるので、
連打スキップ時ダルさを感じてしまいます。


【シナリオ】
幼馴染の中から犯人捜しをするミステリー物。
主人公たちはとある特殊空間に入れられてるので
未知な力とか色々出てくるので、
ファンタジー要素を含んだミステリーが苦手な方はご注意。

私は結末よりも真相を知っていく過程が楽しめた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
VRを既に持ってるで気になってるなら
手に取って見ても良いかもしれないです。

ノベルゲーの可能性を感じさせられた作品。



※ネタばれを含むので畳みます※

Category:TOKYO CHRONOS | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |