RSS|archives|admin

AI: ソムニウム ファイル

2020.02.22 Sat
aisomnumfiles01.jpg
「AI: ソムニウム ファイル」(PS4)

実はこちらの作品は内容はよく知らない内に予約してました。
Z指定のアドベンチャーという部分に惹かれての購入です。

後から知ったのですが、
極限脱出ADV 善人シボウデス」や「EVER17」を
手掛けたライターさんが担当されてるそうです。

個人的には善人シボウデスは合わなかったんですが、
EVER17はゲーム(ノベルゲー)ならではのギミックがあって面白かったですね。
今でこそメタ演出は珍しくはありませんが、当時は斬新だったんじゃないでしょうか。


【システム】
アドベンチャーゲーム。
作品によっては「全部調べたのにシナリオ進まねぇ!」状態になるのですが、
こちらの作品はサクサク進みます。

クリアとトロコン時間は大体20時間~30時間でした。
日曜日(休日)~平日の仕事帰りに遊んで3日でクリア出来たので
本当にサックリクリア出来るのは良かったです。

aisomnumfiles02.jpg
フローチャートあり。
キャラごとのエンディングあり。
そして、攻略制限あり。

「ソムニウムパート」で分岐するんですが、
分岐がどこから始まるのか最初分かりづらかったです。

「ソムニウムパート」は時間制限があり、
行動時間を考えながら選んでいくシステムで。
なるべく時間を切り詰めて行動しなきゃいけないので、
めちゃくちゃハラハラします。

サイケデリックな見た目のステージや暗いステージが多いので、
迷子になって時間を食ってしまう事が多かったです。

リトライも出来るので、失敗をあまり恐れずに遊べるのが良かったです。

狙撃パート(QTE)は手ブレと時間制限ありで若干ストレス溜まりました。



【シナリオ】
「かまいたちの夜」みたいに色んなタイプのシナリオが用意されてるのでは無く、
1本のシナリオを軸にエンディングが分かれてます。

「かまいたちの夜」といえば、発売元が同じスパイク・チュンソフトなので、
ちょっとした小ネタが仕込まれてるのが良かったですw
aisomnumfiles03.jpg
かまいたち以外にもダンガンロンパもちょこっと触れてるのが良かったですねw

ギャグは人の好みが分かれるかもしれません。
シリアスな場面で「エロ本エロ本」連呼されると正直白けてしまいます。

どんなミステリーや探偵物でもそうかと思いますが、
シナリオは「ネタバラシ」前までが滅茶苦茶面白かったです。
主人公含め周囲の人間全てが怪しく見えて
先の展開が気になってネットで
ネタバレを探さない様に気持ちを抑えるのが大変でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
粗はありますが、サクッと遊べて
緊張感のあるシナリオにぐいぐい引き込まれました。

アドベンチャーが好きな方は楽しめる作品だと思います。


※以下ネタバレを含むので畳みます。※


















第一のサイクロプス事件の犯人や主人公・伊達 鍵が関係ある事が
物語冒頭で仄めかしてるのはちょっと残念でした。

真相は「伊達 鍵」の体が サイクロプス事件の犯人の一人
「世島犀人」で体と人格が複数の人間を通して入れ替わってたからという物。
第二のサイクロプス事件の犯人は「世島犀人」が色んな人の体を転々としてたから、
足取りが掴めなかった、というオチ。

うーん・・・・。
上記にも書きましたが、ネタバラシ前が一番面白かったです。
全ての人物が怪しく見えて、キャラクターの言動が信じられなくて、
二人っきりになる場面とか変な緊張感があってとてもスリリングでした。

ミステリーやサスペンスとしては
色んな体を転々としてる犯人よりも
身内の誰かが裏切った展開の方が良かったなー。

完全に個人的な好みです。
結末以外は面白かったので、作品はゲームの値段分は十分に楽しめました。

左岸 イリス
シナリオライターさんの好みでしょうか?
EVER17の「八神ココ」みたいな電波系のヒロインです。
正直苦手です・・・。
見た目は凄く可愛いのに、彼女の喋り方とかが色々阻害してしまってる。

みずきエンドが滅茶苦茶好きで、
真エンドで伊達さんが正式な養父になったのに
皆に挨拶して回る役がイリスですか・・・・?


時系列的には瞳とイリスが先なんだと思いますが、
どうも私は伊達さんと瞳さんの恋愛に萌えない・・・。

不器用ながらも親子としてお互いに歩み寄ってる
伊達とみずぎの姿がもっと見たかった。

真の姿の伊達さん
かっこいい!!
「世島犀人」の姿よりもこっちの方が好み(*´ω`人)

上記でみずきの事も書きましたが、
アイボゥとも凄い良いコンビでどうせなら最後は
イリスよりもアイボゥとみずぎが一緒に居る時間をもっと見たかったです。


真津下 まゆみ
彼女のソムニウムパートをプレイするのが辛かったです。
夫に先立たれて辛くて泣いてるシーンとか見てられなかった。
まゆみさんには申し訳ないけど応太が全く好きになれない・・・。

本当にただの好みの話しですが、
真津下一家は藤子不二雄さんにインスパイアされた様なデザインで
お父さんが特に苦手な見た目でした。



ピュータと沖浦 連珠
沖浦さんはバイセクシャルって事で良いんですかね?
「恋人からもらった時計」と浮かれて見せびらかしてた。
時計の送り主はピュータ。

ハッキリとは明言はされてませんが、多分そういう事なんでしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結構辛口な事を書いてますが、
真の姿の伊達さん、みずき、アイボゥ、
そしてマツコデラックス的なバーのママ好きです。

ミステリーとかサスペンスは真相があっけなかった、って場合が多いので
多分今作も深読みし過ぎたせいでそう感じてしまったのかも。

真相までの道のりが楽しかったので、遊んで良かったです。
Category:AI: ソムニウム ファイル | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |