RSS|archives|admin

CODE VEIN

2020.01.11 Sat
CODE_VEIN_PS4.jpg
「CODE VEIN (コードヴェイン)」(PS4)の感想です。

こちらの作品は本当はもっと早い時期に発売する予定だったのが、
延期をされた事が印象に残ってます。

GEチームが手掛ける ソウルシリーズライクな作品。
(デモンズソウル、ダークソウル、Bloodborne、SEKIROなど)
死にゲー、マゾゲーの部類になります。

GEみたいなアニメ調の作品なのと、
フロムソフトウェアさんの死にゲーより難しくないと推測して
購入&チャレンジしました!

ゴッドイーター3はGEチームの開発では無く外注だと聞いてましたが、
多分、コードヴェインに力を入れる為かな?
新しいIPに手を出した事は称賛に価すると思います。



【システム】
アクションゲー。
上記にも書きましたが、
ソウルシリーズみたいな死にゲーです。

私はソウルシリーズは触った事は無いのですが、
プレイヤーキャラの動きや敵を倒した後の演出とか
そっくりで、かなりインスパイアされた作品となってます。

キャラが死亡したらヘイズ(経験値や貨幣扱い)を
全部その場に失って、生きて取り返す事も出来、
たどり着く前に死んでしまったら完全に失ってしまう。
ソウルシリーズのシステムそのままです。

プレイ開始時にはヘイズを失う事の恐怖が強くて
常にビクビクドキドキしてたんですが、
プレイ途中からあまり失う事が気にならなくなって、
楽しくプレイする事が出来ました。

敵に囲まれてボコボコにされた後に
よりスマートにダメージを受けずに進める事が出来たり、
最初手こずったステージの敵を簡単に倒せるようになった時の達成感は
中毒性があります。

ボスの手前にヤドリギ(セーブポイント)が配置されたりと、
親切設計も手伝って、アクション苦手な私でもクリア出来ました!

とは言っても、ボス戦で何度も死んだりして心が折れそうになった事もあります。
特に「焔砲の従者 & 氷刃の従者」は強敵だった・・・。

CODE_VEIN_PS4_2.jpg
キャラメイクが楽しい!
FREEDOM WARS以来のキャラクリの細かさ。
髪型ももうちょっと種類が欲しい。
服装の種類も欲しいかなー。

瞳の種類が豊富で、色も細かく設定出来るので、
割と好みのキャラに作れます。

今後のGEも これ位細かいキャラクリが出来るようになって欲しい。


マルチエンドで、私の初回クリア時は43時間。
ちなみに初めてたどり着いたエンディングは「闇の住人」でした。
CodeVein_trophy.jpg
私のトロフィーの進行状況。
トロフィー「轟く名声」がオンラインじゃないと難しいみたいなので、
トロコンは断念。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレイ初期時はクリア出来るか不安でしたが、
途中から夢中になってしまって最後まで楽しんでプレイしました。

続編があるの分かりませんが、出たらまた購入したいです。(*´ω`*)




※ネタばれを含むので畳みます※









CODE_VEIN_PS4_3.jpg
拠点で寛ぐ姿をスクショ出来るのもコードヴェインの魅力の一つ。


コードヴェイン、実はゴッドイーターの世界と繋がってました。
吸血鬼たちは対アラガミの神機使いプロトタイプでした。
赤い霧に覆われて、外の世界から隔離されてるから「アラガミ」という名称も浸透してはおらず、
作中ではずっと「バケモノ」と呼ばれてます。

赤い霧に閉じ込められて 吸血鬼が血の渇きや
ロストに変わってしまったり、ロストに襲われてしまう恐怖と戦いながら
世紀末で無法地帯の世界に生きてて、外の世界に出れる事を夢に見てます。

それが、実は外の世界はアラガミがウジャウジャ居る地獄だと判明する絶望感。

まさかGEの世界と共有してたとは知らなかったので、
アラガミのディアウス・ピターが出てきたシーンは熱かった!



「闇の住人」エンドだったので、赤い霧の外へ出て終わったんですが、
吸血鬼さん達はアラガミに対応してるのかな?
それとも 彼らが神機使いの手術を受けたりするのかな?

操作キャラはアバター扱いなので、
男女別のイベントが用意されてる分けじゃないのですが、
ルイを攻略したかった・・・・!

GE3はユウゴと女主人公の乙女ゲー的な楽しみが出来て
私は楽しかったので、ちょっと期待してしまったw


今後 GE とコードヴェインのクロスオーバー的な展開とかあるのかな?
それも含めて 注目したいと思ってます。
Category:CODE VEIN | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |